戦国時代

戦国時代に関する情報をお届けします。

  1. 黒田官兵衛にも実力を認められる豊臣秀長

    豊臣秀長が二代目でピッタリ?あえて他の「秀吉の後継者候補」と実績比較

    豊臣秀吉(とよとみ ひでよし)の弟、豊臣秀長(とよとみ ひでなが)。それほど戦国時代に詳しくない方からは…

  2. 戦に長けた森長可

    森長可ってだれ?というやり取りをしてしまった罪つぐないに「森長可」のことを本気で調べてみた

    織田信長(おだ のぶなが)軍の猛将に、森長可(もり ながよし)という人物がいます。「もり ながよし」と読みます。と解…

  3. 噂話をする戦国時代の庶民

    中世日本はアメリカみたいな訴訟社会だった!

    訴訟社会と言えば第1に思い起こすのがアメリカです。アメリカでは弁護士の数が多く、歴代大統領の半分以上は弁…

  4. 前田慶次

    前田慶次郎は前田利家より年上のオッサンだった?中年二人のどうしようもない「かぶき対決」の顛末は?

    特に漫画作品の影響でしょうか、「戦国一のかぶき者」としての前田慶次郎(まえだけいじろう)という人物が、すっかり有名になりまし…

  5. 武田勝頼に撤退を進言するも聞き入れてもらえず残念がる山県昌景

    山県昌景の最期は組織の後継者選びの難しさを物語る?教訓に満ちたその最期

    武田の騎馬隊の「赤ぞろえ」というものを、ご存知でしょうか。騎馬武者たちが赤い鎧で装備を統一し、その威容で突撃してくる、というものです…

  6. 馬にのり凱旋する将軍モブ(兵士)

    乱妨取りとは?雑兵の略奪は何故生まれ消えていったのか?

    乱妨取(らんぼうど)りとは乱取りとも言い、合戦後に勝者になった雑兵たちにより行われた略奪行為で、金品から米や麦のような食糧、人間まで…

  7. 炎上する城a(モブ)

    天正大地震、その時に起きた命のドラマ

    日本は世界有数の地震大国です。kawausoは、今年45歳ですが、この45年間に阪神淡路大地震と東日本大震災の2つの大地震を見聞きす…

  8. 豊臣秀吉を励ます黒田官兵衛

    「戦国最大の軍師」黒田官兵衛が天下取りに向けて仕掛けた最後の「博打」とは?

    戦国時代随一の軍師といわれる、黒田官兵衛(くろだ かんべえ)。豊臣秀吉(とよとみ ひでよし)のかたわらで知恵袋として常に的確な献策を…

  9. oda-nobunaga-Tenkafubu(天下布武を唱える織田信長)

    大うつけと言われた織田信長は現代風にいえばヤンキー漫画の主人公?複雑な青年期の「揺れるココロ」を捉え…

    織田信長(おだ のぶなが)は若いころは「おおうつけ」と呼ばれていたそうです。うつけとは、「からっぽなひと」「ぼんやりしているひと…

  10. 羽柴秀吉(足軽時代)

    戦国時代の戦の作法と手順、開戦準備はどんな感じだったの?

    誇張されたコミックやドラマなどを見ていると、戦国時代の「いくさ」というのは、だまし討ちも夜襲も放火も暗殺も、もはや「なんでもあり」の…

PAGE TOP