47都道府県戦国時代

戦国時代の博多はどんな土地?古代には大宰府が置かれたのに何故、日本の首都にならなかったの?

天下を収めた徳川家康

 

戦国時代の日本の中心畿内から離れた地域を紹介するシリーズ。今回は博多を紹介します。古代から西の拠点として大陸との交易が盛んだった博多。戦国時代に突入してからのどう変貌していったのか?

 

都市としての博多の状況を解説します。

 

戦国時代における博多の人口

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

最初に年代別の博多の人口を紹介します。

1150年  9,000(参考:平安末期・保元(ほうげん)(らん)が始まる6年前)

1471年 50,000(応仁(おうにん)の乱の最中)

1500年? 30,000(11代将軍義澄(よしずみ)の時代)

1570年 17,000(姉川(あねがわ)の戦い、博多の近くでは大友と竜造寺が戦った今山の戦いが勃発)

1579年 35,000(本能寺(ほんのうじ)の変の3年前)

1600年 50,000(関ケ原(せきがはら)の戦い)

 

昔も今も大陸に近い場所にある博多は、古くから栄えました。遣隋使や遣唐使が出発する拠点であり、元寇(げんこう)の襲来を防いだ町です。

 

攻め寄せる蒙古兵(モンゴル)

 

そして戦国時代の前、室町時代には日本で初の自治都市として栄えました。

 

織田信長

 

応仁の乱のころには5万人いた人口でしたが、戦国時代には減少していることがわかります。最も少ないころは1570年で、このころ中央では織田信長(おだのぶなが)が上洛して戦い始めたころ。

 

このとき、博多の周辺で残っていた有力大名は限られていました。大友と竜造寺が現在の佐賀市付近で行われた、今山(いまやま)の戦いが同年に行われています。やがて戦国時代の終盤になるにつれ、人口が回復していきました。

 

豊臣秀吉に仕える仙石権兵衛秀久

 

そして豊臣秀吉(とよとみひでよし)による復興措置が取られたこともあり、博多の人口が急増。戦国時代における最後の戦いとされる「関ケ原の合戦」が行われたときには、応仁の乱のころの数字に戻っています。

 

関連記事:蒙古襲来!鎌倉武士はあまりやる気が無かった?

関連記事:鎌倉武士がボンビーになった理由は給与制度にあった!

 

【蒙古が海からやってきた】
アンゴルモア合戦記の特集

 

戦国時代の博多を主に支配していた者・豪族

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

戦国時代に博多を支配していたのは、主に次の勢力です。

 

大友氏(おおともし)

大内氏(おおうちし)

少弐氏(しょうにし)

竜造寺氏(りゅうぞうじし)

島津氏(しまずし)

小早川氏(こばやかわし)(豊臣政権)

黒田氏(くろだし)(徳川幕府)

 

室町中期から戦国時代が始まるころは、大友氏が博多北東部の息浜(おきのはま)、小弐氏が南西内陸部の博多浜を治めていました。

 

鉄甲船

 

特に大友氏は1429年に朝鮮王国に使者を送り、博多を支配している旨をアピールしています。

しかしこの状況に割り込んできたのが大内政弘(おおうちまさひろ)

 

応仁の乱でも主体的な活躍をした彼は、拠点である現在の山口県周辺にに加え福岡県にも勢力を伸ばし、

1478年には少弐氏を博多から追放するのに成功しています。

 

しばらく大内氏が博多の街を支配。1536年には遣明船を再開しています。また同時に大友勢力も健在でした。ところが1551年に大内義隆(おおうちよしたか)が家臣の陶晴賢の謀反で倒れると、その隙に博多の完全支配に成功。当時の当主は大友宗麟(おおともそうりん)です。1559年には九州探題(きゅうしゅうたんだい)になりました。その後鹿児島の島津が大友を駆逐、その隙に竜造寺氏が短期間博多を支配します。

 

豊臣軍(仙石秀久)を蹴散らす島津家久

 

その後竜造寺を倒した島津の支配下にはいりました。ところが日本の大多数を支配下に置いていた豊臣秀吉が大友からの助けを聞いて大軍を派遣。島津を追い払います。

 

不敵な笑みで豊臣秀吉を励ます黒田官兵衛

 

荒廃した博多の町は黒田如水(くろだじょすい)官兵衛(かんべえ))が博多に駐留し、博多の復興のために遠方に逃げた住民を呼び戻して街を回復しました。豊臣政権下では小早川氏が博多地域を支配しましたが、関ケ原の合戦ののちは、如水の子、黒田長政(くろだながまさ)のものとなり、福岡藩を立藩します。

 

【甲相駿三国同盟の崩壊】
三国同盟を潰したあの男

 

 

関連記事:本多忠勝と島津義弘のどちらが強い?最強武将対決

関連記事:島津家久(しまづいえひさ)とはどんな人?最大の戦果を挙げ続けた島津四兄弟の闘将

 

応仁の乱から家康の天下統一までに博多で何が起きていたか?

