広告

武田勝頼は家康に長篠城を奪われて覚醒し強敵となった【どうする家康】

06/06/2023


 

コメントできるようになりました 織田信長

軍議

 

武田信玄より甲州軍団を継承した武田勝頼。しかしいかに天才勝頼でも家督を継いだ当初は信玄以来の重臣を思うようにコントロールできず長篠城を家康に奪われ、織田信長にも武田オワタwwと馬鹿にされるレベルでした。ところが長篠城を奪われる屈辱を経験した事で勝頼は逆に覚醒。瞬く間に勢いを盛り返し家康の強敵として返り咲いたのです。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

姉妹メディア「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

yuki tabata(田畑 雄貴)おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、姉妹メディア「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 ほのぼの日本史レポート引用について



信玄死後連敗が続く勝頼

武田信玄死去

 

信玄の死後、武田家の家督を継ぐ勝頼ですが、信玄の死を3年間秘密にする事は出来ず、徳川家康の反攻が開始されました。天正元年(1573年)5月、信玄が死去してから1ヶ月も経過しない間に家康は駿府を攻撃しさらに遠江の井伊谷(いいのや)に攻め込みます。この時、武田軍の動きがあまりに鈍い事から家康は信玄の死を確信したようです。

 

 

秀吉亡き後、野望を持ち始めた徳川家康

 

 

家康はチャンスを逃さず、元亀2年(1571年)7月、信玄の三河侵攻で奪われた長篠城奪還に動きました。これに対し武田勝頼は山県昌景や穴山信君(あなやまのぶただ)などを援軍に送りますが9月には、長篠城主菅沼正貞(すがぬま・まささだ)が城を明け渡します。家康は武田が長篠城を奪還する事を想定し、城主を娘婿の奥平信昌(おくだいらのぶまさ)に変更し500の兵で厳重に守りました。

 

こちらもCHECK

奥平信昌
奥平信昌とはどんな人?家康の長女亀姫が嫁いだ長篠の戦いの功労者

続きを見る

 

どうする家康

 

 

 

長篠城を奪われ勝頼が覚醒する

大軍を率いて攻める武田勝頼

 

信玄の時代に比較すると信じられない堕落ぶりに誰よりも愕然とし苦悩したのが武田勝頼でした。しかし著しくプライドを傷つけられた事で勝頼も吹っ切れます。結局、親父を追っても仕方がない、俺は俺のやり方でやると決意したのです。

天正2年(1574年)になると勝頼は美濃へ侵攻して明智城を攻略、5月には勝頼自身が遠江に進撃します。狙いは父信玄も落城できなかった堅牢な高天神城でした。勝頼は20000の大軍で城に猛攻を掛け、結果二ノ丸が落城しました。

 

第三次信長包囲網 織田信長、石山本願寺、武田勝頼、毛利輝元、上杉謙信

 

 

城主である小笠原氏助(おがさわらうじすけ)は織田と徳川の援軍を期待していましたが、当時家康には割ける兵士が8000しかなくやむなく信長に援軍を求めます。ところが信長は各地で蜂起した一向一揆の対処のため割ける兵力がありませんでした。絶望した小笠原氏助はついに降伏を決意し高天神城は開城します。信玄でも陥落させられなかった難攻不落の高天神城を落城させたことで勝頼の武勇は天下に轟いたのです。

 

こちらもCHECK

歩き巫女の千代(望月千代女)
歩き巫女・千代は実在した!【どうする家康】

続きを見る

 

織田信長スペシャル

 

 

 

織田信長が勝頼を見直す

織田信長

 

 

高天神城の陥落を聴いた信長は援軍に向かう事を止めて吉田城に引き返します。そして、武田オワタwwの評価を一変させ、上杉謙信に対し四郎勝頼は信玄の兵法を受け継いで、兵法の表と裏を心得た油断ならない強敵であると書状に記したのです。

 

こちらもCHECK

藤原詮子 女性 平安時代
藤原詮子の生涯とは?皇子を産みながら后になれず、史上初の女院になった道長の姉

続きを見る

 

上杉謙信特集

 

 

 

運命の長篠の戦いが始まる

武田勝頼

 

 

武田勝頼が次に狙うのは、自分のプライドが粉々に砕かれた、あの長篠城でした。家康に成す術なく奪われた長篠城を奪い返す事で勝頼は威信を取り戻し、信玄に匹敵する戦国の名将になれるという事です。

 

勝頼は15000の大軍で、家康の娘婿、奥平信昌が守る500名の長篠城を包囲します。しかし、その頃には織田軍と一向一揆との戦いも一段落し、本腰を入れた信長は30000もの兵力を集めて岡崎城に入っていました。こうして、徳川と織田の連合軍38000は長篠に向かって進軍し、武田家の運命を暗転させた長篠の戦いが幕を明けたのです。

 

こちらもCHECK

織田信長が恐ろしすぎる徳川家康
織田信長は家康に本当にパワハラまがいの事をしたの?【どうする家康】

続きを見る

 

武田信玄

 

 

日本史ライターkawausoの独り言

kawauso

 

 

長篠の戦いにおける勝頼による鉄砲隊への騎兵と足軽の突撃は時代錯誤として批判されますが、当時の常識では鉄砲隊に対して槍を構えた足軽と騎兵を突入させる事は普通であり、なんら非難される戦術ではなかったようです。

 

ただ、この時武田軍は左翼と右翼が精強である一方で親類や一門が陣取る中央が弱く、勝頼の命令を無視して敗走。それにより右翼と左翼が孤立して鉄砲の集中攻撃を受けて大敗したという説もあります。これが事実なら勝頼は戦術眼も戦略眼も悪くないものの、部下の信頼を勝ち得る事には失敗していたという事かも知れません。

 

こちらもCHECK

singen-takeda(武田信玄)
武田信玄存命なら長篠の敗戦は無かった?その地味で重要な理由とは?

続きを見る

 

はじめての戦国時代

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カワウソ編集長

カワウソ編集長

日本史というと中国史や世界史よりチマチマして敵味方が激しく入れ替わるのでとっつきにくいですが、どうしてそうなったか?ポイントをつかむと驚くほどにスイスイと内容が入ってきます、そんなポイントを皆さんにお伝えしますね。日本史を勉強すると、今の政治まで見えてきますよ。
【好きな歴史人物】
勝海舟、西郷隆盛、織田信長

-武田家(戦国)
-,