江戸時代

江戸時代の不倫の示談金は?【ミニコラム】

大久保満寿子(女性)

 

江戸時代は儒学の全盛期もあって姦通は人倫に悖る罪として不義密通を目撃した夫は妻と不倫相手の男を殺しても構わないと殺人を容認するような厳しい内容でした。しかし、実際には不倫は無数に起きていてこれらを一々死刑にしていたらキリがないので死刑から労役刑に罪が軽減されたりしています。

 

また不倫した、不倫されたの外聞の悪さから事を荒立てずに示談に持ち込むケースが圧倒的に多くこれらは奉行所を経由せずに内済と呼ばれていました。示談金の相場も大判一枚(7両二分)になります。これは現在価格で45万円位でした。

 

安い示談金ではありませんが、それでも、死刑にされたり労役刑を受けるくらいなら45万円位支払うかという人は多かったでしょうね。

 

出典:

日本人なら知っておきたい 江戸の庶民の朝から晩まで KAWADE夢文庫

 

関連記事:農民の憤慨でトイレが溢れる?大江戸珍事件

関連記事:武家のリサイクルショップ【江戸の雑学コラム】

 

【複雑な歴史もわかる日本史】
ほのぼの日本史Youtubeチャンネル

 

 

関連記事

  1. bakumatu-Close-politics(幕末の密室政治)密談
  2. Edo-Castle(江戸城)

    江戸時代

    江戸幕府を滅ぼした原因は尊王攘夷ではなく米だった

    日本史の授業では必ず習う江戸幕府の崩壊、多…

  3. 大久保満寿子(女性)

    江戸時代

    江戸の茶屋娘とは?元祖会いにいける江戸時代のアイドル

    江戸時代、農村では独立農家が増加し男女の結…

  4. bakumatu-Close-politics(幕末の密室政治)密談
  5. 刀剣マニアな坂本龍馬

    江戸時代

    武家のリサイクルショップ【江戸の雑学コラム】

    江戸時代が使えるモノは完全に仕えなくなるま…

  6. にぎわう市(楽市・楽座)

    江戸時代

    江戸時代にも水道料金があった【ミニコラム】

    江戸時代といえば、江戸には上水がありキレイ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

“ほのぼの日本史Youtube"

 

“ながら日本史

音声コンテンツ(ながら日本史)

PAGE TOP