上杉家(戦国)

意外!上杉謙信は実は長尾氏だった!越後長尾氏の歴史を紹介

上杉謙信

 

今回のほのぼの日本史では、地味な名家越後長尾(ながお)氏を取り上げます。長尾氏と言っても一瞬わからないかもしれません。上杉謙信(うえすぎけんしん)の家系と言えばわかりやすい越後の名家です。

 

そこで長尾氏の出自や越後に来てから、どのようにして勢力を強めていったのか?

謙信誕生までの知られざるヒストリーを解説します。

 

越後長尾氏初代、長尾景恒

戦国時代の武家屋敷a

 

長尾氏は桓武平氏(かんむへいし)の流れを汲む一族です。系図を確認すると平安時代に相模の国・鎌倉郡の地にて誕生したのが鎌倉氏。初代が鎌倉章名(かまくらあきな)です。そして彼のひ孫にあたる景弘(かげひろ)が初めて長尾の苗字を名乗りました。

 

この長尾氏は後に複数の分家に分かれます。その分裂の前、6代当主景為(かげため)は、鎌倉幕府滅亡から南北朝にかけて活躍した人物。この人物の子のひとりが、越後長尾氏の祖と言われている長尾景恒(ながおかげつね)です。

 

しかし出自については諸説あり、長尾宗家の7代目の景忠(かげただ)の弟、あるいは従兄弟と、はっきりとはわかりません。ただこのころに成立した室町幕府の初代関東管領(かんとうかんれい)で、上野・越後・武蔵・安房の4か国の守護職だった上杉憲顕(うえすぎのりあき)に、長尾一族は従っていました。

 

やがて長尾宗家の景忠は関東の上州長尾氏として上野国の守護代に、景恒は景忠の養子となり越後長尾氏を名乗ります。そして越後の守護代になりました。そのほかのエピソードとして、景恒は南北朝時代を舞台とした「太平記」に、長尾弾正という名前で登場します。

 

関連記事:鎌倉幕府(時代)の役職や政治や執権のまとめ一覧

関連記事:鎌倉時代の武士は何を食べてたの?当時の食べ物を紹介

 

府中長尾氏 古志長尾氏 上田長尾氏とは

八甲田雪中行軍遭難事件(雪山)

 

越後長尾氏初代の景垣(かげつね)には、多くの子どもがいました。

 

そのうち高景(たかかげ)は、父の跡を継ぎますが、

あとのふたりの息子、長景(ながかげ)景晴(かげはる)は分家します。高景を祖とする越後長尾家の本家として、越後国守護代を代々務めるのが、府中(三条)長尾家です。

 

そして長景は、越後の国の南部を支配地とします。現在の南魚沼市にあたる越後上田城を拠点とした一族。これが上田長尾家です。(ただし地元を中心に諸説あり)この家からは、長尾景虎(ながおかげとら)(上杉謙信)と対立した長尾政景(ながおまさかげ)や、景虎の後継者となる長尾顕景(ながおあきかげ)(上杉景勝)が出ています。

 

さらに景晴を祖とするのが、古志長尾(こしながお)家で、刈羽郡(かりわぐん)古志郡(こしぐん)を領地としました。拠点となる城は現在の長岡市にあたる、蔵王堂城(ざおうどうじょう)。これが古志長尾家です。

 

ちなみに戦国時代においてこの三つの長尾家は縁戚ですが、その関係が常に良好とは言えません。その時々の状況によって、同盟したり対立したりしました。特に古志長尾家は謙信死後の御館の乱(おたてのらん)で、景勝(かげかつ)に敗れ去り滅亡しました。

 

関連記事:なぜ戦国大名は上洛したがるのか?上洛のメリットも分かりやすく解説

関連記事:【戦国最強素材】戦国大名が血眼で欲しがった布地とは?

 

【激動の時代を駆け抜けた上杉謙信の野望と夢】
上杉謙信特集

 

 

関東管領上杉氏との関係

軍議(日本史)モブb

 

南北朝の時代から戦国にかけて関東管領と言う役職が存在します。これはかつて幕府があった鎌倉を東国の重要拠点と位置付けた足利将軍家が、鎌倉公方と言う役職を用意し、それを補佐する立場として設けられました。

 

本来の関東管領家は将軍の留守居役としての鎌倉公方でした。しかし管領家は公方と呼ばれ、その執事担当が、関東管領と呼ばれます。ちなみに上杉氏は関東管領を主に担当した家筋。

 

このあたりは非常にややこしいので要点を箇条書きにします。

 

