kawauso(ライター/編集者)

  1. Edo-Castle(江戸城)

    江戸時代

    江戸にはどうして人口が集中したのか?

    随分前から地方から東京への人口一極集中が問題になっています。東京の人口は1200万人で、日本の総人口1億2000万人の10%が東京に…

  2. 渋沢栄一

    大河ドラマ

    NHK大河ドラマ「青天を衝け 」ロケ地を紹介

    2021年のNHk大河ドラマは、幕末から明治、大正、昭和までの激動の時代を駆け抜けた財界人、渋沢栄一(しぶさわえいいち)を主人公にし…

  3. 今週もお疲れ様でした 弥助

    おつかれさま

    今週もお疲れさま!今週は黒きサムライ弥助さんの労い

    今週も1週間お疲れ様でした。 今回のイラストは黒きサムライ弥助さんです。江戸時代に入り、外国との貿易が制限されると弥助のようなアフリ…

  4. 今週もお疲れ様でした 島津義弘

    おつかれさま

    今週もお疲れさま!猫の天敵、織田信長の逸話

    ほのぼの日本史ファミリーの皆さん、今週もお疲れ様でした。さて、2月22日はにゃんにゃんにゃんで猫の日だそうなので今回は猫にまつわる話…

  5. 爆死する松永久秀

    戦国時代

    松永久秀を苦戦させた大和国とは?大名不在の国を解説

    戦国時代屈指の大悪人、あるいは茶釜ボンバーマンとして名が轟く松永久秀(まつながひさひで)。最近では、実は…

  6. 明智光秀を泣かす赤井直正

    戦国時代

    明智光秀が苦戦した丹波はどんな国?

    NHK大河ドラマ『麒麟(きりん)がくる』、いよいよ本能寺まで秒読みという感じですが、この終盤に明智光秀(あけちみつひで)は丹波を攻略…

  7. にぎわう市(楽市・楽座)

    戦国時代

    楽市・楽座はその後どうなったの?

    楽市(らくいち)・楽座(らくざ)と言えば、長らく織田信長(おだのぶなが)が始めた自由な商売を保障する政策と説明されてきました。…

  8. 今週もお疲れ様でした 伊達政宗

    おつかれさま

    今週もお疲れさま!身体を温めて休んでくださいね

    日本各地で寒波が吹き荒れているそうですが、ほのぼの日本史をご覧の皆さんは体調を崩していませんか?今回はエ…

  9. 注目のコメント特集バナーver2

    読者と作る!ほのぼの日本史

    第2回:雑談会イベント「どうして織田信長と松永久秀はクリスマスに休戦したの?」【後編】

    ほのぼの日本史をご覧の皆さん、こんにちは。こちらの記事は、2020年12月15日にYoutubeで放送されたライブチ…

  10. singen-takeda(武田信玄)

    戦国時代

    戦国大名は農繁期に合戦をしないは嘘だった

    歴史は、日々新しい発見で進歩していきます。過去の事は、記録が残りにくいので推測する部分が多いのですが、その後、新しい史料が出てくる事…

PAGE TOP