江戸時代にも水道料金があった【ミニコラム】

にぎわう市(楽市・楽座)

 

江戸時代といえば、江戸には上水がありキレイな水が無料で飲めたような印象です。しかし、水が悪かった江戸では上水は土木工事をして引いていたので上水は無料ではなく、水道料金がちゃんと徴収されていました。

 

これを水銀(みずぎん)と言い、武家の場合は石高割で水道料が発生し町民は間口割といい、玄関の広さで水道料金が徴収されています。町民の水道料は間口一間(1・82m)につき16文で現在価格で320円程度、これで1年分ですから、現在の水道料よりも各段に安いですね。水と安全は無料という日本人の固定観念は江戸時代から続くものだったのでしょうか?

 

関連記事:江戸町奉行とは?時代劇でおなじみの役職の知られざる真実について解説

関連記事:江戸時代の日本人インテリはなんで蘭学にガチで夢中になったのか?

 

ほのぼの日本史Youtubeチャンネル

 

ながら日本史

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カワウソ編集長

カワウソ編集長

日本史というと中国史や世界史よりチマチマして敵味方が激しく入れ替わるのでとっつきにくいですが、どうしてそうなったか?ポイントをつかむと驚くほどにスイスイと内容が入ってきます、そんなポイントを皆さんにお伝えしますね。日本史を勉強すると、今の政治まで見えてきますよ。
【好きな歴史人物】
勝海舟、西郷隆盛、織田信長

-江戸時代