忍者(戦国)

なにこの拷問?凍死続出で失敗した大胡城乗っ取り

 

過酷な忍びの扱い

溺れる忍者

 

大胡城に夜襲を掛けようとして、凍死した忍びは特別に悲惨な事ではないようです。というのも先に述べた通り、真冬の闇夜は敵の奇襲はまずないという戦国時代の常識が存在していたからです。忍びは真冬に城の(ほり)をズブ濡れになってまで渡り、城の内応者と連絡をつけ、なんとしても情報を掴むべく奮闘しました。

 

忍者が活躍する時代劇では、敵の忍者に追われた忍者が逃走を諦め迎撃して斬り伏せるみたいなシーンが登場しますが、情報収集で放たれた忍びの場合には、とにかく1人でも生き残り情報をもたらす事が最優先されたので、ひたすらに逃げていたそうです。いくら敵を斬ったところで、雇い主が求めているのは情報ですから戦意がないのは当然と言えば、当然ですね。

 

戦国時代ライターkawausoの独り言

朝まで三国志2017-77 kawauso

 

このように過酷な任務を与えられた忍びですが、よく忍びを使う武将は恩賞の大盤振る舞いで、その手柄に報いたそうです。

 

信濃国小県真田本城主(しなののくに・ちいさがた・さなだほんじょうしゅ)真田昌幸(さなだまさゆき)は、配下の忍びに思い切った恩賞を与える事で有名で、忍びが望んだ土地がすでに他の武将に渡っている場合でも、領地替えをしてまで与え約束を守っていました。

 

そのため、昌幸の忍びは命を惜しまずに戦い、度々大手柄を立てました。もしかすると、由良成繁の忍びも凍死の危険を冒す価値がある多額の恩賞が提示されたのかも知れませんね。死んでしまっては貰えませんけどね。

 

参考文献:戦国の忍び 角川文書

 

関連記事:【戦国の人気者】忍者の戦場での重要任務とは?

関連記事:小田原城とはどんなお城?難攻不落の城の秘密や楽しみ方

 

【無敵の騎馬隊を率いて天下を夢見た武田信玄の生涯】
武田信玄

 

 

1

2

関連記事

  1. 若き頃の織田信長に敗れる今川義元
  2. kenshin-uesugi-sake(上杉謙信は酒大好き)
  3. 猫が好きすぎて猫神社を作らせた島津義弘
  4. ガレオン船(世界史)

    戦国時代

    戦国日本はどうしてガレオン船を海戦に使わなかったのか?

    戦国時代の海戦と言えば、織田信長の鉄甲船が…

  5. 延暦寺坊主を殴る明智光秀

    戦国時代

    延暦寺、戦国大名も恐れた武闘派ボーズ組織を徹底解説

    麒麟がくるにおいて、春風亭小朝(しゅんぷう…

  6. 上杉謙信

    戦国時代

    戦国時代の情報伝達「永禄の変」はいかに伝わったか?

    21世紀の現在は高度情報化社会と呼ばれます…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

“ほのぼの日本史Youtube"

 

“ながら日本史

音声コンテンツ(ながら日本史)

PAGE TOP