雑学(戦国時代)

学校では教えてくれない戦国時代の珍雑学をお届けします。

  1. 武田信玄の侵略を何度も阻止する天才戦術家・村上義清

    村上義清とはどんな人?謙信や信玄に多大な影響を与えた天才戦術家

    村上義清(むらかみよしきよ)は戦国時代の中期から後期にかけて活躍した北信濃の小豪族です。武田信玄を二度に渡って破り手傷を負わせたこと…

  2. 馬にのり凱旋する将軍モブ(兵士)

    なんで武士は征夷大将軍になりたがる?沢山ある将軍号から選ばれた理由は?

    日本史では鎌倉時代以降、武家政権のトップとして征夷大将軍(せいいたいしょうぐん)の官職が出現します。室町…

  3. 鎌倉時代の侍(武士)

    サムライが異様に誇り高い理由は?自力救済スペシャリストの真実

    一般にサムライのイメージといえば、礼儀正しく謙虚(けんきょ)で誠実(せいじつ)という肯定的なもので、「あなたはサムライのようだ」と言…

  4. 名古屋城

    大名はどうやって歴史に登場したの?平安時代から戦国まで徹底解説

    大名と言えば、戦国大名、守護大名、大名行列など、勢力がありブイブイ言わせていた強力な武士の称号的イメージがあります。でも、そもそも大…

  5. 延暦寺坊主を殴る明智光秀

    延暦寺、戦国大名も恐れた武闘派ボーズ組織を徹底解説

    麒麟がくるにおいて、春風亭小朝(しゅんぷうていこあさ)が扮しその怪演から人気爆発の覚恕法親王(かくじょほうしんのう)。天台座主として…

  6. 名古屋城

    一国一城令で本当に困ったのは大名ではなかった?忖度で決まった城の存続

    一国一城令(いっこくいちじょうれい)は、大坂夏の陣で豊臣氏を滅ぼし天下人となった大御所(おおごしょ)徳川家康が将軍秀忠(ひでただ)の…

  7. singen-takeda(武田信玄)

    武田信玄と北条氏政、勢力拡大の共通点【ライバルの不幸は蜜の味】

    人の不幸は蜜の味と言いますが、戦国時代においては、ライバルの不幸は精神的な快楽だけでなく、実質的に領地が増える事を意味していました。…

  8. ガレオン船(世界史)

    戦国時代、フランス、ドイツ、イタリアが日本に来なかった理由は?

    戦国時代の日本はヨーロッパの大航海時代に該当し、スペイン、ポルトガル、オランダ、イギリスのような外国の船が南蛮船として大勢やってきた…

  9. 名古屋城

    戦国大名は儲かるの?決算書を拝見!

    戦国時代といえば、その主役は地方に群雄割拠(ぐんゆうかっきょ)した戦国大名です。でも、ぶっちゃけ戦国大名って儲かったのでしょうか?…

  10. hideyosi-toyotomi(宴をする豊臣秀吉)

    バテレン追放令より長かった河豚禁止令とは? 秀吉が禁止したふぐ食の歴史

    河豚(ふぐ)は縄文時代から日本人に食され、現在では大変な高級魚として知られています。…

PAGE TOP