平安時代

上皇と天皇は対立関係ではなく補完関係だった!時代が必要とした院政とは?

幕末70-8_天皇(シルエット)

 

院政(いんせい)とは譲位した天皇が上皇(じょうこう)として引き続き政治の実権を握る政治体制です。天皇を操り裏から政治を支配するイメージがあり、現代政界でも総理大臣を裏で操る影の実力者を大御所(おおごしょ)とか院政を敷くと言ったりします。

 

しかし、最近の研究では、院政は必ずしも天皇と対立するものではなく、むしろ上皇と天皇は補完関係にあったとする説が一般的なのです。

 

白河、鳥羽、後白河、後鳥羽の上皇

京都御所

 

従来、上皇という地位は天皇を操り人形にして隠居した天皇が独裁権力を振るう、保守的でネガティブな存在として描かれてきました。上皇の院宣(いんぜん)(いん)(ちょう)下し文が大きな力を持ち、諸国の受領(ずりょう)任命にも力を振るい、治天(ちてん)(きみ)と呼ばれた白河上皇(しらかわじょうこう)

 

「この世でままならないモノは、賀茂川の水と双六(すごろく)山法師(やまほうし)」と語り、逆にそれら以外は思いのままだったと説明される事もあります。

 

その中で天皇は幼くして即位させられて上皇の操り人形となり、鳥羽(とば)崇徳(すとく)のように上皇に理不尽な仕打ちを受ける天皇の悲哀が強調されました。ところが実際の上皇は、天皇を一方的に(ないがし)ろにする存在ではなく、むしろ律令制に縛られ思い切った政治が出来ない天皇を補完する存在であったのです。

 

関連記事:源氏と平氏はいつ歴史にデビューしたの?

関連記事:【鉄と日本の二千年史】技術立国の先駆け鉄砲を大量産した日本

 

律令に縛られた天皇と自由な上皇

公家同士の会議(モブ)

 

平安後期の天皇は、完全に律令制(りつりょうせい)に縛られていました。最初は機能的だったであろう律令ですが、次第に慣例(かんれい)が固定化させていき社会の変化に対応できなくなっていたのです。

 

一方で上皇は新たに産み出された概念で律令制の外に存在しました。その為、上皇は自由な裁量で国内の問題に対処出来たのです。

 

もちろん、院政に対して当時から厳しい指摘をする人は存在しました。右大臣を務めた藤原宗忠(ふじわらのむねただ)は、日記「中右記(ちゅうゆうき)」で白河法皇の院政を

 

「法を無視し、思うまま叙位(じょい)を行い、男女とも特別に寵愛(ちょうあい)される事が多く天下の秩序を破る行為である」と嘆いてみせます。

 

騒いでいる公家

 

ただ、それは摂関家という律令制の枠内から行動が自由に見えた上皇を秩序を乱すと批判しているだけであり、国政の観点から行けばメリットもあったのです。

 

関連記事:天皇とは何?そもそも何で偉いの?

関連記事:【天皇は日本の国王】イエズス会から見た天皇は日本の真の支配者だった

 

【古代日本の誕生秘話】
大和朝廷

 

白河上皇の院政は必要に迫られたから

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

そもそも、治天の君として万能権力者のように思われた白河上皇は当初、院政を意図せず、隠居して息子の堀河天皇に全てを任すつもりでいました。

 

しかし、

 

1、白河上皇に天皇の地位を反故にされた後三条天皇の子、輔仁親王(すけひとしんのう)に反藤原と反白河勢力が結集し、若い堀河天皇(ほりかわてんのう)では対応を誤る危険があった。

 

2、当初は、ベテラン関白藤原帥通(ふじわらもろみち)が若い堀河天皇を支えていたが働き盛りで急死。後を継いだ藤原忠実(ふじわらのただざね)は22歳の若さで経験が足りず政治の舵取りが出来なかった。

 

3、各地で土地を巡る争いが増えたが、東大寺や興福寺のような寺院は強訴に訴えて、要求を押し通し若く信心深い堀河天皇や忠実では対応できない。

 

このような状態を受けて朝廷ではキャリアを積んだベテランの白河上皇に白羽の矢が立ち、それが院政という政治体制に繋がったわけで、白河天皇が意図して院政を敷いたというわけではありませんでした。

 

関連記事:和同開珎とは何?当時の価値は?古代日本を完成させた貨幣誕生の秘密

関連記事:はじめての平家物語1話「祇園精舎どこにある?」

 

上皇の政治スタッフ 院近臣

孝明天皇(怒っていない)ver

 

天皇に代わり、寺院の強訴や朝廷内の権力闘争を取り仕切る事になった上皇は、出自や家柄に関係なく、自分に近しい部下をヘッドハンティングしてスタッフに加えて膨大な行政問題の処理を命じます。こうして上皇のお気に入りになった人々を院近臣(いんのきんしん)と言いました。

 

院近臣の大半を占めたのは受領(ずりょう)と呼ばれた国司(こくし)で、彼らは上皇に接近して献金や寺院の建立、荘園(しょうえん)の寄進をする事で、上皇から官職を与えられたり、実入りが良い国司に再任されたりして権力を維持する事が出来ました。

 

こうした受領の中に伊勢平氏の平正盛(たいらのまさもり)平忠盛(たいらのただもり)もいて、次第に財力を蓄え保元・平治の乱を制し武士の時代を築いていく事になります。また、院近臣には一部、有能な実務官僚もいて才能はあるが、身分が低く律令体制では出世が望めない信西(しんぜい)のような人物が院政を支えていました。

 

何本も翻る軍旗と兵士(モブ)

 

但し、院近臣は律令制と違い上皇の寵愛のみが命綱なので、生き残る為に他の近臣との間で勢力争いが熾烈となり、平治の乱の一因ともなって武士の時代を招く呼び水になっていくのです。

 

関連記事:【歴史ミステリー】平家を滅亡に追い込んだ銭の病とは?

