源範頼(蒲殿)が頼朝に出した起請文には何が書かれていたの?【鎌倉殿の13人】


義仲討伐の総大将に抜擢された源範頼

 

NHK大河ドラマ鎌倉殿の13人第24話「変わらぬ人」では、頼朝が暗殺されたと早合点して二代目の鎌倉殿を名乗ろうとしたとした範頼(のりより)蒲殿(かばどの))が謀反の疑いをかけられる事になります。

 

猜疑心が芽生える源頼朝

 

すでに猜疑心(さいぎしん)の塊になっている頼朝に対し、範頼は起請文(きしょうもん)を書いて、潔白を証明しようとしますが、そもそも起請文とは何なのでしょうか?

 

 

 

神仏を保証人にする起請文

水滸伝って何? 書類や本

 

起請文とは、現在の誓約書や契約書の事です。文書で取り決めを残して、取り決めを破った場合には契約の解除や違約金の発生、ケースによっては法的措置を取られる事を取り決めたりします。

 

ただ、鎌倉時代の起請文と現在の違いは、契約を破った時に法的にうんぬんではなく、自分が信仰する神仏の罰が当たってもよいとした点で、立ち会い人は法律ではなく神や仏である点が違います。

 

上杉謙信が信仰した毘沙門天(神話)

 

鎌倉時代の人々は非常に信心深く、常日頃から神仏に願をかけ、本当に罰が存在すると信じていたので起請文にも一定の拘束力があったのです。

 

関連記事:湯起請とは何?熱湯風呂の百倍過激な審判方法

 

はじめての平安時代

 

 

蒲殿の起請文の内容とは?

報連相をしっかりとしていた源範頼

 

では、範頼の書いた起請文はどんな内容なのでしょうか?

 

大河では全文が読まれる事はないと思うので、吾妻鏡に掲載された起請文を、現代文に直して紹介しましょう。

 

謹んでここに誓いを立てます。

起請文について

 

私は鎌倉殿の代官として、度々戦場へ向かいました。朝廷の敵を平定し忠義を尽くし、一度たりとも二心を抱いたことはありません。

堅実な戦いを続ける源範頼

 

 

鎌倉殿のみならず、鎌倉殿の子々孫々将来に至るまで忠義を全うしたいと考えています。私が鎌倉殿の御心(みこころ)に従い、忠義を尽くしてきた事は、鎌倉殿から受けた激励の手紙にも書いてあり、それらは文箱(ふばこ)の底に大事に仕舞ってあります。

 

私は、鎌倉殿の信任を得ていると嬉しく思い、殊更(ことさら)に忠義、忠義と口にせず胸の内に仕舞って懸命に仕えてまいりました。

 

源頼朝に信頼される源範頼

 

それが、今になって、突然に私の忠義をお疑いになられたと聞き、哀しく空しい思いで一杯で御座います。私は、今もこれからも決して鎌倉殿の忠義に叛かぬよう、この起請文を子孫にも伝え不心得者が出ないように致します。

 

部下に手柄を立てさせる源範頼

 

万が一、この起請文に嘘偽りがあったのであれば、上界は梵天(ぼんてん)帝釈天(たいしゃくてん)、下界では春日大社(かすがたいしゃ)、伊勢神宮、賀茂神社(かもじんじゃ)、源氏の御祭神である正八幡大菩薩(しょうはちまんだいぼさつ)の神罰が私に下っても構いません。

 

ここに謹んで起請文をお納めします。

 

建久四年 八月 参(三)河守源範頼(みかわのかみ・みなもとの・のりより)

 

関連記事:毛利元就のストレス解消法は愚痴を手紙に書く事だった!

