和田義盛が北条氏にブチ切れた3つの挑発を時系列で並べてみた【鎌倉殿の13人】

23/10/2022


コメントできるようになりました 織田信長

 

脳筋だが純粋な心を持つ坂東武者 和田義盛

 

和田義盛(わだよしもり)は鎌倉幕府草創期(そうそうき)の重臣で、侍所別当(さむらいどころ・べっとう)として幕府の軍事力を握りました。

 

父・時政を追放する北条政子と北条義時

 

しかし、三代将軍源実朝(みなもとのさねとも)の時代になると、北条時政(ほうじょうときまさ)を追放して執権(しっけん)になった北条義時(よしとき)との対立が表面化、義時や北条政子の度重なる挑発(ちょうはつ)に耐えかね蜂起します。

 

北条義時の側近としても暗躍していた善児

 

そこで、今回は和田義盛をブチ切れさせた北条氏の3つの挑発を解説します。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

姉妹メディア「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

yuki tabata(田畑 雄貴)おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、姉妹メディア「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


北条政子が上総国司就任を妨害

和田義盛に意地悪をする北条政子

 

和田義盛は、晩年、上総国(かずざのくに国司(こくし)を望んで、内々に将軍源実朝に頼んでいました。

 

実朝は、これまでの義盛の功績から国司にしてもよいと考えましたが、これを実朝の生母である北条政子が「頼朝様は力のある御家人の国司就任を禁止していた」として白紙撤回させてしまいます。

 

行政事務の全般を取り仕切った大江広元

 

ところが、頼朝のケースは随分前の話で、実際は御家人でも八田知家(はったともいえ)平賀朝雅(ひらがともまさ)などは、国司に就任していました。納得できない義盛は、これまでの自身の功績を述べ「老人の最後の頼みです!」と、もう一度、大江広元(おおえひろもと)に書状を出しますが受理されず、後に義盛につき返されます。

 

息子の死に戦意を喪失する和田義盛

 

すでに実朝は内々に許していたにもかかわらず、北条氏と大江広元に邪魔されたと考えた義盛は強い不満を感じたそうです。

 

 

和田義盛はどんな人?

ドンドン出世していく和田義盛
和田義盛とはどんな人?脳筋だが純粋な心を持つ坂東武者【鎌倉殿の13人】

続きを見る

 

はじめての平安時代

 

 

北条義時が和田一族に恥辱を与える

戦いを決意する北条義時

 

建暦(けんれき)3年(1213年)2月、泉親衡(いずみちかひら)という人物が、源頼家の遺児を擁立し北条氏を打倒しようとする陰謀が露見します。親衡は逃げましたが、関係者の自白により和田義盛の子、義直(よしなお)義重(よいしげ)、甥の胤長(たねなが)が関係している事が明らかにされました。

 

源頼家を裏切り北条氏に味方する和田義盛

 

その頃、上総(かずさ)に戻っていた義盛は事実を知って仰天(ぎょうてん)し鎌倉へ帰還。将軍実朝に子や甥の赦免を願い出、義直と義重は許されますが、甥の胤長だけは許されませんでした。

 

源実朝

 

義盛は大いに憤り一族96人を引き連れて将軍御所の南庭(みなみにわ)に座り込みますが、そこに北条義時が出現。「胤長は重罪人であり許されぬ」として引き渡しを拒否。さらに義時は縄で縛った胤長に南庭を歩かせ和田一族に屈辱を与えます。胤長は陸奥国に流罪となり、胤長の6歳の娘は衝撃を受けて病に倒れ死んでしまいました。

 

さて、泉親衡の乱ですが、和田義盛が滅びた後、関係者はほぼ全て無罪放免になったそうで、計画自体が北条氏による和田氏排除の一環の可能性があるようです。

 

 

 

こちらもCHECK

鉄の心を持つ大江広元
大江広元とはどんな人?鉄の心を持つ鎌倉幕府行政トップの生涯【鎌倉殿の13人】

続きを見る

 

はじめての鎌倉時代

 

 

北条義時が胤長の自宅を強引に接収

京都御所

 

陸奥国へ流罪となった胤長の鎌倉屋敷は幕府に没収されました。和田義盛は、罪人の屋敷は一族に下げ渡すのが古来の慣例であるとして自分に(たまわ)るよう求めます。ここには、胤長の流罪は納得できないが我慢して受け入れ、屋敷だけでも取り返したいとする義盛の切ない心情が見て取れます。

 

実朝は願いは聞き届けますが、義時は命令が執行される前に、乱平定に手柄があった御家人に胤長の屋敷を引き渡してしまいました。

 

和田義盛 鎌倉殿の13人 武士

 

さすがに、これはどう見ても、義時による和田義盛への挑発であり、義盛は幕府から北条氏と大江広元を排除するとして和田一族を集め、親戚の横山党も味方に引き込んで反乱の準備を開始します。

 

 

北条義時はどんな人?

鎌倉殿13人 北条義時
北条義時とはどんな人?鎌倉幕府を全国区にした二代執権【鎌倉殿の13人】

続きを見る

 

北条義時

 

 

将軍様に恨みはないが義時は許せねえ

畠山重忠と犬猿の仲だった和田義盛

 

4月になると、和田義盛反乱の噂が鎌倉中を飛び交い、将軍実朝は真偽(しんぎ)をただす使者を義盛の屋敷に派遣しています。ここで正直な義盛は、反乱を否定せず「将軍様に恨みはないが、義時のやり方はガマンできないので、尋問(じんもん)するつもりでいる」と回答しました。

 

こうして5月2日に義盛は150騎の手勢を集めて、大倉御所(おおくらごしょ)と北条義時屋敷と大江広元屋敷を襲撃。義時の屋敷と大江広元の屋敷を蹂躙(じゅうりん)した後で、大倉御所に殺到します。

 

炎上する城a(モブ)

 

御所では、警備の兵と北条に寝返った三浦義村の軍勢が加勢に入り和田の軍勢と乱戦。義盛は御所に火をかけて炎上させ実朝は辛うじて裏の法華堂(ほっけどう)に退避しました。

 

義盛が真っ先に義時と広元の屋敷を狙った点に、この2人が共謀していて義盛に恨まれていたであろう事が推測できます。

 

 

源実朝に子供がいない理由

源実朝
源実朝に子供が出来ないのは天然痘の後遺症による不妊症が原因?【鎌倉殿の13人】

続きを見る

 

鎌倉殿の13人

 

 

日本史ライターkawausoの独り言

朝まで三国志2017-77 kawauso

 

今回は、和田義盛をブチ切れさせた北条氏の挑発行為を解説しました。

 

単細胞イメージの武人義盛ですが、何も一回のトラブルでブチ切れたのではなく、トラブルが積み重なる中で、北条氏の敵意を感じ滅ぼされる前に挙兵したというのが真相に近いのではないかと思います。

 

参考:ウィキペディア

和田義盛

泉親衡の乱

和田合戦

 

こちらもCHECK

畠山重忠を滅ぼす事に成功した和田義盛
畠山重忠の乱を分かりやすく時系列で徹底解説【鎌倉殿の13人】

続きを見る

 

北条政子

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カワウソ編集長

カワウソ編集長

日本史というと中国史や世界史よりチマチマして敵味方が激しく入れ替わるのでとっつきにくいですが、どうしてそうなったか?ポイントをつかむと驚くほどにスイスイと内容が入ってきます、そんなポイントを皆さんにお伝えしますね。日本史を勉強すると、今の政治まで見えてきますよ。
【好きな歴史人物】
勝海舟、西郷隆盛、織田信長

-鎌倉時代
-,