何本も翻る軍旗と兵士(モブ)

 

応仁の乱から徳川家康が天下を支配するまでの間に博多で起きた主な出来事です。

 

  1. 大友氏と小弐氏が共同支配
  2. 博多の覇権や日明貿易の主導権争いが絶えず各地で衝突
  3. 1478年大内氏の九州進出により小弐氏が追い出される
  4. 1551年陶晴賢の謀反(すえはるかた)により力の弱った大内氏に代わって大友氏の完全支配
  5. 1559年筑紫氏(つくしし)の襲撃により博多の町が破壊
  6. 1580年島津に敗れた大友の隙をついて竜造寺氏の博多支配
  7. 1586年竜造寺を滅ぼした島津氏が支配。その後、博多を焼き払う
  8. 1587年豊臣秀吉の九州討伐により、島津から博多を開放
  9. 黒田如水によって博多の街が復興する
  10. 秀吉の命により小早川隆景が支配
  11. 朝鮮出兵を見越して博多の町が兵站供給地に
  12. 関ケ原の戦いの後、黒田長政が博多に入り、博多の西に福岡城を築城

 

関連記事:黒田長政はすごい人?それとも親の七光りで出世した人?

関連記事:小早川隆景(こばやかわ たかかげ)とはどんな人?毛利を支えた三本の矢

 

なぜ博多は首都になれなかったのか?

スキッパーキ(はてな)

 

戦国時代に限らず大陸との関係が深い博多の町。古代には大宰府が置かれ、政治的にも重要な拠点でしたが、首都になれなかった理由を考察します。首都と言うと天皇が遷都して住む都と考えた場合、そのひとつとして明治維新まで機内地方にとどまっていた天皇が遠く西の博多に遷都する可能性が極めて低かったことが考えられます。

 

また応仁の乱で活躍した大内氏は博多を勢力下に収めていた時期がありました。しかし大内は京にいる天皇を無理やり拉致して住まわせようとかそういう考えは持っていなかったようです。

 

仮に大内の力が実際よりも強く、大友らの諸大名を早い段階で従えて、京都に上洛して天下を取るようなことがあったとしても、せいぜい博多幕府のようなものができるのにとどまるでしょう。

 

あるいは博多を中心とした九州一円と中国地方の西側などが、京都の朝廷から完全に分離して独立国になれば十分に可能性があり得ます。

 

とはいえ博多は、たとえ首都ではなくとも経済面で大変潤いました。中国や朝鮮の他さらに遠くの国との貿易で潤っており、また商人の力が強く、自治をしていた時期があります。

 

炎上する城a(モブ)

 

重要な都市ということで2回もの焼き討ちにあったものの、その都度復興。九州を制圧した秀吉も、博多を重要な拠点と位置付けて、石田三成(いしだみつなり)に博多奉行を命じて、如水と共に復興させるなど、この町の重要性の高さがうかがえます。

 

関連記事:関ヶ原の戦いでも石田三成に加勢した大谷吉継の魅力!親友の直言に三成も涙目

関連記事:天才軍師・黒田官兵衛の最後の戦いまで神ってる

 

博多の経済面について

宋銭 お金と紙幣

 

博多は古代から大陸との貿易で栄えた町でした。中世のころの博多商人は朝鮮や明のほか、琉球王国や東南アジアの貿易を盛んに行いました。戦国時代になり、日明貿易の利害関係が、京にいる足利(あしかが)将軍家・細川管領家と地元博多を支配していた大内氏、博多商人との間で衝突します。

 

その一例は、日本ではなく、明側の貿易港・寧波(にんぽー)で、1523年に行われた寧波の乱が有名です。

 

これは明国との外交問題に発展しました。しかしその後大内義隆が日明貿易を再開。同時に密貿易が横行し、倭寇(わこう)と呼ばれる存在が活発化するきっかけになります。このほかにも博多を中心とした地域の覇権争いが激しくなり支配者が交互に変わります。それでも商人たちの貿易は盛んでした。

 

明、朝鮮をはじめ東南アジアとの交易。後には遠くヨーロッパ(南蛮)との貿易も行われ、博多商人たちは大いに潤います。しかし博多の町そのものが焼かれることが起こります。最初に筑紫惟門(つくしこれかど)が1559年に博多を焼き払い。肥前国(ひぜんのくに)に商人たちが一時避難します。

