風雲伊達三代、南奥州に地盤を築いた輝宗、輝宗を殺し家督を継いだ政宗、関ケ原直前に生まれた守成の名君忠宗を解説

17/06/2022


伊達政宗

 

伊達(だて)家と言えば独眼竜(どくがんりゅう)政宗(まさむね)が有名で、その名の通り大活躍をしましたが、その父である先代の輝宗(てるむね)、そして子の次代忠宗(ただむね)も政宗同様に活躍をしており、伊達家の繁栄に貢献しています。

 

今回はこの三代の伊達当主について紹介しましょう。

 

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

姉妹メディア「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

yuki tabata(田畑 雄貴)おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、姉妹メディア「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


伊達は藤原氏の傍流として常陸に土着

常陸国

 

伊達氏は藤原(ふじわら)氏の子孫と称しています。これによると藤原氏が所有していた常陸(ひたち)の国伊佐郡(いさぐん)下野(しもつけ)の国中村荘で、それぞれの地名を苗字としていました。鎌倉時代になると源頼朝(みなもとのよりとも)により福島県北部にある伊達郡が与えられてから伊達氏を名乗るようになりました。

 

和田義盛が希望していた侍所別当を任命した源頼朝

 

また鎌倉時代の歴史書「吾妻鏡(あずまかがみ)」によれば常陸入道念西(ひたちにゅうどうねんさい)という人物が、奥州藤原氏との奥州合戦(おうしゅうかっせん)のうち、石那坂(いしなざか)の戦い)で、戦功をあげました。そこで頼朝が伊達郡を与えたのですが、このとき念西が伊達市初代の伊達朝宗(だてともむね)に比定されています。

 

また朝宗が中村光隆(なかむらみつたか)の子であるという説もあり、この場合遡っていくと藤原定任(ふじわらのさだとう)の子、中村(藤原)実宗(さねむね)に行き当たります。

 

関連記事:伊達政宗の功績とは?現代にまで伝わる地名や食文化までご紹介!

関連記事:伊達政宗の功績とは?現代にまで伝わる地名や食文化までご紹介!

 

はじめての鎌倉時代

 

 

兄が養子となり家督を継ぐ輝宗

伊達晴宗

 

伊達氏は朝宗から順調に代を重ねていき、伊達輝宗は16代目に当たります。輝宗は15代目の晴宗(はるむね)の次男として生まれました。実は長男の親隆(ちかたか)がいたのですが彼ではなく、次男が家督を継いだのにはある理由がありました。

 

仙台城

 

1534(天文(てんぶん)3)年に岩城重隆(いわきしげたか)と約定を交わし、親隆が岩城家の養嗣子になることが決まっていたため、次男である輝宗が家督を継ぐことになります。1565(永禄(えいろく)8)年に父が隠居し、正式に家督を継ぎますが、実験は父・晴宗が握っていました。

 

関連記事:伊達政宗の死因は食道癌だった?遅れてきた天才の晩年の最期

関連記事:伊達政宗の逸話や過激エピソードは本当なの?眼帯や親殺しは創作?

 

はじめての戦国時代

 

 

天文の乱で弱った伊達家の力を回復する輝宗

自分の息子や娘を各地の戦国大名と縁組し伊達家の勢力を強化する伊達稙宗

 

輝宗の時代の前半は父晴宗に加え、中野宗時(なかのむねとき)牧野久仲(まきのひさなか)父子が実権を握っていました。この親子は、先代晴宗と輝宗の祖父、つまり先々代の稙宗(たねむね)と6年にわたって対立、戦っていた天文の乱があり、その戦いのさなかに力を蓄えていたのです。

 

合戦シーン(戦国時代の戦・兵士・モブ)

 

転機が訪れたのは1570(永禄13)年です。輝宗は中野宗時に謀反の意思があると言い出すと、牧野久仲の居城・小松城を攻め落としこの親子を追放することに成功。同時にこの作戦に非協力的であった家臣を処罰しました。

 

