武田家(戦国)

武田信玄存命なら長篠の敗戦は無かった?その地味で重要な理由とは?

singen-takeda(武田信玄)

 

甲斐(かい)の虎武田信玄(たけだしんげん)元亀(げんき)4年(1573年)上洛途中に病死した信玄ですが、もし、もう少し存命していれば、上洛は果たせなくても長篠(ながしの)の敗戦は無かったと考えられているそうです。それは一体どういう事なのか?今回は武器が語る日本史を参考に考察してみます。

 

信玄存命なら長篠の敗戦は無かった?ザックリ

武田信玄が作った甲陽軍鑑

 

では、最初に今回の記事の内容をザックリ説明します。

 

1 甲陽軍鑑(こうようぐんかん)では、武田信玄は戦場の情報収集を重視したと記録される
2 甲陽軍鑑によれば長篠の戦場に木柵がある事を武田の将兵は知らなかった
3 武田の旧臣は木柵をネバマと呼んでインチキだと非難している
4 武田の騎馬は長篠の木柵に突撃せず将兵は徒歩で立ち向かった
5 当時は一番槍が戦果の主流。しかし木柵がある為に
敵を討っても首が取れず、武田将兵の士気は急速に低下した。
6 木柵は徳川家康の一か八かのギャンブルだった。

 

自らの死を秘密にした武田信玄

 

ここからは、より詳しく記事について解説しましょう。

 

関連記事:織田信長と武田信玄が戦争になったのは徳川家康のせいだった!

関連記事:武田信玄とはどんな人?天下人信長・家康を震わす甲斐の虎

 

甲陽軍鑑が示す信玄の強さ

武田信玄

 

武田家の歴史を語る上での史料に甲陽軍鑑があります。内容としては武田勝頼時代になって冷遇された信玄の旧家臣団の戦場での自慢話ですが、この中には信玄の強さの由縁と、どうして武田軍が長篠で敗れたのか?その敗因が書かれているというのです。

 

では、甲陽軍鑑より信玄の強さについて言及した部分を抜き書きします。

 

軍議(日本史)モブb

 


 

総じて、信玄公は合戦の前には戦場となる土地の絵図を前に各侍大将の担当区域や地形が険しいエリアを部将たちと確認していた。小荷駄隊(こにだたい)に到るまで、その確認は周知徹底したものだった。

 

また、信玄公は退却ルートを必ず確保してから合戦に臨んだ。例えば、遠征先の戦場で敵城を包囲して敵の援軍が出現したので、やむなく包囲を解いて退却するなど無駄な事が起きないように根回しと地ならしをしたものだ。

 


 

関連記事:武田信繁(たけだのぶしげ)とはどんな人?武田信玄の片腕と呼ばれた名将

関連記事:【センゴク】新事実かも!武田滅亡の原因は信玄のせいだった?

 

【無敵の騎馬隊を率いて天下を夢見た武田信玄の生涯】
武田信玄

 

信玄の強さは基本を守る事だった

kawauso

 

甲陽軍鑑の記述を読むと、信玄が合戦の基本を守る人だった事が分かります。

 

戦場の地形を部下と入念に確認し、退却の時を考えて逃げるルートを確保しておく。こんなのは当たり前に感じますが、当時、これを徹底して守る総大将というのは、そこまで多くなかったのでしょう。

 

昔も今も基本的な事は軽んじられて守られなくなり、悲惨な失敗に繋がるというのは、何度となく私達も目にしている事です。

 

関連記事:山県昌景(やまがたまさかげ)とはどんな人?武田家四名臣の一人・赤備えを率いた戦国武将

関連記事:馬場信春(ばばのぶはる)とはどんな人?鬼と呼ばれた武田四名臣の一人

 

基本を怠った武田勝頼

武田勝頼

 

さて、甲陽軍鑑によれば、長篠の敗戦は、そんな基本事項が守られなかった為に起きたとされています。その部分の説明を読んでみましょう。

 


 

過ぎた長篠の合戦では敵が柵を設置している事をこちらは知らなかった。敵は()におけるネバマ(石隠し)をして勝ったのだ。我々は頑丈な三重の柵がある事を見落としていた。あの柵さえなければ勝利していた。

 


 

 

長篠の戦い(鉄砲一斉射撃)

 

このように信玄時代と違い、武田軍は長篠の戦場をろくろく調べていなかった事が甲陽軍鑑の記述から浮かび上がります。

 

関連記事:武田勝頼の自信を信長・家康連合軍に打ち砕かれた長篠の戦い

関連記事:父・信玄を超えるために武田勝頼が行った政策って何?

