低俗な内容だけではなかった?江戸時代の瓦版の意外な使い道


監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

姉妹メディア「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

yuki tabata(田畑 雄貴)おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、姉妹メディア「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


炎上する城b(モブ)

 

時代劇でお馴染みの瓦版。実際には新聞というよりは週刊誌のようなゴシップネタが多かったようです。そんなゴシップでも一番人気が高かったのが何と火事に関するネタ。

 

頻繁に火事があった江戸で火事は他人事ではなく、江戸の町人は明日は我が身と食い入るように瓦版を読んでいたとか…一方、この火事ネタは商売を広げようとする商人には貴重な情報源でした。大店が焼けたりするとすかさず火事見舞いを出して心証を良くし次の商売に繋げようと必死だったのです。

 

火付盗賊改方の長官だった長谷川平蔵

 

鬼平の名で知られる長谷川平蔵も出世の糸口は火事でした。時の老中、田沼意次の上屋敷が火事になった時、平蔵は仕事を休んで田沼家の人々を安全な場所に避難させ火事見舞いや弁当などを届けさせて親身になって世話をしました。この事が意次の耳に入り、恐ろしいほどに気が利く男と認識され以後は陰に日なたに引き立てを受けるようになりました。

 

こちらもCHECK

Manor(荘園に逃げ込む鉄の職工達)
時代劇に二階建ての長屋がある理由は?【江戸プチ雑学】

続きを見る

 

ほのぼの日本史Youtubeチャンネル

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カワウソ編集長

カワウソ編集長

日本史というと中国史や世界史よりチマチマして敵味方が激しく入れ替わるのでとっつきにくいですが、どうしてそうなったか?ポイントをつかむと驚くほどにスイスイと内容が入ってきます、そんなポイントを皆さんにお伝えしますね。日本史を勉強すると、今の政治まで見えてきますよ。
【好きな歴史人物】
勝海舟、西郷隆盛、織田信長

-江戸時代