こうして名実とともに輝宗が伊達家の実権を握っていきます。新しい家臣を重用し南奥州地域の紛争の調停を主導。また中央で力を持っていた織田信長(おだのぶなが)に鷹を送り、柴田勝家(しばたかついえ)北条氏政(ほうじょううじまさ)ともつながりを持ちます。

 

織田信長

 

やがて勢力を拡大し、祖父稙宗の頃の勢力圏を回復。南奥州で影響力を持ち始めます。

 

関連記事:独眼竜政宗はどんな内容なの?大河ドラマ史上 平均視聴率No.1の魅力

関連記事:変わった兜は縁起を担いだ変わり兜!戦国時代のオモシロ系兜一覧

 

武田信玄

 

 

名将大膳大夫政宗の名前を与えられた政宗

戦場で活躍する伊達政宗

 

伊達政宗は輝宗の嫡男として1567(永禄10)年に誕生します。輝宗にとって政宗は期待の存在だったようで、元服時に政宗と名付けたのは、伊達家9代当主で中興の祖と言われていた、大膳大夫(だいぜんのだいぶ)政宗にあやかったからです。

 

名古屋城

 

そして1584(天正(てんしょう)12)年に輝宗の隠居に伴い家督を相続しますが、当初政宗は若年を理由に辞退を申し出たとか。それに対して一門や重臣があらためて勧めることでようやく17代目を継ぐことになります。

 

記録によれば家督相続の期間が10月6日から22日の16日間かけて行われたとか。

 

関連記事:伊達稙宗とはどんな人?東北ビッグダディ、天文の乱を引き起こす

関連記事:今週もお疲れ様!伊達政宗が手作り料理を振る舞っていた理由

 

上杉謙信特集

 

 

蘆名氏を滅ぼし南奥州の大名と戦いを続ける政宗

蘆名盛氏

 

伊達政宗が家督を継いだ後も輝宗の影響力の元にありました。1585(天正13)年に長く同盟関係にあった蘆名(あしな)氏と決裂。政宗は蘆名勢を攻め、蘆名の支援を受けていた大内氏の小手森城にも侵攻。見せしめとして城中のものを皆殺しにしました。

 

皆殺しをする伊達政宗

 

父輝宗がとりなして和議が成立しますが、その最中に畠山義継(はたけやまよしつぐ)によって拉致されてしまいます。それを知った政宗は義継を追いかけると父輝宗も含めて全員殺害してしまいました。

 

ここで政宗は弔い合戦と称して畠山のいる二本松城を攻めますが、反政宗の南奥州諸侯連合軍と激突、この戦いでは敗れ去ります。しかし政宗はあきらめず二本松畠山(にほんまつはたけやま)氏は滅亡、以降も南奥州の諸勢力と戦います。

 

 

豊臣秀吉 戦国時代

 

しかし、このときにはすでに関白となっていた豊臣秀吉(とよとみひでよし)は私戦禁止令を出すなど、政宗に圧力をかけてきますが、政宗はそれを無視。気が付けば東北南部の広範囲を勢力下におきます。

 

白装束で現れる伊達政宗

 

秀吉の脅しを受けながら、政宗は抵抗を続けますが、小田原攻めが始まったときに、ついに秀吉に従うこととなりました。その結果いくつかの領地は減らされたものの、それでも72万石を有する戦国大名となっていました。

 

亀甲船(朝鮮水軍)

 

秀吉に従った政宗は朝鮮出兵などに参加しますが、まだこの時点で三代目の忠宗は誕生しておりません。秀吉の死後、関ヶ原(せきがはら)の合戦の直前まで待つ必要がありました。

 

関連記事:戦国時代のお葬式はどんなだった?現在の葬儀の原型は戦国時代にあった!

