なんで出家すると助命されるの?【戦国史プチ雑学】


尼寺に放り込まれる武則天(坊主・女性)

 

鎌倉時代や戦国時代の映画やドラマでは敵対者が出家する事で助命される事がよくあります。しかし、よく考えると頭を丸めたくらいの事で、なんで警戒心を解くのか不思議でもありますよね?

 

book-Suikoden(水滸伝-書類)

 

この辺の事を詳しく書いている書籍にはなかなか出くわさないのですが、色々な事を考えてみると当時は出家すると財産権が放棄され婚姻関係も白紙に戻ったようです。全く無一文の独身状態になり人生がリセットされるんですね。こうなると、いざ再起できるチャンスがあっても当然、自分に財産がないので人に頼るしかありません。

 

常に北条家に監視される源頼朝

 

人に頼るという事は手紙なりなんなりを出して人を出家先に近づけないといけないわけです。ならば、敵対勢力を出家させた側は、寺に監視役を置いてその行動を逐一監視していれば監視人が買収でもされない限り、かなりの確率で再起を阻止できるわけです。

 

伊豆へ島送りの刑となる源頼朝

 

鎌倉殿の13人でも頼朝は出家はしなかったものの最初流人で、自分の財産も郎党もなく蜂起にあたっては、縁戚の北条氏を第一に頼るしかありませんでした。この再起に向けて人の手を借りないといけないというのは、かなり致命的でそれゆえに出家が事実上、敵対者の政治生命を絶つ手法として受け入れられ助命が認められたとかわぽんは考えています。

 

関連記事:武衛とはどういう意味?頼朝をいい気分にさせた官職の正体

関連記事:源頼朝はなぜ鎌倉に幕府を開いたのか?その理由をズバリ解説

 

ほのぼの日本史Youtubeチャンネル

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カワウソ編集長

カワウソ編集長

日本史というと中国史や世界史よりチマチマして敵味方が激しく入れ替わるのでとっつきにくいですが、どうしてそうなったか?ポイントをつかむと驚くほどにスイスイと内容が入ってきます、そんなポイントを皆さんにお伝えしますね。日本史を勉強すると、今の政治まで見えてきますよ。
【好きな歴史人物】
勝海舟、西郷隆盛、織田信長

-雑学(戦国時代)