江戸時代

江戸時代の火事の原因1位はタバコだった!

炎上する城b(モブ)

 

江戸時代の火事の原因トップはタバコだったようです。タバコと言っても現在の紙巻きたばこではありません。煙管に刻み煙草を詰めて吹かすタイプです。花の慶次で前田慶次がやっているアレですね。

 

では、どうしてタバコが火事の原因なのか?

 

それは煙管の燃えカスでした。刻み煙草は、一度火をつけて吸えば、それで終わりで煙管から燃えカスを落としてまた詰めます。この燃えカスがちゃんと処理できないでどこかに飛んでいき、燃えやすいものに引火して火事になる事が多かったのです。

 

炎上する城a(モブ)

 

もう一つは寝たばこで煙管を吹かしている間に眠くなり燃えカスがポロリと落ちて畳や寝具を焼き気が付くと一面火で包まれるケースもあったとか。

 

そりゃあ、一回ごとに煙管から燃えカスを落とすのでかなり注意しないと、燃えカスが何処に飛んでも気づかなさそうですね。それでも喫煙人口は増加するばかりでタバコを原因とする火事の被害は減りませんでした。

 

関連記事:江戸時代の刑務所の食事とは美味しかった?どんな献立だったの?

関連記事:江戸時代は失業率がとても低かったってホント?

 

【複雑な歴史もわかる日本史】
ほのぼの日本史Youtubeチャンネル

 

関連記事

  1. 兵士(庶民・村人)

    江戸時代

    江戸100万の人口を支えた有機肥料とは?

    江戸時代中期の享保(きょうほう)年間、江戸…

  2. 安藤信正(幕末)

    江戸時代

    江戸時代の武士がボンビーだった理由【1分江戸雑学】

    江戸時代の武士は大抵ボンビーでした。それは…

  3. Change-of-attendance(参勤交代)
  4. 名古屋城

    江戸時代

    江戸時代は失業率がとても低かったってホント?

    2020年の日本の完全失業率は2.8%で1…

  5. 細川勝元
  6. 処刑される吉田松陰

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

“ほのぼの日本史Youtube"

 

“ながら日本史

音声コンテンツ(ながら日本史)

PAGE TOP