関連記事:大化の改新とは何?ホントにあった?なかった

 

上皇院政が日本政治を救った

悪党(鎌倉)

 

平安後期、律令的な国家運営が行き詰まり、公領と荘園が並立する荘園公領制への転換が進み、日本中の土地を切り分けて地域ごとに囲い込む動きが進みました。

 

こうして、土地や水利権、物流を巡る軋轢(あつれき)から武装化が進んだ武士が台頭した時代に、律令に縛られて身動きが取れない天皇に代わり、院近臣を積極的に登用し、人事や荘園の認可、紛争の裁定などに剛腕で対処したのが院政だったのです。

 

白河上皇は、地方権力者である受領から寺院や荘園の寄進を受け、巨大な富と権力を手にしましたが、それは受領たちが天皇よりも上皇が頼りになると考えたからであり、裏を返せば、彼らが納得できる裁定を上皇が下したという事でもあります。

 

独裁権力を持ち律令に関係なく、迅速に自分達の権利を保護してくれる上皇を受領は救世主として認識していましたし、天皇も補完的存在として消極的にせよ院政を認めていました。

 

もし上皇がなく院政が起きなければ、朝廷の政務は滞り武力解決を求めて紛争が続く事になり、平安末期の政治は、より救いがない悲惨な状態に落ちていった事でしょう。

 

関連記事:【素朴な疑問】さらし首の習慣はいつから生まれた?

関連記事:意外!平安京は未完成で終った残念な首都だった

 

どうして院政がネガティブイメージになったのか?

名古屋城

 

マイナス面はあれど、結果的に複数の権力並立状態を産み、中世を準備した院政がネガティブに捉えられるようになったのは、主に江戸時代の事でした。

 

新井白石(あらいはくせき)は「読史余論(どくしよろん)」で院政期を「末期的な社会の姿と言える」と批判し、儒教の名分論に基づき天皇ではない人物が天皇並の権力を持つ事を不適切としたのです。

 

やがて明治維新を迎えると天皇を中心とする考え方から、上皇が天皇を差し置いて権力を振るったネガティブな存在となり、それがつい最近まで尾を引いたというわけでした。

 

関連記事:リアルバッドシティ!治安が最悪な戦国の京都を紹介

関連記事:延暦寺や興福寺だけじゃない日本全国ヒャッハー僧兵を紹介

 

日本史ライターkawausoの独り言

朝まで三国志2017-77 kawauso

 

院政は従来言われてきたような、”天皇が出家して幼い息子に譲位し、律令の縛りがない状態で好き放題に政治を動かしたネガティブな政治体制”ではなく、律令の形骸化で増え続ける荘園問題に対処できなくなった天皇に代わり、上皇が自由な立場から荘園問題を解決した朝廷の補完的体制と考える事が出来るでしょう。

 

問題がないわけではありませんが、存在しなければ困るという必要悪が院政の正体だったと言えるかも知れません。

 

参考文献:ここまで変わった日本の歴史24の新説 中央公論新社

 

関連記事:太閤記で有名に?功績を盛られた堀尾吉晴の実際の能力はどの程度?

関連記事:平家は一日にして成らず苦労して成りあがった平家ヒストリー

関連記事:【サムライの祖】滝口武士は手のつけられない凶戦士ってホント?

 

【蒙古襲来から日本を救え!モンゴル帝国と戦った武士達】
元寇

 

 

関連記事

  1. 尚侍

    平安時代

    尚侍とは?平安時代のキャリアウーマン憧れの秘書課

    尚侍(しょうじ)とは奈良・平安中期頃まで機…

  2. 遣唐船
  3. 平清盛

    平安時代

    父・清盛と後白河法皇の軋轢に苦しむ『平重盛』

    平重盛は1138年清盛の長男として誕生しま…

  4. 蒙古兵を弓矢で追い払う鎌倉武士

    平安時代

    河内源氏が東国武士の棟梁になった切っ掛けは?

    源平合戦(げんぺいかっせん)として知られる…

  5. book-Suikoden(水滸伝-書類)

    平安時代

    今昔物語とは?平安・鎌倉の人々のリアルな生と願望の記録

    今昔物語は今から900年ほど前の平安末期に…

  6. 公家同士の会議

    平安時代

    まろの頂点!藤原氏が日本を支配していくまでを徹底解説してみた!

    日本の貴族の頂点といえば、それは藤原氏でし…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

“ほのぼの日本史Youtube"

 

“ながら日本史

音声コンテンツ(ながら日本史)

PAGE TOP