勝海舟

【ミニコラム】狙撃、闇討ち対策を取っていた勝海舟の帰宅

勝海舟

 

江戸無血開城から上野戦争が終わる頃まで幕府陸軍総裁として敗戦処理をしていた勝海舟は、非常に多忙であると同時に多くの幕臣に命を狙われ実際に馬上で狙撃を受けた事もありました。

七卿落ち

 

それでも昼間に真正面から向かってくる分には禅で鍛えた胆力で怒鳴りつけて相手を怖気づかせる事も出来ましたが、狙撃されたり、闇討ちとなるとそうもいきません。そこで海舟は一番狙われやすい自宅周辺の行動に神経を使いました。

 

対策として海舟は、帰宅する時に正面玄関から入らず庭を横切ったり、勝手口から入ったりとにかくランダムに入り口を変える事で闇討ちのリスクを軽減させようとします。ただ、それに付き合わされる家族や使用人は大変で海舟がいつ帰って来てもいいように、それぞれ入り口で朝まで寝ずの番をしないといけませんでした。

 

ウッカリして海舟が帰って来ても扉を開けないでおくと「俺を締め出しにくわせたな」と激しく怒って数日癇癪が続くので、毎日、戦々恐々だったとか。

 

関連記事:プレゼンテーションは勝海舟に学べ!【海防意見書を読み解く】手引き

関連記事:渋沢栄一と勝海舟の関係はギクシャク、原因は徳川慶喜

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末はじめての幕末

 

【複雑な歴史もわかる日本史】
ほのぼの日本史Youtubeチャンネル

 

 

関連記事

  1. 勝海舟

    勝海舟

    【ミニコラム】泥棒と間違えられる勝海舟の逸話

    晩年の海舟は、よく使用人を1人つれて出歩く…

  2. 戦国時代の武家屋敷b
  3. hanjiro-nakamura(桐野利秋(中村半次郎)

    幕末

    示現流とは?幕末に恐れられた一撃必殺の薩摩剣術

    示現流(じげんりゅう)とは、薩摩藩(さつま…

  4. 刀剣マニアな坂本龍馬

    幕末

    坂本龍馬は薩摩藩に移籍していた?【日本史の新説】

    坂本龍馬(さかもとりょうま)といえば、幕末…

  5. armor(鎧を身にまとう武士)

    幕末

    武士が消えてしまったのは何故?日本を支配した一族が消えた3つの理由

    サムライジャパンや、武士道の言葉で今も世界…

  6. 薩摩藩士の猿叫

    幕末

    猿叫とは?薩摩藩士の魂の叫びに新選組も警戒した薬丸自顕流

    猿叫(えんきょう)とは、鹿児島に伝わる剣術…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

“ほのぼの日本史Youtube"

 

“ながら日本史

音声コンテンツ(ながら日本史)

PAGE TOP