 

はじめての鎌倉時代

 

 

起請文に難癖をつける大江広元

源頼朝に重宝された大江広元

 

どうやら範頼が謀反を企んだ証拠はなかったようです。困った大江広元は、範頼が起請文の最後に三河守源範頼と書いた事を批判しました。

 

源姓(げんせい)は河内源氏棟梁(とうりょう)、頼朝様の血族のみが名乗れるのであって、御家人の1人に過ぎない範頼が名乗るのは自惚(うぬぼ)れが過ぎる。全然謙虚じゃない!野心が満ち満ちているので、起請文の内容もどうせ嘘なのだろうと難癖(なんくせ)をつけたのです。

 

この難癖に対し、大夫属重能(だいふのぞくしげよし)と言う人を呼んで範頼が無礼である旨を伝えると、重能は

 

源義朝 鎌倉殿の13人

 

「それはオカシイ、範頼様は源義朝公の御子息であり、頼朝公の弟で源の姓を使う事は差支えありません。そもそも範頼様に九州平定を任せた時、鎌倉殿みずから、私の舎弟である三河守源範頼が朝敵追討に向かいますと朝廷にも文書を出しています。

 

範頼様は前例にならったのであり、自分勝手に源範頼と署名したのではありません」と反論。

 

行政事務の全般を取り仕切った大江広元

 

全くの正論で、広元は何も言い返せず、鎌倉殿の意向はそうなのだから、お前は黙って範頼に伝えよと命じて、引っ込んでしまいました。この一連の経緯を見ても、範頼に謀反の考えはなく頼朝が自分の死後を考え、頼家の為に、範頼を排除したと考える方が自然です。

 

源頼朝は源範頼を伊豆に流罪させる

 

範頼は無期限で伊豆に流され、後に殺されたと伝わります。

 

関連記事:吾妻鏡とは?鎌倉幕府の公式歴史書はあとづけで書かれたものだった!【鎌倉殿の13人】

 

源頼朝

 

 

起請文に使用された熊野牛王符

蚩尤(神)

 

起請文は鎌倉時代以後も、契約書の性質を帯びて使われ続けますが、鎌倉中期には、熊野三山から発行されている神札、熊野牛王符(くまのごおうふ)の裏に起請文を書くようになります。

 

熊野牛王符は、本来お札で効能は火災を止めたり、病気を治したり、泥棒除けや酔い止めなど何でもありなんですが、この熊野牛王符の効能が契約の効力も保障すると考えられ、戦国時代に入るとより一般的になります。

 

討死する坂東武士(モブ)

 

熊野牛王符で誓った約束をやぶると、熊野のカラスが一羽死に、その後、誓いを破った人も血を吐いて死んで地獄に落ちると信じられていました。そのリアリティある不気味な描写に信憑性を感じたのか、熊野牛王符起請文は大いに流行します。

 

寿命で亡くなる豊臣秀吉

 

有名なケースでは、豊臣秀吉が死に臨んで五大老を集めて、必ず秀頼を支えるとする血判状を取っていますが、あの血判状も熊野牛王符なのだそうです。

 

関連記事:豊臣秀吉の晩年の奇行はウェルニッケ脳症の後遺症だった?

 

鎌倉殿の13人

 

 

日本史ライターkawausoの独り言

朝まで三国志2017-77 kawauso

 

今回は、蒲殿、源範頼が頼朝に出した起請文について解説しました。神仏に誓って書いた事に嘘はないと証明する起請文ですが、猜疑心に憑りつかれた頼朝には効果がなく、範頼は失脚し義経と同じような最期を辿る事になります。

法力を持つと自称していた阿野全成

 

やはり有能だと頼朝の猜疑は免れないので、全成殿(ぜんじょうどの)くらいの中途半端が丁度よいですね。

 

関連記事:阿野全成とはどんな人?本当に占いで頼朝に仕えた人物なのか?【鎌倉殿の13人】

 

ほのぼの日本史Youtubeチャンネル

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カワウソ編集長

カワウソ編集長

日本史というと中国史や世界史よりチマチマして敵味方が激しく入れ替わるのでとっつきにくいですが、どうしてそうなったか?ポイントをつかむと驚くほどにスイスイと内容が入ってきます、そんなポイントを皆さんにお伝えしますね。日本史を勉強すると、今の政治まで見えてきますよ。
【好きな歴史人物】
勝海舟、西郷隆盛、織田信長

-鎌倉時代
-,