 

碁のルールについて

忙しい方にざっくり解答03 kawausoさん

 

ここで碁のルールについて少し解説しますと、碁では相手の碁石の四方を囲むと、その石を取る事が出来ます。これを「アゲハマ」と言い碁笥(ごけ)(碁石入れ)の蓋上に置いておきます。取った石は碁が終了すると敵の陣地に置き目の数を減らす事に使用できます。

 

碁は石で囲ったエリアの目を競い、より多く目を獲得した人が勝つ陣取りゲームですが、アゲハマの石はちゃんと相手に見えるように置いておく必要があります。ネバマはそれを相手に隠して見せないようにする方法でルール違反なのです。

 

朝まで三国志201 観客2 モブでブーイング

 

つまり、甲陽軍鑑の中で武田の旧臣たちは、徳川と織田はズルして勝った。あんなのはインチキだと自己弁護している事になりますね。

 

関連記事:どうして戦国大名は戦争ばかりしていたの?天下統一はする気は全くなかった?

関連記事:武田二十四将とはどんな人?武田信玄の武将たちを紹介

 

鉄砲以上の脅威だった木柵

 

長篠合戦というと、鉄砲の威力が取り沙汰されがちですが、実際には木柵も脅威でした。徳川家康は木柵の存在を極秘にし長篠の窪地(くぼち)に設置して、上手く周囲の風景に埋没するように設置していたというのです。

 

それでも、相手が信玄であれば慎重に戦場を確認して木柵の存在を見抜き戦術を変えてきたでしょうが、勝頼時代の武田家はそれを怠ったと甲陽軍鑑の記述からは読み解く事が出来ます。

 

関連記事:戦国の城はどの程度で完成したの?戦国時代の素朴な疑問

関連記事:【ちょい引く】武田信玄の遺言は前半、果てしない自慢話だった!

 

武田騎馬軍団は木柵に突撃していない

武田騎馬軍団 馬場信春

 

武田騎馬軍団のイメージから、長篠合戦では騎馬隊が次々と木柵に突撃して鉄砲の一斉射撃に敗れたとされてきましたが、これは誤りであるようです。

 

武田においての馬は機動力を活かす手段であり、戦場に到着すると下馬して馬を従者に預け武者は徒歩で槍を片手に戦うのが主流になっていました。騎乗して合戦に参加する部将もいましたが、それは号令をかけて指揮する役割であり、そのまま木柵に突撃するわけではありませんでした。

 

関連記事:武田騎馬軍団の強さの秘密!どうして武田では騎馬が有名になったのか?

関連記事:信長公記とは何?どんな事が書いてある?

 

敵兵の首が取れず士気を喪失する武田軍

戦国時代の合戦シーン(兵士モブ用)

 

武田家では騎乗して槍を奮う事は奨励(しょうれい)されず、騎乗して戦う事は士気の鼓舞に繋がらないとされ、武士は徒歩で槍を片手に一番槍を狙うものとされました。

 

つまり、徳川・織田連合軍の木柵に取りすがったのは足軽や徒歩の武者が多かったわけですが、武田の将兵が勇気を奮い木柵に取りついて敵を殺しても、柵に邪魔されて首を取る事が出来なかったのです。

 

当時は鉄砲足軽ですら狙撃して殺した敵の首を取る為に小者を従えていて、狙撃に成功した途端、小者が猟犬のように走り出し敵の首級を取って戻って来たそうでドリフターズの島津豊久(しまづとよひさ)ばりに首が重視されていました。そのため、首が取れないというのは、士気に深刻な影響を及ぼしたのです。

