大河ドラマ『青天を衝け』の内容はどうなの?面白い?

18/04/2021





青天を衝けのキャスト(出演リスト)

500以上の企業の設立に関わった渋沢栄一

 

それでは、「晴天を衝け」のロケで登場するキャストの皆さんを紹介します。

 

渋沢家 役名  俳優
栄一の父 渋沢市郎右衛門 小林薫(こばやしかおる)
栄一の母 渋沢ゑい 和久井映見(わくいえみ)
栄一の姉 渋沢なか 村川絵梨(むらかわえり)
栄一の妹 渋沢てい 藤野涼子(ふじのりょうこ)
新屋敷家
栄一の従兄 渋沢喜作 高良健吾(こうらけんご)
喜作の妻 渋沢よし 成海璃子(なるみりこ)
尾高家
栄一の従兄 尾高惇忠 田辺誠一(たなべせいいち)
栄一の従兄 尾高長七郎 満島真之介(みつしましんのすけ)
栄一の従妹 尾高千代 橋本愛(はしもとあい)
栄一の従弟 尾高平九郎 岡田建史(おかだけんし)
東の家
栄一の伯父 渋沢宗助(しぶさわそうすけ) 平泉成(ひらいずみせい)
栄一の叔母 渋沢まさ 朝加真由美(あさかまゆみ)

 

ベテラン陣の平泉成さん、小林薫さん、和久井映見さんから藤野涼子、岡田健史さんのような大河初登場の俳優陣まで、新旧織り交ぜた配役になっていますね。

 

関連記事:五代友厚と大久保利通、互いを認め合った2人の逸話

関連記事:五代友厚と大阪商法会議所近代大阪の基礎を築いた手法とは?

 

青天を衝けの脚本は?

日本資本主義の父と呼ばれた渋沢栄一

 

「青天を衝け」には原作はなく、脚本家で演出家の大森美香(おおもりみか)が脚本を書いています。大森美香は1972年福岡県生まれ。青山学院女子短期大学芸術学科卒業、名古屋テレビ放送に入社しますが24歳の時に退社。

 

その後、在職中から受講していたマスコミセミナーの講師であったフジテレビの山田良明(やまだよしあき)編成局制作室第一制作部企画担当部長(当時)に掛け合って契約ADの職を得ます。そして、休職中に書き上げた脚本を、直接山田部長に持ち込み脚本家としてデビューしたバイタリティ溢れる人です。

 

大森美香はNHKで、連続テレビ小説、「風のハルカ」や「あさが来た」などヒット作の脚本を手掛け、フジテレビでは「カバチタレ!」映画では「宇宙兄弟」の脚本を手がけました。

 

五代友厚 幕末

 

連続テレビ小説あさが来たでは、五代友厚(ごだいともあつ)を演じたディーン・フジオカさんの人気が爆発しました。そこから考えると大森さんにとっては「あさが来た」と同じく幕末から明治の経済界が舞台の「青天を衝け」は得意ジャンルで面白さも期待できるかも知れません。

 

三国同盟を潰したあの男

 

 

大河ドラマ「青天を衝け」に一言

朝まで三国志2017-77 kawauso

 

「青天を衝け」がどのようなドラマ展開になるのか?

 

恐らく序盤は農家の息子から、尊王攘夷思想に傾倒していく志士としての渋沢栄一が描かれるのではないかと思います。

 

関連記事:渋沢栄一とはどんな人?大政奉還後、明治時代の実業家になるまで

関連記事:【悲報】海援隊は日本最初の株式会社ではなかった!

 

俺達尊攘派

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カワウソ編集長

カワウソ編集長

日本史というと中国史や世界史よりチマチマして敵味方が激しく入れ替わるのでとっつきにくいですが、どうしてそうなったか?ポイントをつかむと驚くほどにスイスイと内容が入ってきます、そんなポイントを皆さんにお伝えしますね。日本史を勉強すると、今の政治まで見えてきますよ。
【好きな歴史人物】
勝海舟、西郷隆盛、織田信長

-渋沢栄一, 青天を衝け
-