今週もお疲れさま!物売りに扮する宴会芸が持ちネタだった家康

12/12/2020


今週もお疲れ 徳川家康

 

ほのぼの日本史をご覧の皆さん、 今週もお疲れ様でした。

 

今回は家康さんが晩御飯を造っているイラストです。さて、弱小とはいえ歴とした武家に生まれた家康ですが家柄に似合わず、物売りに扮する宴会芸が持ちネタだったようです。

 

晩年奇行が多い豊臣秀吉

 

太閤記の記述によると文禄3年(1594年)6月朝鮮出兵の前線基地名護屋城にいた秀吉は退屈しのぎに瓜畑で仮装大会を思いつきます。 ここで秀吉は瓜売りに扮し、家康は籠やザル売りに扮したそうです。

 

この仮装大会の評価ポイントはいかにうまく仮装できるかに加えて売り口上の見事さにありました。秀吉は 「味よし瓜めされ候え」と本当の瓜売りそっくりに配下の戦国大名に声をかけたそうです。

 

おそらく家康も本物の籠売りのように声を張り上げて売り口上を謳った事でしょう。農民上がりの秀吉の意を汲むように物売りの口上を練習した家康のしたたかさが見える逸話です。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カワウソ編集長

カワウソ編集長

日本史というと中国史や世界史よりチマチマして敵味方が激しく入れ替わるのでとっつきにくいですが、どうしてそうなったか?ポイントをつかむと驚くほどにスイスイと内容が入ってきます、そんなポイントを皆さんにお伝えしますね。日本史を勉強すると、今の政治まで見えてきますよ。
【好きな歴史人物】
勝海舟、西郷隆盛、織田信長

-おつかれさま