江戸時代

男女で違う江戸時代の寺子屋の校則

大久保満寿子(女性)

 

江戸時代の寺子屋は基本的に男女共学でした。そして、育ち盛りの子供が通う寺子屋なので、ケンカやいたずら、いじめも日常茶飯事であり、必然的に校則のようなものが出来ます。

 

この寺子屋の校則は男女で違いがあったようで男子の場合には、父母と師匠の申しつけを守る服装を正しくして礼節を重んじるけんかや口論、いたずらをしない、などなど女子の場合には、顔の良し悪しを言わない。

 

着物の良し悪しを言わない。家の暮らし向きの事を言わない。告げ口や無駄口、わがままを言わない。友達や男子の噂話をしない。このように分かれていたようです。

 

参考文献:日本人なら知っておきたい江戸の庶民の朝から晩まで KAWADE夢文庫

 

関連記事:江戸時代の武士がボンビーだった理由【1分江戸雑学】

関連記事:江戸時代の刑罰・百叩きは意外に優しい刑罰だった?

 

【複雑な歴史もわかる日本史】
ほのぼの日本史Youtubeチャンネル

 
 

関連記事

  1. money(お金・宋銭)

    江戸時代

    赤穂浪士の討ち入りプロジェクトにかかった莫大な費用

    世の中、何をするにもお金が掛かります。それ…

  2. 一条美賀子

    江戸時代

    遊女の1日 江戸の蝶のスケジュールは超ハード

    江戸時代の遊郭(ゆうかく)は現代の性風俗の…

  3. Edo-Castle(江戸城)

    江戸時代

    江戸にはどうして人口が集中したのか?

    随分前から地方から東京への人口一極集中が問…

  4. 戦国時代の武家屋敷a

    江戸時代

    日本一領民に優しかった伊予小松藩を紹介

    以前よりイメージは改善されたとはいえ、江戸…

  5. 兵士(庶民・村人)

    江戸時代

    江戸100万の人口を支えた有機肥料とは?

    江戸時代中期の享保(きょうほう)年間、江戸…

  6. 細川勝元

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

“ほのぼの日本史Youtube"

 

“ながら日本史

音声コンテンツ(ながら日本史)

PAGE TOP