勝海舟

【ミニコラム】泥棒と間違えられる勝海舟の逸話

勝海舟

 

晩年の海舟は、よく使用人を1人つれて出歩く事がありました。ある年の冬、海舟は外套を着て新橋の骨董屋に出向きますが、生来小柄な海舟が大きな外套を着ているので骨董屋の主人夫婦は、海舟が泥棒でもするのではないかと疑い終始、海舟の動きを監視していたそうです。

 

しかし、海舟は少しも気づかずに外套の袖からちょいちょい手を出して品定めをした後骨董屋を出ると「あの家の者は終始俺の顔ばかり見ていたが俺を知っているのかしらん」と使用人に聞くと

 

「いえ、少しばかり変に思っていたのでしょう」と言われ「俺を泥棒と思っていやがったか!」と大笑いしたそうです。

 

参考文献:海舟座談

 

関連記事:【ミニコラム】狙撃、闇討ち対策を取っていた勝海舟の帰宅

関連記事:プレゼンテーションは勝海舟に学べ!【海防意見書を読み解く】手引き

 

【複雑な歴史もわかる日本史】
ほのぼの日本史Youtubeチャンネル

 

 

関連記事

  1. 次元の高い考えを抱いてた勝海舟

    勝海舟

    プレゼンテーションは勝海舟に学べ!【海防意見書を読み解く】手引き

    プレゼンテーションが得意という人はあまりい…

  2. 勝海舟

    勝海舟

    【ミニコラム】狙撃、闇討ち対策を取っていた勝海舟の帰宅

    江戸無血開城から上野戦争が終わる頃まで幕府…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

“ほのぼの日本史Youtube"

 

“ながら日本史

音声コンテンツ(ながら日本史)

PAGE TOP