広告

藤原兼家とはどんな人?道長の父が兄と繰り広げた壮絶な権力争い


 

コメントできるようになりました 織田信長

 

藤原兼家 平安時代

 

 

NHK大河ドラマ「光る君へ」において天皇に毒を盛ったり、次男道兼の殺人をもみ消したりとダーティーな事をしているのが藤原兼家です。ダークな印象の兼家ですが汚れ仕事を辞さない態度のお陰でライバルを押しのけ、一条天皇の外戚となって息子の道長に権力を継承した面もあります。今回は道長のパパ藤原兼家の人生を解説しましょう。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

姉妹メディア「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

yuki tabata(田畑 雄貴)おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、姉妹メディア「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 ほのぼの日本史レポート引用について



延長2年(929年)藤原師輔三男として誕生

Changan(長安)

 

 

藤原兼家は、延長2年(929年)右大臣藤原師輔(ふじわらのもろすけ)の三男として誕生しました。父の師輔は藤原北家九条流(ほっけくじょうりゅう)の次男でしたが、村上天皇に嫁いだ娘の藤原安子(ふじわらのやすこ)が三人の親王を産み、その中の二人が冷泉(れいぜい)天皇と円融(えんゆう)天皇として即位した事から長男、実頼(さねより)小野宮流(おののみやりゅう)に代わり藤原氏の実力者になっていきました。兼家も父の威光を受けて、早い段階から出世の階段を登っていく事になります。

 

こちらもCHECK

藤原実資
藤原実資とはどんな人?絶頂期の藤原道長に対しても筋を通した公平な人

続きを見る

 

光る君へ

 

 

 

長兄、伊尹に気に入られ次兄より出世する

 

鶴岡八幡宮 建物 モブ

 

天暦(てんりゃく)2年(948年)兼家は従五位下(じゅごいのげ)(じょ)され、翌天暦3年(949年)には昇殿(しょうでん)を許されます。義理の兄にあたる村上天皇の時代、兼家は左京大夫(さきょうだいふ)春宮亮(とうぐうのすけ)を兼任していました。この春宮亮とは、皇太子の御所の内政を担当する役職で、兄である藤原伊尹(ふじわらのこれまさ)が宮中を掌握(しょうあく)するために、弟の兼家を春宮亮のポストに就けたようです。康保(こうほう)4年(967年)、村上天皇が崩御(ほうぎょ)し冷泉天皇が即位すると兄の兼通(かねみち)に代わって蔵人頭(くろうどのとう)となって左近衛中将(さこのえちゅうじょう)を兼任します。

 

そして翌年には兄の兼通を超えて従三位(じゅさんみ)に昇進し、さらに翌年には参議(さんぎ)を経ずに中納言(ちゅうなごん)に昇進しました。兄を差し置いて兼家が出世したのは、長兄で摂政(せっしょう)の伊尹が宮中を掌握するのに、兼家の力が欠かせなかったからだと考えられています。伊尹の兼家優遇は、それだけに止まらず、兼家の娘の超子(ちょうこ)を冷泉天皇に入内(じゅだい)させることを黙認してもらえ、天禄(てんろく)3年(972年)には正三位大納言(しょうさんみだいなごん)への引き立てを受け、更に右近衛大将(うこのえたいしょう)按察使(あぜち)を兼任するなど、次兄の兼通を超える出世が続きました。しかし、この時、露骨に冷遇された兼通は次第に兼家を恨むようになり、兄弟の確執(かくしつ)が激しくなっていきます。

 

こちらもCHECK

藤原道長 平安時代
藤原道長とはどんな人?八方美人に徹して権力をつかんだ男【光る君へ】

続きを見る

 

はじめての平安時代

 

 

 

次兄、兼通との戦い

朝廷

 

天禄三年(972年)太政大臣まで上った伊尹は、重度の糖尿病で体調が急激に悪化。死を悟った伊尹は辞表を提出します。伊尹が辞表を出した翌日、兼家と兼通は、次の関白(かんぱく)には自分を任命してくれるように円融天皇に直訴、すぐに口論に及ぶなど熾烈な駆け引きを開始しました。大勢は兼家有利に見えましたが、兼通には奥の手がありました。それが兄妹であり、円融天皇の生母である藤原安子の遺言です。安子の遺言には関白は兄弟順番に就けるようにと書かれていたそうで、兼通から母の遺言を見せられた天皇は遺言に従って次兄兼通の内覧を許し、次いで関白に任命しました。こうして兼通との出世競争に敗れた兼家には、不遇の時代が訪れる事になります。

 

こちらもCHECK

紫式部(女性)
NHK大河[光る君へ]初回放送歴代大河最低視聴率!でもこれで良かった理由は?

