江戸時代

武家のリサイクルショップ【江戸の雑学コラム】

刀剣マニアな坂本龍馬

 

江戸時代が使えるモノは完全に仕えなくなるまで使い倒すリサイクル社会だった事は知られています。これは何も、江戸の人々が環境意識が強かったというより、大量生産が出来ない分、品物が全体的に割高で新しく購入するより修理して使う方が合理的だったからです。

 

そんなリサイクルショップには武家を相手にする献残屋という商売がありました。江戸時代には、賄賂と礼物が明確に区別されていないので武士でも幕府の要職を占めるとあちこちから礼物感覚で献上品が届きます。

 

使えるモノはそのまま使いますがダブった献上品をそのまま置いても邪魔なだけなので、これを献残屋に売り換金していたのです。献残屋は市販価格よりも安く献残品を販売するので、献上品をお安く済ませたい人は、献残屋で贈答品を身繕います。

 

こうして、誰かの献上品は献残屋を介して巡り巡り、リサイクルしていったのです。

 

出典:日本人なら知っておきたい 江戸の庶民の朝から晩まで KAWADE夢文庫

 

関連記事:江戸時代にも水道料金があった【ミニコラム】

関連記事:江戸町奉行とは?時代劇でおなじみの役職の知られざる真実について解説

 

【複雑な歴史もわかる日本史】
ほのぼの日本史Youtubeチャンネル

 

 

関連記事

  1. 安藤信正(幕末)
  2. 戦国時代の武家屋敷a

    江戸時代

    日本一領民に優しかった伊予小松藩を紹介

    以前よりイメージは改善されたとはいえ、江戸…

  3. えのころ飯を食べる薩摩藩士

    江戸時代

    えのころ飯とは?衝撃の犬料理は存在するの?

    えのころ飯とは、薩摩藩で食べられていた料理…

  4. 兵士(庶民・村人)

    江戸時代

    農民の憤慨でトイレが溢れる?大江戸珍事件

    江戸時代の農業には現在のような化学肥料はあ…

  5. 兵士(庶民・村人)

    江戸時代

    江戸100万の人口を支えた有機肥料とは?

    江戸時代中期の享保(きょうほう)年間、江戸…

  6. 処刑される吉田松陰

    江戸時代

    江戸時代の刑務所の食事とは美味しかった?どんな献立だったの?

    いわゆる「くさい飯」として知られる刑務所の…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

“ほのぼの日本史Youtube"

 

“ながら日本史

音声コンテンツ(ながら日本史)

PAGE TOP