「男子厨房に入るべからず」とは?古来、日本男子は厨房に入っていた


監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

姉妹メディア「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

yuki tabata(田畑 雄貴)おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、姉妹メディア「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


book-saiyuki(西遊記-書類)

 

現在、料理が出来る男子は女子にモテモテだそうです。少し前まで「男子厨房に入るべからず」と言って料理が出来ない事が男の自慢のように考えられていましたが価値観は変われば変わるものです。

 

しかし、本来「男子厨房に入るべからず」とは料理なんてつまらない仕事は女にさせておけという意味ではありませんでした。男子厨房に入るべからずは孟子の梁恵王伝にあり慈悲深い君子が殺される家畜を可哀想に思って肉食禁止令を出したら庶民が困るので、君子は厨房には入れるなという意味でした。

 

そればかりか、古来、日本では男子が厨房に立つのは積極的に勧められてもいたのです。悪左府として有名な藤原頼長の台記には早朝に宇治川で網代漁を見物し京都に戻ってから漁で獲った魚をその場で調理するイベントがあり包丁人として、源行方が見事な包丁捌きで鯉を捌いて皆が感嘆した事が書かれています。

 

また刑部卿家長こと、藤原家長は四条流包丁道の伝承者で鳥羽上皇の御前で包丁をふるったというような記録もあります。このように男が料理をするのは卑しいなどというのは、日本の伝統ではなくむしろ逆で料理が出来る男は賞賛され出世の糸口にもなったのです。

 

こちらもCHECK

酒を飲む曹操、劉備、孫権 正月
どうしてお節料理にゴボウが入っているのか?

続きを見る

 

はじめての平安時代

 

ほのぼの日本史Youtubeチャンネル

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カワウソ編集長

カワウソ編集長

日本史というと中国史や世界史よりチマチマして敵味方が激しく入れ替わるのでとっつきにくいですが、どうしてそうなったか?ポイントをつかむと驚くほどにスイスイと内容が入ってきます、そんなポイントを皆さんにお伝えしますね。日本史を勉強すると、今の政治まで見えてきますよ。
【好きな歴史人物】
勝海舟、西郷隆盛、織田信長

-平安時代
-