 

その後大友氏が博多を再興。九州一裕福な街となり、堺同様有力商人が町を自治していました。

 

薩摩藩の島津義弘

 

その後島津、竜造寺、大友の3大名が九州の覇権を争う戦いの中で、島津義弘(しまずよしひろ)が1586年に博多を焼き払ってしまいます。

 

三国志のモブ 反乱

 

翌年九州入りした豊臣秀吉は、島津を降伏させた後、博多商人たちの協力の元、町を復興させました。またそれまで自由に布教を許されていたキリシタンの宣教師たちに初めて行われた迫害「伴天連追放令(ばてれんついほうれい)」のきっかけが博多で起こっています。

 

バテレン追放令を発令した豊臣秀吉

 

秀吉の命令で博多を国際港にする秀吉の計画に、イエズス会が反発しました。その背景には博多湾の水深が浅いという理由で貿易港には不向きだった点が挙げられています。

 

ところが、それが秀吉に対する「反逆」と受け取られてしまい、バテレン追放令につながったと言われています。さらに博多の商人で忘れてはいけないのが「博多三傑」と呼ばれる特に有力な豪商たち。

 

それは次の3名です。

 

1.島井宗室(しまいそうしつ)1539〜1615年

→「武士とキリシタンには絶対になるな」という遺訓17か条を残す。

2.神屋宗湛(かみやそうたん)1551〜1635年

→ 秀吉に謁見した際に豪商の最上席に座り「筑紫の坊主」と呼ばれた。

3.大賀宗九(おおがそうく)1561〜1630年

→ 武器商人の出、福岡藩筆頭御用商人となる。子の宗伯(そうはく)も有名。

 

関連記事:九州制覇へ向けて驀進するぜ!島津家棟梁・島津義久の九州制覇戦

関連記事:【鉄と日本の二千年史】技術立国の先駆け鉄砲を大量産した日本

 

地震や津波などの自然災害について

荒れる黄河

 

戦国時代に人為的に焼き討ちにあった博多ですが、地震・津波などの自然災害による明確な被害の記録は残っていません。ただし江戸時代の記録では博多から見て南西に当たる久留米市を中心とした地域に頻繁に地震が発生したとの記録が残っています。

 

蒙古襲来絵詞(元寇)

 

また2回の元寇が、博多沖の暴風雨により撤退したという記録から、まったく自然災害のダメージを受けていないとは言い切れません。それでも見事に記録がなく、2005年に発生した福岡県西方沖地震が、有史以来の大地震と言われるほどなので、人的な被害と比べて自然災害のダメージは比較的少なかったことがうかがえます。

 

関連記事:南蛮貿易って何?一番儲かったのは誰なの?

関連記事:イエズス会って何?戦国武闘派キリスト教団を分かりやすく解説

 

【蒙古襲来から日本を救え!モンゴル帝国と戦った武士達】
元寇

 

戦国時代ライターSoyokazeの独り言

soyokaze(ライター)

 

古代から大陸との拠点として栄えた博多の町。戦国時代は商人と支配者の利害関係が複雑にかかわり、人口が増減します。最終的に豊臣秀吉が支配してから博多の町は復興。江戸時代になり関ヶ原での戦功が認められた黒田家により幕末まで安定した支配が続きます。

 

関連記事:北海道の戦国時代を徹底解説!すべては道南十二館から始まった【ご当地戦国特集】

関連記事:戦国時代の庶民は天皇や幕府についてどう考えていたの?

関連記事:龍造寺隆信とはどんな人?肥前の熊さん下克上劇場

 

【複雑な歴史もわかる日本史】
ほのぼの日本史Youtubeチャンネル

 

【教科書では読めない裏話満載の戦国時代特集】
はじめての戦国時代

 

 

関連記事

  1. 軍議

    47都道府県戦国時代

    青森県の戦国時代はどんなだった?【ご当地戦国特集】

    戦国時代のドラマと言えば京都に近い畿内かメ…

  2. 軍議

    47都道府県戦国時代

    岩手県の戦国時代はどんなだった?【ご当地戦国特集】

    日本全体が戦乱で揺れた戦国時代、しかし、映…

  3. kawauso編集長
  4. 名古屋城
  5. kawauso編集長
  6. 伊達政宗 

    47都道府県戦国時代

    宮城県の戦国時代はどんなだった?【ご当地戦国特集】

    大河ドラマ「麒麟がくる」は本能寺の変を迎え…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

“ほのぼの日本史Youtube"

 

“ながら日本史

音声コンテンツ(ながら日本史)

PAGE TOP