論功行賞とは?戦国武将の給料査定を分かりやすく解説

03/11/2020


軍議

 

現代のサラリーマンと戦国武将の大きな違い、それはもちろん色々ありますが、特に大きいのは給料のあり方でしょう。基本給、能力給、資格給、勤続年数等の合計で貰える給料が決まる現代と違い、戦国時代は槍働き1つで、一夜にして給料を100倍にする事も夢ではありませんでした。

 

そんな戦国武将の夢のステージが合戦終了後に開かれる論功行賞(ろんこうこうしょう)だったのです。

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

姉妹メディア「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

yuki tabata(田畑 雄貴)おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、姉妹メディア「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


論功行賞とは?

司馬懿と公孫淵

 

論功行賞とは、功を論じ賞を行うという意味で、功績の有無やその大きさを調べてそれに応じた賞(恩賞)を与えるという四字熟語です。論功行賞の語源は、三国志魏志の明帝紀(めいていき)で以下のような内容です。

 

西暦226年魏の文帝(曹丕(そうひ))が崩御(ほうぎょ)し、息子の曹叡(そうえい)が明帝として即位した。

その3か月後、()の将軍、諸葛瑾(しょかつきん)張霸(ちょうは)が魏に侵略してきた。

これに対し、魏は撫軍(ぶぐん)大将軍の司馬懿(しばい)が張霸を斬り、征東将軍の曹休(そうきゅう)は、その別将を尋陽(じんよう)に破る。

この二人の功績について功を論じ賞を行うに、おのおの差があった。

 

司馬懿

 

このように、司馬懿と曹休では、恩賞に差があったと書かれています。論功行賞は功績によって与えられるので、恩賞の大きさが変わるのが宿命であり、その為、大きな恩賞を受けた人はいいですが、思ったより恩賞が少ない人は遺恨を持ちやすく、論功行賞の主催者は、極めて慎重になる必要がありました。

 

恩賞に不満で中村氏を辞めた渡辺勘兵衛

armor(鎧を身にまとう武士)

 

恩賞の少なさに不満を持ち、主を代えた戦国武将には、渡辺了(わたなべさとる)(通称勘兵衛(かんべえ))がいます。

 

永禄(えいろく)5年(1562年)近江国浅井郡(あざいぐん)土豪(どごう)の家に生まれた勘兵衛は、槍の勘兵衛と呼ばれた名手で、当初は、浅井氏配下の阿閉貞征(あつじさだゆき)に仕え、摂津国吹田城攻めで一番首を挙げ、織田信長から直接賞賛されました。

 

その後、天正10年頃から羽柴秀吉に仕え、2000石の扶持(ふち)を受けて、秀吉の養子、羽柴秀勝(はしばひでかつ)付きとなり、山崎の戦いや(しず)ヶ岳でも活躍し、石田三成家臣の杉江勘兵衛(すぎえかんべえ)、田中吉政家臣の辻勘兵衛(つじかんべえ)と並んで三勘兵衛と評された程でした。

 

名古屋城

 

その後、主君の秀勝が若死にしたので浪人になり、豊臣秀次家老の中村一氏(なかむらかずうじ)に3000石で仕えます。天正18年(1590年)の豊臣秀吉の小田原征伐での、伊豆山中城(いずやまなかじょう)攻めでは、秀次の先鋒が中村勢であり、勘兵衛が先陣を切って一番乗りを果たしました。

 

秀吉は、勘兵衛の功績を讃えて、「捨てても1万石はあるべき」と言いましたが、主君の中村一氏は3000石の倍の6000石しか与えませんでした。これに不満を持った勘兵衛は、中村一氏の元を去り、浪人しています。

 

一方、主君の中村一氏は、山中城攻略の手柄で戦後、関東に移封となった家康の抑えとして駿河府中(するがふちゅう)14万石を拝領し、近江国水口岡山城主だった6万石から倍以上の出世を果たしたのですから、勘兵衛に6000石は、いくら何でもケチな気がします。

 

これでは、一番乗りに命を張った勘兵衛が逃げるのも無理はありませんね。

 

はじめての戦国時代

 

恩賞の種類

軍旗

 

では、合戦では、どのような行為が手柄と認められたのでしょうか?

ここで、少し詳しく見てみましょう。

 

①一番槍…最初に敵と槍を突き合せる事、または敵に槍を突き入れた人

②一番太刀…先陣を切って敵に太刀を仕掛け攻め入る事

③一番首…身分に関係なく、最初に敵の首を挙げる事

④一番乗り…城や砦に他に先駆けて一番に到着する事

⑤太刀打ち…太刀で敵を仕留める事

⑥組打ち…敵を組み伏せてから首を獲る事

槍先(やりさき)…槍で敵を仕留めて首を獲る事

⑧突き槍…敵を槍で数多く突く事、または突いた人

槍脇(やりわき)…槍を駆使して味方の手柄を援護する事

崩際(くずれぎわ)…敵が敗走を始めた時に追撃に活躍する事

殿槍(しんがりやり)…味方が退却する時に最後尾で味方の退却を助ける事

⑫負傷者の救助…味方で負傷したものを砦や城に連れて行く事

 

battle-Soldier(合戦に参戦する兵士)

 

こうしてみると、①から④まで、一番という言葉が目につきます。戦国武将だって死ぬのは怖いので、敵を前にすれば足が竦むものですが、一番はその恐怖を振り払い、味方を導く存在なので、手柄としては後世までの誉れとされました。

 

例えば、徳川家康の家来だった小栗忠政(おぐりただまさ)は、度々、一番槍の手柄を挙げたので小栗家も幕末まで徳川家の旗本として厚遇を受けています。

 

関連記事:戦国時代のお葬式はどんなだった?現在の葬儀の原型は戦国時代にあった!

 

ほのぼの日本史Youtubeチャンネル

 

 

雑兵には論功行賞がない

足軽b-モブ(兵士)

 

戦国で一旗揚げたい人には、夢の舞台でもあった合戦ですが、論功行賞の対象になるのは、ある程度名のある武士だけで、徴用される雑兵が手柄を立てても論功行賞には預かれませんでした。雑兵の恩賞は、乱取りのような略奪であり、それまでは死なないように無理をせず、指揮官の命令に従っていれば良かったのです。

 

なんだかガッカリですが、雑兵の多くは毎年9~10月の端境期の食糧不足を乗り切るために、略奪目当てで従軍している者が多く、手柄なんかよりいくら戦利品を得られるかが重要でした。

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カワウソ編集長

カワウソ編集長

日本史というと中国史や世界史よりチマチマして敵味方が激しく入れ替わるのでとっつきにくいですが、どうしてそうなったか?ポイントをつかむと驚くほどにスイスイと内容が入ってきます、そんなポイントを皆さんにお伝えしますね。日本史を勉強すると、今の政治まで見えてきますよ。
【好きな歴史人物】
勝海舟、西郷隆盛、織田信長

-戦国時代
-