続きを見る

 

大和朝廷

 

 

 

兼通に疎んじられる兼家

 

兼通が関白になると、順調だった兼家の昇進は露骨に停滞します。また兼家は長女、超子に次いで、次女詮子(あきこ)を円融天皇の女御(にょご)に入れようと画策しますが、この事が余計に兼通の機嫌を損ね、円融天皇へ讒言(ざんげん)され入内は立ち消えになりました。兼通は兼家を激しく憎んでいて、出来る事なら九州に左遷させたいが、罪がないので出来ないと悔しがっていたようです。露骨な冷遇を受けて兼家も激しく兼通を恨むようになっていきます。

 

こちらもCHECK

幕末 天誅騒動 天誅組の変
天誅組の変って実際に何が起こったの?幕末の激動を動かした天誅組事変

続きを見る

 

公家

 

 

 

危篤の兼通を無視して参内

 

しかし、兼通の天下は長くは続きませんでした。貞元(じょうげん)2年(977年)兼通は重態に陥って床に伏し命が尽きようとしていました。兼家は兼通の死を確信しウキウキで御所へ牛車(ぎゅうしゃ)を向かわせます。ここで大いなる勘違いが発生しました。実は兼通と兼家の屋敷は仲が悪いくせに隣同士であり、両家の動向は丸見えでした。重病で臥せっていた兼通は、兼家が牛車で家を出たと聞くと、どういうわけか、兼家が最後のあいさつにきたのだと勘違いしてしまったのです。

 

兼通は少なからず感激し、自宅を掃除させて整え、兼家がやってくるのを迎えようとしていました。ところが、兼家を乗せた牛車は、悠々(ゆうゆう)と兼通の屋敷の前を素通りします。勝手に勘違いした兼通は烈火のごとく怒り、最後の力を振り絞って牛車に乗り込み、宮中に参内したのです。もう死ぬと思っていた兼通が宮中に出現した事で兼家は仰天(ぎょうてん)し逃げ出します。ここで兼通は生涯最後の除目(じもく)(人事発表)を行い、次の関白を従兄の藤原頼忠(ふじわらのよりただ)に指名する嫌がらせをし、兼家を降格処分にした後、間もなく死去しました。余計な事をして出世が遅れた兼家は、円融天皇に、なんとか自分の地位を戻してもらえないかと和歌で懇願(こんがん)しますが、天皇は時期を待てと素っ気ない返事を返しただけでした。

 

 

 

天皇の使いを無視する傲慢ぶり

円融天皇

 

 

しかし、兼通が死んだ事で藤原氏長者は兼家に移っていました。兼通の死後、2年が経過した天元(てんげん)元年、兼家は関白の頼忠から右大臣に進められて朝廷に返り咲いたのです。さらに、かつて、兼通に潰された次女詮子の入内も実現します。詮子は兼家の望み通り男子の懐仁親王(やすひと)を産みました。

 

喜んだ兼家は詮子を中宮(ちゅうぐう)に立てようと画策しますが、円融天皇は天元5年(982年)、藤原頼忠の娘遵子(じゅんし)を中宮とします。兼家は円融天皇に失望し、以後、詮子と懐仁親王ともども、東三條殿(ひがしさんじょうでん)の邸宅に引きこもり、天皇が使者を出しても、ろくに返事もしない有様となります。円融天皇の皇子は懐仁親王一人であり、それを人質に取られたので天皇は憂慮し、最終的に懐仁親王を皇太子にするという約束を兼家に対して行う事で、ようやく兼家を参内させました。

 

こちらもCHECK

花山天皇
花山天皇(師貞)とはどんな人?藤原氏の陰謀で退位した天皇【光る君へ】

続きを見る

 

 

新たなライバルの登場

花山天皇

 

兼家との約束を守り、984年の8月に円融天皇が譲位。皇太子の花山天皇が即位し、兼家の孫である懐仁親王が東宮に立てられました。兼家は関白就任を花山天皇に望みますが、一族の長老藤原頼忠が留任となります。また政治面では、花山天皇の伯父にあたる藤原義懐(よしちか)権中納言(ごん・ちゅうなごん)にまで昇進し、朝廷で影響力を持つようになります。50歳を過ぎていた兼家は、このままでは東宮が即位するまで生きられないと不安を感じ、自分とそりが合わない花山天皇を失脚させるための陰謀を巡らしました。

 

 

こちらもCHECK

藤原道兼
藤原道兼の胸糞セリフは真実だった!上級国民だった平安貴族[光る君へ]

続きを見る

 

花山天皇を出家させる策謀

藤原道兼

 

