今週もお疲れさま!足軽時代から優秀だった豊臣秀吉

02/04/2021


今週もお疲れ 豊臣秀吉

 

ほのぼの日本史をご覧の皆さん、今週もお疲れさまでした。今回のお疲れさまキャラは豊臣秀吉です。さて、皆さんは、ある場所に生えている沢山の木の数を数えろと言われたらどうしますか?

 

oda-nobunaga(織田信長)

 

天下人、豊臣秀吉の足軽時代、主君の信長に、ある場所に生えている木の数を数えるよう命令されました。足軽たちはわらわらと木をバラバラに数えだしますが、数に重複が多かったり、数えている間に本数が分からなくなって、数え直しになったりして作業が進みませんでした。

 

羽柴秀吉(足軽時代)

 

そこで、知恵者の秀吉の出番です。彼は、山の木の本数がおおよそ千本を下回る程度だと目安をつけると、千本の紐を用意して、足軽たちに配ります。そして、全ての木に一本ずつ紐を結びつけるように命じました。こうして、全ての木に紐を結び付けて、残りの紐を数えれば、山に生えている沢山の木の正確な本数が分かるのです。
中国大返し ver2(豊臣秀吉)

 

秀吉の計算法は、一対一対応と言い、これは数という概念がない昔に編み出されたものですが、現在でも使用されています。

織田信長スペシャル

 

三国同盟を潰したあの男

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カワウソ編集長

カワウソ編集長

日本史というと中国史や世界史よりチマチマして敵味方が激しく入れ替わるのでとっつきにくいですが、どうしてそうなったか?ポイントをつかむと驚くほどにスイスイと内容が入ってきます、そんなポイントを皆さんにお伝えしますね。日本史を勉強すると、今の政治まで見えてきますよ。
【好きな歴史人物】
勝海舟、西郷隆盛、織田信長

-おつかれさま