ほのぼの日本史より大晦日のご挨拶【2020年】

31/12/2020


監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

姉妹メディア「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

yuki tabata(田畑 雄貴)おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、姉妹メディア「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


ほのぼの日本史(ロゴ)

 

ほのぼの日本史」の読者の皆さま、いつもほの日をご覧いただきありがとうございます。2020年も残すところあと1日となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

 

幻の1940年の東京五輪 いだてん

 

今年はいつもとは違う一年でしたね。本来であれば、今年は東京五輪に熱狂し、年末に、旅行を楽しんでいたのに今年はなかなか思うように楽しむことができない。

 

信長から信頼されなくなり貧乏になる前田利家

 

この先どうなるんだろう…。そんな思いで過ごされている読者の皆さまも多いと思います。

信長とマブタチな破天荒すぎる近衛前久

 

この困難を乗り越え、笑顔あふれる未来を信じてほのぼの日本史一同は皆さまに、笑いあり、涙あり、温かさを感じる歴史の事象をお届けます。新しく迎える年が良い一年となりますように。

 

今年もありがとうございました(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)

 

これからもほのぼの日本史をご愛顧くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

ほのぼの日本史スタッフ一同より

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ほのぼの日本史

複雑な歴史もみるみるわかる。
ほのぼの日本史は歴史を読むサプリです。
1日4分たった1記事読むだけで日本史欠乏症が治ります。

-当サイトからのお知らせ