江戸時代

赤穂浪士の討ち入りプロジェクトにかかった莫大な費用

money(お金・宋銭)

 

世の中、何をするにもお金が掛かります。それは江戸時代でも同じであり、有名な赤穂浪士の討ち入りも入念な準備とお金なしには達成不可能でした。四十七士の討ち入りに掛かった経費は696両一分で一両を75000円で換算すると5221万8750円になるそうです。

 

このお金は赤穂藩が取り潰しになった時に、幕府に現金化を許された財産から、藩札引き換えや家臣の給料、退職金などを支払った残りでした。よく忠臣蔵はヤクザの出入りと同じなんて短絡的に結びつける人がいますが感情的にカッとなった程度で討ち入りなんて出来ないのです。

 

結局、これらは赤穂浪士が吉良上野介を討ち取った時点ですべて費やされていたのですが、大石内蔵助は几帳面でそれらの使途を帳簿につけていました。それによると、主君の供養などの仏事に958万円、御家再興費に490万円、江戸屋敷購入費に525万円、旅費・江戸逗留費に1860万円、会議通信費に82万5000円、生活補助費1000万円、討ち入り装備費90万円、雑費用225万円だったそうです。

 

考えてみれば、47名が1年間無収入なわけですから、それなりの軍資金がないと仇討ちは出来ません。赤穂浪士の討ち入りも、それなりのプロジェクトだったという事ですね。

 

関連記事:江戸時代の刑罰・百叩きは意外に優しい刑罰だった?

関連記事:江戸時代の火事の原因1位はタバコだった!

 

【維新を阻止しようとした男たちの秘話】
ガンバレ徳川

 

 

関連記事

  1. 剣術を磨くため江戸にいた19歳の坂本龍馬

    江戸時代

    江戸時代の刑罰・百叩きは意外に優しい刑罰だった?

    江戸時代の刑罰としてメジャーな百叩きはどん…

  2. Ikko-Ikko( 一向一揆)

    江戸時代

    飢えなくても一揆は起きた江戸時代一揆のリアル!

    皆さんは一揆(いっき)と言うと、どんなイメ…

  3. 戦国時代の武家屋敷a

    江戸時代

    日本一領民に優しかった伊予小松藩を紹介

    以前よりイメージは改善されたとはいえ、江戸…

  4. 安藤信正(幕末)
  5. Change-of-attendance(参勤交代)
  6. 兵士(庶民・村人)

    江戸時代

    江戸100万の人口を支えた有機肥料とは?

    江戸時代中期の享保(きょうほう)年間、江戸…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

“ほのぼの日本史Youtube"

 

“ながら日本史

音声コンテンツ(ながら日本史)

PAGE TOP