おつかれさま

今週もお疲れ様!日本の文明開化の象徴、断髪

今週もお疲れ様でした 西郷隆盛

 

ほのぼの日本史をご覧の皆さん 今週もお疲れ様でした。今回のお疲れキャラは西郷どんです。

 

saigou-takamori-Military-uniform(軍服姿の西郷隆盛)

 

西郷どんが坊主頭にしたのは戊辰戦争で弟の吉二郎を亡くした時からとも言われていますが、今回は文明開化の象徴、断髪について。

 

大久保満寿子(女性)

 

断髪令に真っ先に応じたのは女性が多く、理由は日本髪が重すぎて洗髪が面倒だったからだそうです。あまりにも急激に断髪する女性が増えて政府は女性には断髪禁止令を出しています。男性では若い世代に断髪の抵抗が弱く老年に達するほどに拒否感が強くなります。

 

稲葉一鉄(稲葉良通)

 

ただ、それは高齢者にちょんまげへの愛着があるという以外にもハゲがバレるという事もありました。正式なちょんまげは額から頭頂部の月代を剃りあげます。この月代を剃り続けると年齢を経ると生えなくなっていきます。それでも髷が乗れば格好はつきますが断髪令で髷を切られると頭に髪の毛がない事がバレてしまうのです。一方で幕府は文久の改革で手入れに手間がかかる月代は剃らずに総髪でよろしいと触れを出していました。

 

Civilization(明治時代の文明開化)

 

その為、若い世代は月代を剃らなくなり断髪してもハゲが目立つ事がなくなります。この辺りが断髪をする/しないの境目になったようです。

 

「富国強兵・文明開化」を目指した薩摩藩の藩主・島津斉彬の生涯
島津斉彬

 

関連記事

  1. 今週もお疲れ様でした 弥助

    おつかれさま

    今週もお疲れさま!今週は黒きサムライ弥助さんの労い

    今週も1週間お疲れ様でした。 今回のイラス…

  2. 今週もお疲れ様でした 前田慶次

    おつかれさま

    今週もお疲れさま!戦国時代に食べられた冬の名物

    ほのぼの日本史をご覧の皆さん今週もお仕事お…

  3. 今週もお疲れ 織田信長
  4. 今週もお疲れ 豊臣秀吉

    おつかれさま

    今週もお疲れさま!足軽時代から優秀だった豊臣秀吉

    ほのぼの日本史をご覧の皆さん、今週もお疲れ…

  5. 今週もお疲れ様でした 西郷隆盛

    おつかれさま

    今週もお疲れ様!西郷どんと自由民権運動

    ほのぼの日本史をご覧の皆さん、今週も1週間…

  6. 今週もお疲れ様でした お市の方

    おつかれさま

    今週もお疲れさま!たまにはまったりしませんか?

    ほのぼの日本史をご覧の皆さん 今週も一週間…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

“ほのぼの日本史Youtube"

 

“ながら日本史

音声コンテンツ(ながら日本史)

PAGE TOP