今週もお疲れ様!伊達政宗が手作り料理を振る舞っていた理由

14/05/2021


今週もお疲れ様でした 伊達政宗

 

ほのぼの日本史をご覧の皆さん。今週もお疲れ様でした。今回のお疲れキャラは伊達政宗です。

 

伊達政宗 

 

この伊達政宗、自身も料理をしたそうです。その理由というのが面白く料理が好きだからというだけではなく「客をもてなす料理を人任せにして万が一、食あたりでも起こされたらおもてなしも何もあったものではない。

 

それを防ぐには、自分で料理して味見をし安全かどうか確認するのが一番」というような事を言っています。確かに自分で料理すれば細心の注意を払って食あたりをふせげるような気がします。そんな政宗は、家康にも秀忠にも、家光にも豪華な手料理を振る舞っていて、天下人の警戒心を解くのにも料理が一役買っているようです。

 

 

はじめての戦国時代

 

三国同盟を潰したあの男

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カワウソ編集長

カワウソ編集長

日本史というと中国史や世界史よりチマチマして敵味方が激しく入れ替わるのでとっつきにくいですが、どうしてそうなったか?ポイントをつかむと驚くほどにスイスイと内容が入ってきます、そんなポイントを皆さんにお伝えしますね。日本史を勉強すると、今の政治まで見えてきますよ。
【好きな歴史人物】
勝海舟、西郷隆盛、織田信長

-おつかれさま