【戦国マメ知識】一貫とはどういう意味?

29/06/2022


money(お金・宋銭)

 

戦国時代や江戸時代の通貨単位には一貫があります。その由来はなんであるかご存知ですか?この貫というのは、貫くという意味があります。では、一体、何を貫くのか?それは銅銭なんですね。

 

戦国時代には銅銭の真ん中に空いている四角い穴に紐を通して1000枚ごとに括りつけ一塊にしていました。つまり、銅銭千枚が一貫なのです。なんで銅銭をわざわざ千枚ずつ紐で括る必要があったのでしょうか?

 

それは、当時は紙幣などはなく、すべての支払いが銅銭1種類でなされていたからです。銅銭一枚の価値は諸説ありますが、現在の百円から三百円程度でそんなに高い価値ではありません。現在でも、もし通貨が100円玉しかなかったら毎日、百円玉を数百枚持ち歩く事になりかなりしんどいですよね?

 

戦国時代も同じで、高額の取引をする商人は銅銭を一枚、一枚、数えている暇が惜しいので銅銭を千枚束にして一貫と数えて商売の手間を省いていたのです。ちなみに一貫の価値は諸説ありますが、現在価格で12万円ほどです。当時は1貫あれば、成人男性が2年間食べていける300㎏の米が買えました。庶民にとっては大金といえるでしょうね。

 

 

こちらもCHECK

武田信玄
江戸時代の肥溜めの値段はなんとペットボトル飲料の3倍だった!?

続きを見る

 

はじめての明治時代

 

ほのぼの日本史Youtubeチャンネル

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カワウソ編集長

カワウソ編集長

日本史というと中国史や世界史よりチマチマして敵味方が激しく入れ替わるのでとっつきにくいですが、どうしてそうなったか?ポイントをつかむと驚くほどにスイスイと内容が入ってきます、そんなポイントを皆さんにお伝えしますね。日本史を勉強すると、今の政治まで見えてきますよ。
【好きな歴史人物】
勝海舟、西郷隆盛、織田信長

-戦国時代, 雑学(戦国時代)