江戸時代

江戸時代の刑罰・百叩きは意外に優しい刑罰だった?

剣術を磨くため江戸にいた19歳の坂本龍馬

 

江戸時代の刑罰としてメジャーな百叩きはどんな刑罰だったのでしょうか?まず、囚人を叩く道具ですが、これは鞭ではなく藁を強く捻って巻いたもので箒尻と呼ばれました。大きさは長さ57センチに太さは3・3センチです。

 

こうして囚人を裸にして腹ばいにさせ背骨をのぞいた肩、背、尻を叩きました。この箒尻の叩きの強さは気絶させない程度と決められていました。ただ、囚人が悲鳴を上げて泣き叫ぶと弱く叩き、強情な囚人には、強めに叩いたそうです。

 

そして、50回も叩くとどんなに強情な囚人も失神寸前になりました。こうして、50回叩くと刑は休憩、囚人は医者に様子を見せて気付け薬を飲ませ叩き役を交代して残り50回を叩きます。箒尻で叩くと、叩いた跡がアザになり数年にわたり冬の寒い日には我慢ができないほどに痛んだのだそうです。一気に100叩かないとはいえ、やはり、百叩きは厳しいようです。

 

関連記事:江戸時代の火事の原因1位はタバコだった!

 

【複雑な歴史もわかる日本史】
ほのぼの日本史Youtubeチャンネル

 

 

関連記事

  1. 大久保利通 幕末
  2. 炎上する城b(モブ)

    江戸時代

    江戸時代の火事の原因1位はタバコだった!

    江戸時代の火事の原因トップはタバコだったよ…

  3. Edo-Castle(江戸城)

    江戸時代

    江戸にはどうして人口が集中したのか?

    随分前から地方から東京への人口一極集中が問…

  4. 刀剣マニアな坂本龍馬

    江戸時代

    武家のリサイクルショップ【江戸の雑学コラム】

    江戸時代が使えるモノは完全に仕えなくなるま…

  5. えのころ飯を食べる薩摩藩士

    江戸時代

    えのころ飯とは?衝撃の犬料理は存在するの?

    えのころ飯とは、薩摩藩で食べられていた料理…

  6. 兵士(庶民・村人)

    江戸時代

    江戸100万の人口を支えた有機肥料とは?

    江戸時代中期の享保(きょうほう)年間、江戸…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ほの日企画

“大和朝廷"

“元寇"

“織田信長"

“本能寺の変"

“ほの日Youtube"

“倒幕"

“甲相駿三国同盟"

47都道府県戦国時代

西洋

“新選組"

“ほのぼの日本史Youtube"

 

“ながら日本史

音声コンテンツ(ながら日本史)

PAGE TOP