その頃、花山天皇が寵愛していた女御・藤原忯子(ふじわらのよしこ)が懐妊しながら病死する事件が起きます。花山天皇は気落ちし出家して、忯子の菩提(ぼだい)をとむらうと言い出しました。兼家はこのチャンスを逃さず、兼家の三男で花山天皇の蔵人だった道兼(みちかね)に命じて花山天皇をそそのかして宮中から連れ出し山科(やましな)元慶寺(げんけいじ)で出家させ退位に追い込むことに成功します。藤原義懐も天皇とともに出家し兼家の敵はいなくなりました。こうして懐仁親王が一条天皇として即位し、兼家は天皇の外戚となって摂政となりました。

 

こちらもCHECK

清少納言 女性
清少納言のエピソードから伝わる清少納言のコンプレックス

続きを見る

 

藤原頼忠と左大臣源雅信が障壁に

公家同士の会議

 

しかし右大臣、兼家の上司には、まだ前関白の太政大臣(だじょうだいじん)藤原頼忠と左大臣の源雅信(みなもとのまさざね)がいました。特に雅信は宇多(うだ)天皇の孫で臣籍降下(しんせきこうか)した人物で、円融天皇の信任篤く、公卿の筆頭である一上(いちのかみ)でした。また、円融天皇も次の花山天皇も藤原摂関家の影響力を削ぐために、太政大臣頼忠を無視し、職務を雅信に務めさせて天皇親政を実現させようとします。このように朝廷を牛耳ろうと考えている兼家にとって雅信は同族の頼忠以上の障害になっていましたが、雅信は有力皇族との繋がりがなく、謀反など失脚させる理由も見つかりませんでした。

 

こちらもCHECK

Manor(荘園に逃げ込む鉄の職工達)
地頭と荘園領主の違いは何だ?混乱する2つの役職の違いを簡単解説

続きを見る

 

右大臣を辞職し超法規的立場になる

 

そこで兼家は驚きの手段に出ます。手始めに天皇の外祖父として従一位(じゅう・いちち)准三宮(じゅんさんぐう)の待遇を得ると右大臣を辞任したのです。准三宮とは、本来、太皇太后(たいこうたいごう)、皇太后、皇后に与えられる身分で皇族に准じた扱いを受ける権利です。こうして雅信の部下でなくなった兼家は准三宮として、太政官を通さず、直接幼い天皇に代わって政治を進めていきました。兼家は准三宮の権限を最大限に利用し、嫡男(ちゃくなん)道隆や道長を公卿に抜擢(ばってき)したり、太政官の事務職員である弁官(べんかん)を全て自分の派閥で固めるなど強引な手法を推し進めました。永祚(えいそ)元年(989年)には円融法皇の反対を押し切って嫡男、道隆を内大臣(ないだいじん)に任命、源雅信の影響力を削ぎ、藤原摂関家の影響力を拡大していきました。

 

こちらもCHECK

公家同士の会議
まろの頂点!藤原氏が日本を支配していくまでを徹底解説してみた!

続きを見る

 

修羅の道を開き病死

 

 

989年、長く太政大臣だった藤原頼忠が死去すると、兼家は、すぐに太政大臣に就任します。そして、翌永祚2年(990年)には自分の孫である一条天皇の元服に際し加冠役(かかんやく)を務める栄誉を受けました。こうして兼家は念願の関白に任じられますが、その頃にはすでに体調を崩していて、僅か3日で関白を嫡男道隆に譲って出家。その2ヶ月後に62歳で病死します。

 

こちらもCHECK

和歌を詠む野小町
衝撃!現代では考えられない平安時代の非常識な常識を7つ紹介!

続きを見る

 

 

日本史ライターkawausoの独り言

kawauso編集長

 

藤原兼家は、父である右大臣、藤原師輔、さらに長兄、藤原伊尹の引き立てを受けて、次兄、兼通を越えるトントン拍子の出世をしました。しかし、そのせいで兼通に恨まれ、長兄伊尹の死後は5年間の不遇時代を経験します。しかし兼通が死ぬと返り咲き、自分の意のままにならない花山天皇を譲位に追い込み、上役で天皇の信任が厚い、源雅信の権力を准三宮の立場を利用して削ぎ、太政官の人事を自分の派閥で埋めるなどして、藤原摂関家の政治基盤を盤石にしました。兼家は関白になって間もなく病死しますが、権力基盤は、息子達に受け継がれ、道長の時代に全盛期を迎える事になります。

 

こちらもCHECK

周を建国する武則天
苗字から分かる!あなたの先祖の身分や職業についてじっくりと解説!

続きを見る

 

ながら日本史

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カワウソ編集長

カワウソ編集長

日本史というと中国史や世界史よりチマチマして敵味方が激しく入れ替わるのでとっつきにくいですが、どうしてそうなったか?ポイントをつかむと驚くほどにスイスイと内容が入ってきます、そんなポイントを皆さんにお伝えしますね。日本史を勉強すると、今の政治まで見えてきますよ。
【好きな歴史人物】
勝海舟、西郷隆盛、織田信長

-平安時代
-,