戦国時代

関ケ原は天下分け目の合戦ではなかった!【日本史新説】

軍旗

 

関ケ原(せきがはら)の戦いと言えば、西暦1600年と覚えやすい上に、徳川家康の天下への第一歩として教科書的にはよく知られています。しかし、最近の新説では、関ケ原の戦いは豊臣(とよとみ)vs徳川(とくがわ)の天下分け目の戦いではなく、豊臣政権内の内部抗争であり、徳川の天下とは直接関係ないと考えられているようです。

 

では、最新の学説による関ケ原の戦いとはなんなのでしょうか?

 

 

五大老と五奉行は豊臣政権で対等ではない

軍議

 

戦国の映画やドラマでは、豊臣秀吉(とよとみひでよし)は遺言として五大老、徳川家康(とくがわいえやす)前田利家(まえだとしいえ)毛利輝元(もうりてるもと)上杉景勝(うえすぎかげかつ)宇喜多秀家(うきたひでいえ)に豊臣政権を委ね、五奉行と協議して政治を進めるように遺言されたように説明されます。

 

しかし、これは歴史的に誤りであり、五大老とは秀頼(ひでより)の後見人として秀頼を補佐する政治参与の位置づけで、実際の政権は五奉行、浅野長政(あさのながまさ)石田三成(いしだみつなり)増田長盛(ましたながもり)長束正家(なつかまさいえ)前田玄以(まえだげんい)に委ねられていました。

 

秀吉亡き後、野望を持ち始めた徳川家康

 

豊臣の政治に五大老は口を出す権限は無かったのですが、家康は次第に権限を逸脱。豊臣政権の首班として振る舞うようになり、それに反発した石田三成派と家康派の軋轢が激しくなります。

 

小早川秀秋が裏切りブチ切れる石田三成

 

つまり、関ケ原の戦いは家康vs三成ではなく、家康が率いる豊臣政権Aチームと石田三成のBチームが激突した壮大な内ゲバだと考えられるのです。

 

関連記事:【映画関ヶ原を100倍楽しむ】関ヶ原の戦い…実は寧々と淀の争いが原因だった!?

関連記事:史上最強の出世人・豊臣秀吉の天下統一を検証!農民から関白太政大臣の道

 

会津討伐は三成ホイホイではない?

伊賀越えを敢行した徳川家康

 

会津征伐は徳川家康が石田三成を反徳川で挙兵させる為に仕組んだ罠と説明されます。しかし現在では、会津征伐は反徳川の筆頭、上杉景勝を潰すと同時に大坂で豊臣方の勢力に包囲されていた家康が、本拠地の江戸に戻る為の布石であるとも考えられているようです。

 

石田三成

 

石田三成もこの頃、七将襲撃事件の責任を取り佐和山城に隠遁していて領国の経営に専念し、大谷吉継(おおたによしつぐ)真田昌幸(さなだまさゆき)に反徳川で挙兵するよう根回ししていました。

 

家康も自分の遠征中に三成が叛くとは予想していましたが、それは三成や大谷吉継のような小規模の反乱に留まると考えていたようです。会津討伐は狡猾な家康が仕組んだ三成ホイホイではなく、自分に盾突く上杉景勝潰しと豊臣政権の磁場から離れる緊急避難の役割が大きかったと考えられます。

 

関連記事:どうして戦国時代は人気があるの?大河ドラマでも視聴率が高い理由

関連記事:智謀が凄すぎて信用がならなかった真田昌幸の前半生に迫る!!

 

【甲相駿三国同盟の崩壊】
三国同盟を潰したあの男

 

小山評定は創作である

軍議

 

会津討伐の最中、石田三成や大谷吉継が反徳川で挙兵した事を聞いた家康は、小山で評定を開き、大坂方に人質を取られている豊臣恩顧(おんこ)の武将に、三成が挙兵した事実を告げ、家康と三成、どちらにつくか決めるように促したとされます。

 

この、いわゆる小山評定では、徳川家康を慕う福島正則(ふくしままさのり)が大坂方に人質が殺されても家康に味方すると熱弁をふるい、その勢いで大勢は反三成で決定しました。

 

book-Suikoden(水滸伝-書類)

 

ところが、この小山評定、一次資料ではその存在を確認できるものがなく、近年では創作であるとする意見が強くなっています。

 

小早川秀秋

 

実際は三成が挙兵しても呼応するのは大谷吉継くらいだろうと高をくくっていた家康が、豊臣方の重鎮、宇喜多秀家と小早川秀秋(こばやかわひであき)が三成に呼応して家康の本拠地伏見城を攻めたと聞いて仰天し、その事実が豊臣恩顧の大名に知られる前に、急いで畿内に引き返し、反徳川勢力を潰そうとしたのが真実であるようです。

 

関連記事:小早川秀秋は関ヶ原の戦いでなんで西軍を裏切ったのか?

