江戸時代

江戸時代にも水道料金があった【ミニコラム】

にぎわう市(楽市・楽座)

 

江戸時代といえば、江戸には上水がありキレイな水が無料で飲めたような印象です。しかし、水が悪かった江戸では上水は土木工事をして引いていたので上水は無料ではなく、水道料金がちゃんと徴収されていました。

 

これを水銀(みずぎん)と言い、武家の場合は石高割で水道料が発生し町民は間口割といい、玄関の広さで水道料金が徴収されています。町民の水道料は間口一間(1・82m)につき16文で現在価格で320円程度、これで1年分ですから、現在の水道料よりも各段に安いですね。水と安全は無料という日本人の固定観念は江戸時代から続くものだったのでしょうか?

 

関連記事:江戸町奉行とは?時代劇でおなじみの役職の知られざる真実について解説

関連記事:江戸時代の日本人インテリはなんで蘭学にガチで夢中になったのか?

 

【複雑な歴史もわかる日本史】
ほのぼの日本史Youtubeチャンネル

 

【聴きだしたらもう止まらない音声コンテンツ】
ながら日本史

 

 

関連記事

  1. Edo-Castle(江戸城)

    江戸時代

    江戸にはどうして人口が集中したのか?

    随分前から地方から東京への人口一極集中が問…

  2. 安藤信正(幕末)
  3. 大久保満寿子(女性)

    江戸時代

    江戸時代の不倫の示談金は?【ミニコラム】

    江戸時代は儒学の全盛期もあって姦通は人倫に…

  4. 戦国時代の武家屋敷a

    江戸時代

    日本一領民に優しかった伊予小松藩を紹介

    以前よりイメージは改善されたとはいえ、江戸…

  5. 安藤信正(幕末)

    江戸時代

    江戸時代の武士がボンビーだった理由【1分江戸雑学】

    江戸時代の武士は大抵ボンビーでした。それは…

  6. Change-of-attendance(参勤交代)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

“ほのぼの日本史Youtube"

 

“ながら日本史

音声コンテンツ(ながら日本史)

PAGE TOP