関連記事:戦国大名の旗にはどんな意味があるの?戦国大名たちが掲げてている馬印を解説

 

織田信長スペシャル

 

 

関ケ原直前に誕生した忠宗

徳川家康vs石田三成(関ヶ原の戦い)

 

伊達忠宗は政宗の嫡男として1600(慶長(けいちょう)5)年1月に大坂城下で誕生しました。秀吉が亡くなってから政宗は徳川家康(とくがわいえやす)に近づき、長女を家康の六男・忠輝(ただてる)に嫁がせていました。その関係で関ヶ原の戦いでは東軍として戦います。

 

天下を収めた徳川家康

 

家康が勝利したのち、政宗は仙台を拠点とし、仙台藩が誕生します。また忠宗は当初、家康の五女市姫(いちひめ)との婚約が成立しますが、市姫が亡くなってしまったので、池田照正(いけだてるまさ)の娘を徳川秀忠(とくがわひでただ)の養女としたうえで忠宗に嫁ぎます。

 

実は忠宗には兄・秀宗(ひでむね)がいましたが、これは庶長子ということで、後継者とされず、大坂冬の陣の活躍により伊予宇和島10万石を与えられて分家。そのまま忠宗が、伊達宗家18代目になることが確定しました。実際に継いだのは1636(寛永(かんえい)13)年で、政宗の死去により2代仙台藩主として相続しました。

 

関連記事:関ケ原は天下分け目の合戦ではなかった!【日本史新説】

関連記事:関ヶ原の戦いで徳川家康は史上最高のファイトマネーを手にしていた

 

麒麟がくる

 

 

伊達藩300年の礎を築く忠宗

参勤交代

 

伊達忠宗の時代はもはや戦いはありませんでした。藩主として仙台にはいると、藩政の執行体制を確立し、藩内の統制を強化。また1640(寛永17)年から3年かけて藩内の検地を実施、家臣団の知行地の再編を行い、新田開発を促しました。

 

また仙台城二の丸の造営や、政宗を祀るための瑞鳳(ずいほう)殿・瑞鳳寺を建立しました。さらに家康を祀る東照宮(とうしょうぐう)を仙台に勧請し、東照宮の祭礼として行われた仙台祭りは現在の仙台・青葉まつりの元になりました。忠宗の治世は仙台藩の地位・基盤を固める結果となり「守成の名君」と評されています。

 

関連記事:大名はどうやって歴史に登場したの?平安時代から戦国まで徹底解説

関連記事:相馬義胤はどんな人?伊達政宗絶対許さんマンの正々堂々人生

 

本能寺の変の特集

 

 

伊達三代の有力家臣

軍議(日本史)モブb

 

伊達三代の有力家臣は次の通りです。

 

初代:輝宗

 

網代伯耆守(あじろほうきのかみ)粟野秀用(あわのひでもち)鮎貝宗重(あゆかいもりつぐ)鮎貝忠宗(あゆかいただむね)伊藤肥前守(いとうびぜんのかみ)遠藤基信(えんどうもとのぶ)片倉景親(かたくらかげちか)片倉景綱(かたくらかげつな)後藤信康(ごとうのぶやす)白岩義広(しらいわよしひろ)須田親信(すだちかのぶ)大有康甫(だいゆうこうほ)高橋秀行(たかはしひでゆき)伊達政道(だてまさみち)富塚宗綱(とみづかむねつな)矢内重定(やないしげさだ)山川賢信(やまかわかねのぶ)結城治部(ゆうじじぶ)湯目重旧(ゆのめしげひさ)

 

二代:政宗

 

亘理兵庫元宗(わたりひょうごもとむね)伊達藤五郎成実(だてとうごろうしげざね)片倉小十郎景綱(かたくらこじゅろうかげつな)鬼庭良直(おににわよしなお)入道左月、留守上野政景(だてこうずのすけまさかげ)、大條薩摩実頼(さつまのかみさねより)伊東肥前重信(いとうびぜんしげのぶ)後藤(ごとう)孫兵衛信康(のぶやす)原田(はらだ)左馬之助宗時(むねとき)中村八郎右衛門盛時(なかむらはちろうえもんもりとき)白石若狭宗実(しらいしわかさむねざね)、大町三河定頼(さだより)斉藤外記永門(さいとうげきながかど)小梁川泥蟠斎盛宗(こばやかわでいばんさいもりむね)泉田安藝重光(いずみだあきしげみつ)黒木肥前宗俊(くろきびぜんむねとし)遠藤文七郎宗信(えんどうぶんしちろうむねのぶ)、石田将監與純(いしだしょうげんよしずみ)小山田筑前定頼(おやまだびぜんよりさだ)、津田豊前景康(かげやす)小田邊勝成(こたべかつなり)石母田大膳宗頼(いしもだだいぜんむねより)富塚小平治宗総(とみづかこへいじむねふさ)石川弥平実光(いしかやへいさねみつ)(以上、伊達家臣二十四将)

