江戸時代

江戸時代の刑罰・百叩きは意外に優しい刑罰だった?

剣術を磨くため江戸にいた19歳の坂本龍馬

 

江戸時代の刑罰としてメジャーな百叩きはどんな刑罰だったのでしょうか?まず、囚人を叩く道具ですが、これは鞭ではなく藁を強く捻って巻いたもので箒尻と呼ばれました。大きさは長さ57センチに太さは3・3センチです。

 

こうして囚人を裸にして腹ばいにさせ背骨をのぞいた肩、背、尻を叩きました。この箒尻の叩きの強さは気絶させない程度と決められていました。ただ、囚人が悲鳴を上げて泣き叫ぶと弱く叩き、強情な囚人には、強めに叩いたそうです。

 

そして、50回も叩くとどんなに強情な囚人も失神寸前になりました。こうして、50回叩くと刑は休憩、囚人は医者に様子を見せて気付け薬を飲ませ叩き役を交代して残り50回を叩きます。箒尻で叩くと、叩いた跡がアザになり数年にわたり冬の寒い日には我慢ができないほどに痛んだのだそうです。一気に100叩かないとはいえ、やはり、百叩きは厳しいようです。

 

関連記事:江戸時代の火事の原因1位はタバコだった!

 

【複雑な歴史もわかる日本史】
ほのぼの日本史Youtubeチャンネル

 

 

関連記事

  1. 処刑される吉田松陰

    江戸時代

    江戸時代の刑務所の食事とは美味しかった?どんな献立だったの?

    いわゆる「くさい飯」として知られる刑務所の…

  2. 兵士(庶民・村人)

    江戸時代

    農民の憤慨でトイレが溢れる?大江戸珍事件

    江戸時代の農業には現在のような化学肥料はあ…

  3. 安藤信正(幕末)
  4. 名古屋城

    江戸時代

    江戸時代は失業率がとても低かったってホント?

    2020年の日本の完全失業率は2.8%で1…

  5. 処刑される吉田松陰
  6. 安藤信正(幕末)

    江戸時代

    江戸時代の武士がボンビーだった理由【1分江戸雑学】

    江戸時代の武士は大抵ボンビーでした。それは…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

“ほのぼの日本史Youtube"

 

“ながら日本史

音声コンテンツ(ながら日本史)

PAGE TOP