  1. 関東管領設立当初はいろんな氏族が担当したが、いつしか上杉氏の世襲となる。
  2. 上杉氏は藤原重房(ふじわらしげふさ)が、鎌倉幕府将軍として鎌倉に行くことになった宗尊親王(むねたかしんのう)に従った際に上杉を名乗る。
  3. 関東管領の上杉氏は、当初越後を含めた数か国を領有する守護大名。長尾氏は越後の守護代。
  4. 上杉の分家筋が越後の守護(越後上杉)となり、三条・府中長尾氏が代々その守護代となる。

 

表向きは、足利将軍>鎌倉公方>関東管領・上杉>越後守護・上杉>守護代・長尾です。しかし戦国時代になると下剋上の世界。そのため実質的な実力者は大きく変わり、長尾氏も越後を実効支配しながら、実力者の仲間入りをします。

 

ところが、関東・越後周辺では、戦国時代の幕開けとされる応仁の乱(おうにんのらん)(1467〜77)以前から力関係が曖昧で、衝突することが良くありました。代表的なのが1423年から3年間勃発した越後・応永の乱(おうえいのらん)。これは足利将軍家と鎌倉公方の対立が原因で行われました。

 

そして家臣の間でも将軍派と鎌倉公方派に分かれて激突。このときは越後守護の上杉頼方(うえすぎよりかた)と守護代の長尾邦景(ながおくにかげ)が敵対して戦いました。ちなみに関東管領は室町幕府滅亡と同時に消滅。そして最後の関東管領は、長尾氏出身の長尾景虎(上杉謙信)です。

 

関連記事:あの戦国大名の下克上率は何%?梟雄達を比較

関連記事:【麒麟がくる】織田信長と帰蝶の婚姻はどんなもの?戦国大名同士の結婚事情

 

謙信の父、長尾為景とは?

日本戦国時代の鎧(武士・兵士)

 

景垣を祖とする越後長尾家。その七代目が長尾為景(ながおためかげ)です。そして上杉謙信の実父。為景は、六代当主・能景(よしかげ)の子として生まれました。表向きの役職は、父同様越後守護代です。

 

しかし実質的には越後の戦国大名として実力を備えていました。般若野の戦い(はんにゃののたたかい)で越中の一向一揆と戦いで父を失い、家督相続。父に従っていた者や越後守護の上杉房能(うえすぎふさよし)が、このタイミングで攻撃をしようとしますが、いずれも制圧します。

 

しかし越後支配後も戦乱に明け暮れました。

 

代表的なものは次の通り。

  1. 関東管領の上杉顕定(うえすぎあきさだ)憲房(のりふさ)親子の越後侵入
  2. 領内の国人・揚北衆の度重なる反乱
  3. 越中・加賀(えっちゅう・かが)の一向一揆、神保、椎名(じんぼう、しいな)との戦い

 

大小さまざまな戦いを繰り広げながら、勢力を維持しました。そして為景は、武力に加えて権威を利用します。

京都御所

 

朝廷や室町幕府に頻繁に献金を行いました。

そのため為景は官位が上がります。

 

従来の越後守護代に加え、信濃守、幕府御供衆(おともしゅう)の格式を手に入れます。これは越後守護の上杉氏とは別に「長尾」の存在を際立たせました。1536年には隠居し嫡男の晴景(はるかげ)が継ぎます。隠居後ほどなくして1537年に為景は死去。

 

ところが実は生きているという情報が近年出てきており、正確な死亡時期は不透明です。

 

関連記事:室町幕府が弱いのは極端な実力主義のせいだった!

関連記事:【麒麟がくる】足利将軍は無力ではない?最高裁だった室町幕府

【次のページに続きます】



1

2 3

関連記事

  1. 爆死する松永久秀

    戦国時代

    松永久秀を苦戦させた大和国とは?大名不在の国を解説

    戦国時代屈指の大悪人、あるいは茶釜ボンバー…

  2. 軍議

    戦国時代

    青森県の戦国時代はどんなだった?【ご当地戦国特集】

    戦国時代のドラマと言えば京都に近い畿内かメ…

  3. kenshin-uesugi-sake(上杉謙信は酒大好き)
  4. 軍議

    戦国時代

    国衆とは何?天下人も出したローカル実力者集団

    国衆(くにしゅう)とは自らの領地を支配しつ…

  5. oda-nobunaga-Tenkafubu(天下布武を唱える織田信長)
  6. 真田信繁

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 月友
    • 2021年 8月 13日

    小ネタだけど、のぼうの城の成田長親や甲斐姫も長尾氏の血を引いている

“ほのぼの日本史Youtube"

 

“ながら日本史

音声コンテンツ(ながら日本史)

PAGE TOP