 

関連記事:小牧・長久手の戦いはどうして起きた?秀吉VS家康!2人の天下人が激突

関連記事:金ヶ崎の退き口の呼び水?ミスター傀儡武田元明を解説

 

木柵が武田軍の士気を奪う

敗北し倒れている兵士達a(モブ)

 

おまけに木柵は長い柵がひとつあるというわけではなく、隙間を空けて短い柵が互い違いに配置され、敵兵が一直線に進む事が出来ないように工夫されていました。これで勢いを削がれた武田の将兵は木柵の隙間から突破しようとし、逆に前後左右の木柵から挟撃されて立往生する事になります。

 

かくして木柵に悪戦苦闘している間に、柵の向こうで新たな鉄砲隊が配備され一斉射撃が始まり、やっと木柵に取りすがった武田の将兵が薙ぎ払われます。この繰り返しでは、いかに一番槍を目指しても不毛なので、武田軍の士気は低下し、やがて潰走するという運びになったのです。

 

関連記事:【日本史の嘘】長篠の合戦は鉄砲三段撃ちのワンサイドゲームでは無かった?

関連記事:授業や教科書では教えてくれない長篠の戦いをセンゴクから見てみよう

 

長篠合戦は一か八かのギャンブル

野望を持ち始めた徳川家康

 

興味深いのは、長篠合戦以後、木柵を多用した戦いは起きていないという事です。これは徳川家康が、木柵作戦を一か八かのギャンブルと考えていた事の表れで成功したから良いようなものの、こんな策は二度と通用するものではないと考えて、木柵を封印したのかも知れません。

 

最初に武田勝頼が長篠の戦場を入念に調べていて、木柵の存在に気がついていたら、長篠合戦は、ワンサイドゲームになる事はなかったでしょう。

 

関連記事:長篠の戦いで鉄砲の命中率が上昇した理由

関連記事:明智光秀は長篠の戦いの功労者だった!光秀の戦術眼と功績を紹介

 

日本史ライターkawausoの独り言

朝まで三国志2017-77 kawauso

 

私達は名将というと、頭脳明晰で天才的な(ひらめ)きを持つ人物と思いがちです。

 

もちろん、そういう人もいたのでしょうが長期間勝ち続けるのには、それだけでは不足で、むしろ合戦の基本中の基本を慢心せずに入念に実践する人こそが最後まで勝ち続ける名将と呼ばれたのではないでしょうか?

 

最後に私が好きな武田信玄の格言を紹介します。

 

武田信玄死去

 

”あと、一押しこそ慎重なれ”

 

参考文献:武器が語る日本史 徳間書店

 

関連記事:武田騎馬隊は竜騎兵と化していた?その臨機応変な対応の理由とは?

関連記事:長篠の戦い以前に鉄砲が大量に使われた戦いがあった!

関連記事:長篠の戦いの勝敗を決したのは鉄砲の数ではなく鉛と硝石だった

 

【教科書では読めない裏話満載の戦国時代特集】
はじめての戦国時代

 

 

関連記事

  1. singen-takeda(武田信玄)

    戦国時代

    武田水軍とは何?お山の信玄が組織した水軍の真実

    武田信玄(たけだしんげん)といえば、武田騎…

  2. 実はヒャッハーな武田信玄

    戦国時代

    衝撃!武田信玄は略奪でヒャッハーする為に選ばれた!

    甲斐の虎、武田信玄(たけだしんげん)、彼は…

  3. 武田信玄が作った甲陽軍鑑
  4. 武田四天王の一人・高坂昌信

    武田家(戦国)

    高坂昌信はどんな人?実直な「逃げ弾正」の生涯

    高坂昌信(こうさかまさのぶ)/春日虎綱は、…

  5. 武田信玄 vs 上杉謙信

    上杉家(戦国)

    信玄が上杉謙信と戦った動機は日本海だった?

    戦国時代でも屈指の名勝負と言われる川中島(…

  6. 軍議

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

“ほのぼの日本史Youtube"

 

“ながら日本史

音声コンテンツ(ながら日本史)

PAGE TOP