合戦の脅威は敵だけじゃない!陣中は泥棒だらけだった

09/01/2021


監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

姉妹メディア「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

yuki tabata(田畑 雄貴)おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、姉妹メディア「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


万が一の為の金

戦費負担で貧乏になる鎌倉武士

 

しかし、地獄の沙汰(さた)もカネ次第という言葉通り、戦場で最後にモノを言うのはカネだったりもします。その心得で、絶対にバレないように(かぶと)の中にカバーを貼って、その中に小判一枚を折り曲げて忍ばせている武士もいました。これなら、兜を盗まれない限りカネを取られる心配はありません。いつも兜をかぶらないといけないので、しんどい話ではありますが…

 

さて、この兜、主が戦死したのか、お金が隠されている事を知らないままに兜が盗まれたのか、現代まで伝わり、とある時代考証家が骨董屋で購入。色々調べているとカバーの内側に何かあるのに気づき、剥がすと、そこから折れ曲がった小判が出てきたそうです。

 

戦国の頃の小判なので金の含有率(がんゆうりつ)も高く、かなり高値で売れたとか何とか…

 

陣中の盗みは厳罰だが・・・

ちょっとしたことでブチ切れる織田信長

 

泥棒だらけの戦国時代ですが、陣中での盗みは軍律で見せしめとして死罪と決められていました。織田信長は、例え一文でも盗めば斬罪として、いわゆる「1銭斬り」とされる厳しい軍律を課して、勢力が拡大していく織田軍団に悪評が立たないように苦心しています。

 

ただ、自軍の中では泥棒禁止でも、それが敵陣では一定の条件下で、むしろ泥棒は奨励されもしたのですから、色々倫理観が崩壊して、泥棒に手を染める兵士も後を絶たなかったのでしょう。

 

関連記事:これはヒドイ!戦国時代のサバイバル雑兵物語

関連記事:名もなき雑兵が語る戦国のリアル【雑兵物語】

 

三国同盟を潰したあの男

 

 

戦国時代ライターkawausoの独り言

朝まで三国志2017-77 kawauso

 

合戦の脅威とはズバリ!

味方同士で、武器や防具の盗難があり金品は殺されて奪われるケースもあった。でした。戦国時代も終わり島原の乱の頃ですが、その頃でさえ「陣中は盗人の巣と言うぞ、あまり目立つ刀は仕舞(しま)って置け」と傾奇者(かぶきもの)の若侍に注意するベテランの武士がいたそうです。

 

その傾奇者は忠告を意に介さず「戦場では目立ってなんぼよ!」とそのまま鞘を金で飾った太刀を差して戦いますが、戦闘の最中に鞘の金の部分だけをごっそり剥がされたようです。合戦の最中に盗みができるような相手では、もう、どうにも防ぎようがありませんね。

 

参考:〈歴史・時代小説ファン必携〉【絵解き】雑兵足軽たちの戦い (講談社文庫) 文庫 2007/3/15東郷 隆 (著), 上田 信 (イラスト)

 

関連記事:戦国時代合戦、足軽は武将に勝てたの?

関連記事:戦国時代の合戦はどんな武器を使い戦ったの?

 

織田信長スペシャル

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カワウソ編集長

カワウソ編集長

日本史というと中国史や世界史よりチマチマして敵味方が激しく入れ替わるのでとっつきにくいですが、どうしてそうなったか?ポイントをつかむと驚くほどにスイスイと内容が入ってきます、そんなポイントを皆さんにお伝えしますね。日本史を勉強すると、今の政治まで見えてきますよ。
【好きな歴史人物】
勝海舟、西郷隆盛、織田信長

-戦国時代