戦国時代

戦国大名と子供の関係は?家督争いや肉親を殺さなければならなかった理由

軍議

 

戦国時代と言えば、合戦のシーンや謀略のシーンがメインとなりがちです。しかし、戦国大名も家族にとっては夫であり、子供がいれば父という事になります。では、戦国時代の大名と子供の関係はどんなものだったのでしょうか?

 

戦国大名と子供の関係

 

戦国大名と子供達の関係について、一枚の図解イラストで解説してみます。以上のように、戦国大名にとっては、長男と次男・三男までが後継ぎであり、4男以降は、分家して嫡男(ちゃくなん)の家来とするか、養子に出すか、人質にする。娘の場合には政略結婚、他国との同盟、有能な家臣と縁組して家中の結束を強化するなどがありました。

 

三国志のモブ 反乱

 

ただ、長男と言えども、戦国大名と反りが合わない事も珍しくなく、その場合には謀反が発生しますし、仮に大名が後継ぎを明確にしない間に病死したり、討ち死にすると、次男・三男までが長男と家督争いをする事になりました。

 

戦国大名 長男

織田信長

 

戦国大名の長男は、多くの場合嫡男として戦国大名の後継ぎとなるべく養育され、出来得る限りの最大の教育が与えられます。しかし、戦国大名が弱小の場合には、より力が強い大名に従属の証として人質に出されるケースもありました。

 

一番有名なケースでは、最初は織田、次は今川家に人質に出された徳川家康(とくがわいえやす)がいますし、毛利元就(もうりもとなり)の嫡男隆元(たかもと)は、若い頃、大内義隆(おおうちよしたか)の下に送られて人質として生活しています。

 

武田義信

 

しかし、戦国大名と嫡男の関係は必ずしも良好とは限らず、斎藤道三(さいとうどうさん)と嫡男の義龍(よしたつ)のように、父子で武力衝突が起きる事もありましたし、武田信玄(たけだしんげん)の嫡男、武田義信(たけだよしのぶ)のケースのように信玄の戦略が変化した結果、疎んじられ廃嫡(はいちゃく)されてしまう事もあったのです。嫡男だからと言って、人生安泰とは限らなかったのですね。

 

【教科書では読めない裏話満載の戦国時代特集】
はじめての戦国時代

 

戦国大名 次男・三男

悪い顔をしている今川義元

 

戦国大名の次男と三男は嫡男が夭折(ようせつ)したり、能力的に家督を継げないと戦国大名に判断された場合の補完として、嫡男に次ぐ教育を施されました。もっとも無用な家督争いを回避すべく、嫡男に問題がない限りは幼少期に髪を落として寺に入れる事が一般的でした。

 

海道一の弓取りと謳われた今川義元(いまがわよしもと)も、元々は仏門に入っていたのが、兄達の急死により今川家の家督を継ぐ事になったケースです。しかし、嫡男がしっかりしていても、戦国大名が急死したり、討ち死にしたりすると、嫡男と次男、三男との間で家督争いが起こる事もあります。

 

mituhide-aketi-honouji(明智光秀の本能寺の変)

 

有名なケースでは、本能寺の変で織田信長と家督を継いでいた織田信忠(おだのぶただ)が同時になくなったために、織田家の家督を争った神戸信孝(かんべのぶたか)織田信雄(おだのぶお)の兄弟がいます。

 

酒や遊びに溺れる小早川秀秋

 

逆に、毛利元就の次男・三男である吉川元春(きっかわもとはる)小早川隆景(こばやかわたかかげ)は、有力な豪族の養子に入って、毛利本家の相続者になった嫡男の毛利隆元(もうりたかもと)を守り立てるなどプラスに作用しています。

 

関連記事:毛利家を守るために小早川隆景の苦渋の決断とは?

関連記事:【戦国時代と三国時代の類似点】権力者に抵抗して戦い抜いた曹髦と織田信孝

 

戦国大名四男以下

武田勝頼

 

戦国大名の子供でも、四男以下は嫡男の家来として位置づけられ後継者としての教育は施されませんでした。一族の結束が固かった子煩悩な毛利元就でさえ、三男より下は「むしけら以下」と記しており、家督争いがない限り、四男以下は分家するか人質として出されるか、他家の養子になるという選択しかなかったようです。

 

しかし、家督を継げる目が薄いと言う事は、命を狙われる事もないという事ですから、割り切りさえ可能なら、そんなに悪くない立場かも知れません。

 

もっとも、武田勝頼(たけだかつより)のように四男ですが、兄義信(よしのぶ)が失脚し、次男信親(のぶちか)は盲目で家督を継げず、三男信之(のぶゆき)は幼くして死亡した結果、後継者の御鉢(おはち)が回ってくるケースもあるので例外はあるのですが…

 

名古屋城

 

徳川家康の四男には、松平忠吉(まつだいらただよし)がいますが、後継者争いには絡む事なく、幼くして東条松平家を継いで徳川の親藩大名として本家を支えました。

 

関連記事:斎藤義龍は道三の実の息子!道三を討った本当の理由は?

関連記事:超ネガティブな戦国武将・毛利隆元の偉大なる父を持ってしまった苦悩とは!

【次のページに続きます】



固定ページ:

1

2

関連記事

  1. 真田信繁
  2. 上杉謙信
  3. 晩年奇行が多い豊臣秀吉

    戦国時代

    豊臣秀吉の晩年の奇行はウェルニッケ脳症の後遺症だった?

    1世紀以上も続いた戦国時代を終結させた豊臣…

  4. 石垣を登る忍者

    忍者(戦国)

    忍びはどうして夜中に活躍するの?【素朴な疑問】

    戦国時代の主役が武士たちであるとすれば、そ…

  5. 実はヒャッハーな武田信玄

    戦国時代

    甲斐の虎の遅すぎた天下取りの理由は?武田信玄編

    戦国時代の話をするのが好きなヤカラが何人か…

  6. 軍議

    戦国時代

    国衆とは何?天下人も出したローカル実力者集団

    国衆(くにしゅう)とは自らの領地を支配しつ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

“ほのぼの日本史Youtube"

 

“ながら日本史

音声コンテンツ(ながら日本史)

PAGE TOP