関連記事:天下分け目の関ヶ原とは?背景・原因・当日の布陣を徹底解説

 

五大老のほとんどが家康の敵に

名古屋城

 

急いで畿内に戻る家康軍に、五大老の1人、毛利輝元が大坂方の総大将として大坂城に入ったという最悪のニュースがもたらされます。これにより公卿に準じる清華成と呼ばれた五大老、毛利輝元、宇喜多秀家、上杉景勝の3名が反徳川で一致。家康は大坂では賊軍になる可能性が濃厚になりました。

 

西遊記巻物 書物_書類

 

関ケ原の頃、全国の諸大名に出した家康の書状は120通にもなり、家康が少しでも味方を増やそうと悪戦苦闘していた事実を裏付けます。徳川家康は石田三成以外にも嫌われ、関ケ原の前に負ける可能性も浮上していたのです。

 

関連記事:毛利輝元を西軍に引き込んだ人物は誰?関ケ原の戦いの裏側

関連記事:実はグダグダだった関ケ原合戦!本当にマジメに戦っていたのは主戦場から遠く離れた場所のこの二人だけ!?

 

なんとなく決着した関ケ原

6時間で決着がついた関ヶ原の戦い 石田三成

 

窮地に立っていた家康軍ですが、配下の福島正則や池田輝政(いけだてるまさ)のような実戦部隊が豊臣正規軍として岐阜城を瞬く間に攻め落とすと形勢が大きく変わります。この時点で、大阪城の秀頼が石田三成側を豊臣正規軍と認め自ら出馬していれば、豊臣恩顧の大名は弓を引けずに、徳川方が敗れていた可能性もありますが、外様の毛利輝元では、大坂城の勢力の世論統一が出来ませんでした。

 

どうも石田三成は、追い詰められた家康が短期決戦に出るとは考えておらず、長期戦を考えて呑気に構えており、大坂方を一枚岩にする準備を怠っていた模様です。

 

慶長(けいちょう)5年(1600年)9月15日、豊臣の旗を掲げる東西両軍が関ケ原で激突しました。20万の大軍が戦った天下分け目の関ケ原ですが、実際には毛利勢や島津勢のように様子見していた勢力も多いので、本当に戦闘に参加した兵力はもっと少ないでしょう。

 

徳川家康vs石田三成(関ヶ原の戦い)

 

必死の家康と今になって慌てた三成以外は、東軍も西軍も、自分達が天下分け目の決戦をしているとは夢にも思わず、それが日和見に繋がったと考えられます。やる気があるのは一部だけという奇妙な戦いは、天下への執念に燃える家康の東軍が勝利して半日で終了しました。

 

関連記事:天下分け目の関ヶ原とは?背景・原因・当日の布陣を徹底解説

関連記事:石田三成(いしだみつなり)とはどんな人?戦術が苦手で人から嫌われてたけど秀吉の大事な家臣で友人思いの人だった!!

【次のページに続きます】



固定ページ:

1

2

関連記事

  1. 猫が好きすぎて猫神社を作らせた島津義弘
  2. 黒田官兵衛にも実力を認められる豊臣秀長
  3. 実はヒャッハーな武田信玄

    戦国時代

    甲斐の虎の遅すぎた天下取りの理由は?武田信玄編

    戦国時代の話をするのが好きなヤカラが何人か…

  4. 衆道a 井伊直政、徳川家康

    戦国時代

    衆道とは?武士のBLは何故、大流行したの?

    衆道(しゅうどう)とは、日本における男性の…

  5. 衆道b 織田信長、森蘭丸?

    戦国時代

    戦国時代の衆道のやり方とは?衆道の種類や目的とは?

    衆道(しゅうどう)というのは、今で言う同性…

  6. Emperor(天皇のシルエット)

    戦国時代

    正親町天皇はどんな人?本当に本能寺の変の黒幕なの?

    NHK大河ドラマ麒麟(きりん)がくるに登場…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

“ほのぼの日本史Youtube"

 

“ながら日本史

音声コンテンツ(ながら日本史)

PAGE TOP