江戸時代の武士がボンビーだった理由【1分江戸雑学】


安藤信正(幕末)

 

江戸時代の武士は大抵ボンビーでした。それは、大旗本でも小さな御家人でも変わりません。しかし、それは彼らが贅沢して借金したという事ではなく(もちろん、そういう人もいるのですが…)大半の武士は自分とは関係ない理由で没落しボンビーになっていました。

 

武士が貧しくなった理由は人件費でした。戦士である武士は、いざ合戦という時には、石高に応じて兵力を出さねばなりません。つまり、石高が大きい武士はそれだけ多くの若党や道具持ち、草履取り馬の口取り、家の門番を雇いますし、自ら炊事する事は体面に関わるので下男や下女も雇わないといけません。この人件費で収入の半分は消えていたのです。

 

だからって、決められた人員を雇わないとなると幕府に課せられた軍役を放棄した事になり家を取り潰されて浪人になってしまいます。また、武士が支給されていた米は江戸時代に増産に次ぐ増産が繰り返され、時代が下る程に価格が下落していました。武士は米を札差に売り払いお金に替えたので米の値段が落ちるのは、そのまま収入ダウンだったのです。

 

参考文献:日本人なら知っておきたい江戸の庶民の朝から晩まで

 

 

関連記事:赤穂浪士の討ち入りプロジェクトにかかった莫大な費用

関連記事:江戸時代の火事の原因1位はタバコだった!

 

こんにちは西洋

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カワウソ編集長

カワウソ編集長

日本史というと中国史や世界史よりチマチマして敵味方が激しく入れ替わるのでとっつきにくいですが、どうしてそうなったか?ポイントをつかむと驚くほどにスイスイと内容が入ってきます、そんなポイントを皆さんにお伝えしますね。日本史を勉強すると、今の政治まで見えてきますよ。
【好きな歴史人物】
勝海舟、西郷隆盛、織田信長

-江戸時代