 

結城義親(ゆうきよしちか)石川昭光(いしかわあきみつ)岩城常隆(いわきつねたか)白石宗直(しろいしむねなお)支倉常長(はせくらつねなが)

 

三代:忠宗

 

津田頼康(つだかげやす)古内重広(ふるうちしげひろ)津田景康(つだかげやす)遠藤玄信(えんどうむねのぶ)片倉重綱(かたくらしげなが)古内義重(ふるうちよししげ)鴇田周如(ときたかねゆき)

 

関連記事:戦国時代の農民は弱くない!サムライを倒したソルジャーだったって本当?

関連記事:【意外】織田政権は実力主義ではなかった?

 

戦国時代の都市伝説特集

 

 

現在まで継続する伊達家の子孫

日本史01 煙を吐く工場

 

忠宗以降の伊達家ですが、お家騒動や当主の若くして亡くなるなどのことが頻繁に起きており、いつお取り壊しになってもおかしくない状態でした。それでも徳川将軍家に近いことが幸いしたのか、家臣団や幕府側の人間も協力するような形で家督が継がれていきました。

 

13代伊達慶邦(だてよしくに)の時代に幕末を迎え、この際奥羽越列藩同盟として薩長軍と戦ったために、江戸へ連行。仙台藩は直前に28万石に減封されてしまいます。明治から戦前にかけては伯爵家となり、以降も直系の当主は現在まで続きました。

 

現在は伊達宗家34代目の泰宗(やすむね)氏で、伊達政宗の生涯を描いたNHK大河ドラマ「独眼竜政宗」の監修を担当しました。

 

関連記事:どうして戦国時代は人気があるの?大河ドラマでも視聴率が高い理由

関連記事:日本はどうして経済格差が小さい社会を築けたのか?

 

ほのぼの日本史Youtubeチャンネル

 

 

戦国時代ライターSoyokazeの独り言

soyokaze(ライター)

 

伊達家は、二代目の政宗が余りにも有名ですが、初代輝宗は政宗の前に南奥州で力を伸ばし、自らの死による混乱を防ぐ意味で、隠居という形で政宗に家督を譲ります。

 

政宗の時代で平和な世の中となり、後を継いだ忠宗も平時大名として藩の体制を強化するために名君と言われるほどの人物。政宗だけでなく前後のふたりの当主の働きがあったからこそ、伊達藩は明治時代まで大名家として残りました。

 

関連記事:尼子三代、経久、晴久、義久を解説!出雲を拠点に大内・毛利と競った山陰の覇者の血脈

関連記事:信長の親衛隊「馬廻衆」はなぜ本能寺を守れなかったのか?結果として完璧な段取りだった明智光秀のクーデター!

 

47都道府県戦国時代

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Soyokaze

Soyokaze

旧石器から現代史、日本、中国、西洋とどの歴史にも興味があります。小学生のころから歴史に興味があり、歴史上の偉人伝を呼んだり、NHKの大河ドラマを見たりして歴史に興味を持ちます。日本のあらゆる歴史に興味を持ち、旧石器や縄文・神話の時代から戦後の日本までどの時代も対応可能。また中国の通史を一通り読み西洋や東南アジア、南米に至るまで世界の歴史に興味があります。最近は、行く機会の多いもののまだあまり知られていない東南アジア諸国の歴史にはまっています。勝者が歴史を書くので、歴史上悪役とされた敗者・人物は本当は悪者では無いと言ったところに興味を持っています。
【好きな歴史人物】
蘇我入鹿、明智光秀、石田三成、柳沢吉保、田沼意次(一般的に悪役になっている人たち)、溥儀、陳国峻(ベトナムの将軍)、タークシン(タイの大王)

-伊達家(戦国)
-