戦国時代

貫高制と石高制はどう違う?それぞれのメリットとは?

名古屋城

 

戦国時代の年貢を表す指数として代表的なものは貫高制(かんだかせい)石高制(こくだかせい)です。一般に貫高制は土地の面積に税金を課したもの、石高制は土地の生産性に税金を課したものと説明され、戦国時代が進むと有名な太閤検地(たいこうけんち)などで貫高制から石高制へ移行していきました。

 

今回は、そんな貫高制と石高制について分かりやすく解説します。

 

図解 貫高制

 

では、最初に石高制よりも歴史が古い貫高制について図解で解説します。貫高制では、田んぼは一反あたり、300〜500文、畑は一反あたり100文程度の課税です。さらに、これに土地の面積を掛けて年貢を割り出します。

 

図を見ても分る通り、貫高制は土地の面積に掛ける年貢であり、土地の生産力には全く触れていません。つまり、痩せている土地でも肥沃な土地でも一反は一反なので、肥沃な土地を持っている人は年貢が小さくて済む制度でした。

 

また、貫高制は自己申告制であり、土地の持ち主が自分で申告するのが原則です。その為、申告する人が実際よりも土地を少なく見積もるケースも多くあり、平等に年貢を徴収しているとは言い難い制度でした。そして貫高制とは言っていますが、実際に収めるのは農作物であり銭ではない事が多くあります。

 

貫高制のメリット・デメリット

軍議

 

このように貫高制は脱税を生みやすいデメリットがありましたが、これは、当時の戦国大名の力が弱く、全ての国人領主の土地を強制的に検地出来なかった事に由来します。

 

戦国大名も、石高制にしたほうが収入が増えるのは百も承知でしたが、配下の国人領主の反発を恐れて出来なかったのです。ただ、貫高制にはメリットもあり、土地の面積が金銭で算出されるので部下に戦争での動員を掛けるのがやりやすかった事です。

 

例えば、税収一貫(1000文)につき、1人の足軽を動員すると決めたとすれば、税収が百貫の武士は、100人の足軽を動員する義務を背負う事がすぐに分るのです。

 

【戦国風雲児の意外な素顔】
織田信長スペシャル

 

関連記事:戦国大名も手を焼いた足軽とギャンブルの歴史

関連記事:なぜ戦国大名は上洛したがるのか?上洛のメリットも分かりやすく解説

 

図解 石高制

 

では、次に石高制について図解を見てみましょう。石高制と貫高制の大きな違いは、貫高制は土地の面積に課税するのに対し、石高制は土地の生産力に大して課税する点です。図のように、石高制では農地を、上田(じょうでん)中田(ちゅうでん)下田(げでん)下下田(げげでん)の4ランクに分類し、農作物の生産力に即した課税としました。

 

そして、貫高制のような土地の所有者の自己申告ではなく、実際に戦国大名の家来が、領内の土地を検地して生産量を図っていました。この方法だと貫高制と違い、ズルがしにくく戦国大名は増収となり課税も平等となったのです。

 

石高制のメリット・デメリット

 

石高制のメリットは戦国大名が直接に検地して土地の生産力を把握するので、脱税がやりずらく、年貢の徴収が平等になるので、大名にとっては増収になる事が多かった点です。そして、デメリットは、かなり実力がある戦国大名じゃないと検地して石高制に移行する事が難しいという事でした。

 

明国制圧の野望を抱く豊臣秀吉

 

戦国時代最大の検地は、豊臣秀吉(とよとみひでよし)の太閤検地ですが、逆に言うとそれまで、多くの戦国大名は、部下の国人領主の反発を抑えて検地する事が出来なかったという事にもなります。

北条早雲

 

秀吉以前にも、伊勢宗瑞(いせそうずい)北条早雲(ほうじょうそううん))等、国内の検地をした戦国大名はいますが、おおむね反発が強い旧領地ではなく、新しく支配した新領地に限られたようです。

 

関連記事:北条早雲の逸話を紹介、戦国のパイオニアは魅力的な男?

関連記事:近代日本の税制改革・地租改正とは?太閤検地から江戸時代まで解説

 

荘園にトドメを刺した太閤検地

豊臣秀吉 戦国時代2

 

太閤検地は従来の検地に比較しても画期的な面がありました。従来の検地は、土地の所有者に税金を課すものでしたが、秀吉は土地の所有者ではなく、土地の耕作者を調べあげ税金を課したのです。

 

これにより地主として小作農に耕作させ中間搾取していた地主は決定的に没落し、平安時代以来続いた荘園は完全に消滅してしまいました。こうして、耕作者と土地の持ち主が確定し、年貢は耕作者から支配者に一括して支払われるようになり、中世的多元支配は消えていくのです。

 

戦国時代ライターkawausoの独り言

朝まで三国志2017-77 kawauso

 

今回は、知っているようで、意外に説明できない貫高制と石高制について、図解を用いて解説してみました。貫高制は銭で税収を表せるので、大名が部下に軍役を課すのに便利でしたが、土地の面積にしか課税できないので、生産力が高い土地も低い土地も一律で課税され、不公平で金持ちに有利な方法でした。

 

逆に石高制は土地の生産力に着目し、土地を4ランクに分けて負担を公平にし、脱税がしにくくなると同時に、大名にとっても増収になる方法ですが、既得権益(きとくけんえき)を侵される国人領主の反発が予想されるので、大名権力が強大じゃないと出来ない方法だったのです。

 

参考文献:図解戦国武将 池上良太著 新紀元社

 

関連記事:【日本史B】読むだけで5点は取れる日本史戦国大名編

関連記事:【麒麟がくる】斎藤道三が滅んだのは戦争嫌いだったから!

 

【教科書では読めない裏話満載の戦国時代特集】
はじめての戦国時代

 

 

関連記事

  1. 真田信繁

    戦国時代

    犬伏の別れとは?真田父子の別れは予定通りの決別だった

    犬伏(いぬぶし)の別れとは、NHK大河ドラ…

  2. 黒田官兵衛にも実力を認められる豊臣秀長
  3. 李舜臣
  4. 晩年奇行が多い豊臣秀吉

    戦国時代

    豊臣秀吉の晩年の奇行はウェルニッケ脳症の後遺症だった?

    1世紀以上も続いた戦国時代を終結させた豊臣…

  5. 真田信繁
  6. にぎわう市(楽市・楽座)

    戦国時代

    楽市・楽座はその後どうなったの?

    楽市(らくいち)・楽座(らくざ)と言えば、…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

“ほのぼの日本史Youtube"

 

“ながら日本史

音声コンテンツ(ながら日本史)

PAGE TOP