織田信長が戦国時代に登場していなかったら日本史はどうなった?

18/07/2022


天下布武を唱える織田信長

 

戦国時代の英雄、織田信長。彼の登場によって日本にはさまざまな革新がもたらされ、そのおかげでまったく新しい時代が訪れた。それが長年の通説でした。

 

麒麟にまたがる織田信長

 

しかし、まさに諸行無常、どんな「通説」にも寿命があるらしいのは、歴史ファンなら覚悟されている通り。最近では、この通説にチャレンジする新説、すなわち信長はむしろそれまでの室町時代の常識に則った権力体制にとらわれており、真に革命的だったのは豊臣秀吉以降である、とする説が出てきております。

 

武田信玄を極端に恐れる織田信長

 

その見方を取ると、織田信長が「革命的な天才」であったというのは、大部分が後世の創作であった、となってしまいます。信長ファンには、いささかがっかりする点も多い、こうした最近の風潮。

 

信長を裏切る松永久秀

 

それらの新説を蹴散らすのはシロウトの歴史ファンにはとうてい無理ですが、しかし私も信長ファンの一人として、多少の抵抗を、試みてみたいと思います。

 

たとえば、よしんば織田信長自身が、後世創作されたほどの革命的な政治家ではなかったとしても、彼が登場しなければその後の日本史の発展は遅れたはずだ、という抵抗を試みるのは、いかがでしょう?

 

水軍を作る織田信長

 

すなわち、「織田信長が登場しなかった場合、その後の日本史はどうなっていたか」を考えるイフ考察です!

 

 

 信長のキャラクターがどうであれ既存の勢力図をブチ壊したことは間違いない!?

信長公記_織田信長_書類

 

史実の信長の立ち位置を整理してみましょう。彼は現代でいう愛知県、名古屋の辺りを本拠地として、岐阜を占領し、そこから近畿地方一帯を占領して京都で権力を握った人物です。徳川家康との同盟関係をも考慮に入れれば、近畿のみならず、今でいう東海地方も事実上の勢力圏だったと言えるでしょう。

 

信長包囲網が失敗した朝倉義景

 

さらに晩年にはほぼ武田氏の所領も陥落させており、その勢力図は中部を飲み込みかけておりました。日本地図を見ても、信長が一代で築き上げた版図がいかに広いかに驚かされます。

 

信長の前で蹴鞠を披露する今川氏真

 

どんなに信長のキャラクターや、政策の革新性について、新説が出てきたとしても、「一代で日本の中心にこれだけの版図を作った」という事跡だけは、揺るがないはずです。その上で、信長がこの版図を作り上げるために倒した諸大名の名前を連ねてみましょう。

 

三好三人衆

 

今川氏、武田氏、三好氏、松永氏、斎藤氏、浅井氏、朝倉氏。特に今川、武田、三好は、室町体制下の超大物!彼らを倒して、勢力均衡状態になっていた戦国日本のバランスをぶち破っただけでも、日本史を新しい時代に持ち込む信長の貢献度は決定的だったのではないでしょうか?

 

こちらもCHECK

浅井長政を滅ぼすサイコパスな織田信長
織田信長のルーツ越前劔神社とは?比叡山を焼いた信長の祖先はなんと神主だった

続きを見る

 

織田信長スペシャル

 

 

もし織田信長以外の当時のオオモノが京都に入ったら?

ポイント解説をするYASHIRO様

 

織田信長が登場しなかった、と仮定しましょう。この場合の戦国時代の展開は、以下のようになっていたことでしょう。

 

・京都界隈では、三好氏と松永氏が一進一退の駆け引きを続ける。

・そこに今川義元が京都に入って権力争いに加わっていた・・・かもしれない。

・さらにそこに武田信玄が京都に入って権力争いに加わっていた・・・かもしれない。

 

今川義元

 

このように、いろいろな勢力が京都を中心に覇権を競うカタチとなるでしょうが、三好も松永も今川も武田も、足利将軍家を奉じてその下で権力を掴もうとする発想の人たちです。

 

今川義元

 

今川義元にせよ武田信玄にせよ、彼らが京都に入って足利家と組んだとしても、せいぜいが近畿一帯を手中に収め(それだけでも、当時の常識からすればじゅうぶん偉業なのですが)そこでとどまるのではないでしょうか?日本全土を統一して、検知や刀狩を強行するような壮大なプランに持ち込めたとは、なかなか思えないのではないでしょうか?

 

こちらもCHECK

若き頃の織田信長に敗れる今川義元
海道一の弓取りは何故、桶狭間の悲劇を迎えたの?今川義元編

続きを見る

 

三国同盟を潰したあの男

 

 

信長一人がいないだけで、日本統一が数百年遅れた危険がある?

戦国時代の合戦シーン(兵士モブ用)

 

この構図は、日本史でいう南北朝時代を想起させるのではないでしょうか?

 

南朝と北朝の戦いは、足利家が京都を抑えてもそれだけでは決着がつかず、その後長きにわたって、京都を奪ったりまた奪い返したりの戦いがずるずると続きました。室町体制の発想から出られない人が京都に入ったとしても、南北朝と似た展開になったのではないでしょうか。

 

「今川勢が京都を取り返し足利家と和解した。いや、また武田勢が京都を取り返し、芦川家と和解した」の繰り返しが起こり、日本統一は数百年遅れたのではないでしょうか。

 

ヘタをすれば、西欧列強の帝国主義が襲ってくる際に、まだ日本は戦国時代のままで、各地の大名が個別撃破され、日本は他のアジア諸国のように植民化されていたかもしれません。

 

こちらもCHECK

黒母衣衆となり頭角を表す佐々成政
信長の親衛隊「黒母衣衆(くろほろしゅう)」で活躍したのはどんな人たち?ビッグネームから「あの一件」で有名になった無骨者まで!

続きを見る

 

ほのぼの日本史Youtubeチャンネル

 

 

まとめ:織田信長最大の功績は、よいところで本能寺にて死んだこと?

信長包囲網を築き織田信長の邪魔をする足利義昭

 

こうしてみると、よしんば織田信長本人が後世伝えられているほどの革命児ではなかったとしても、この時点で京都に入り、今川氏と武田氏を潰し、さらには日本全土統一という大目標を掲げた時点で、じゅうぶんに日本史のその後の展開に貢献した、といえそうです。ただし、こう考えた時にひとつ、信長本人は不都合かもしれない点が見えてきます。

 

豊臣秀吉に仕える仙石権兵衛秀久

 

新時代への基礎を築いたのは、むしろ後継者の豊臣秀吉。つまり、信長の破壊の跡に、秀吉が出てきたおかげで、日本の変革が可能となった、と言えそうなのです。

 

本能寺の変で「是非に及ばず」と切り替えの早い織田信長b

 

信長の登場は日本史に必要だったが、秀吉に権力を譲ることも、日本史のためには必要だった。となると、史実における信長の功績は、「旧体制のめぼしい大物たちを一掃した」うえで「その本人が、いいタイミングで死んでくれた」ことにあるのではないでしょうか。

 

敵は本能寺にあり!と叫ぶ明智光秀b

 

となると、本能寺の変は、まさにこの上ないタイミングで起こってくれた、日本史の僥倖日本史への功績者は、織田信長本人というよりも、信長、光秀、秀吉の三角関係のバランスであった?!

 

こちらもCHECK

織田信長の首を持って逃げ出す弥助
織田信長の遺体はいったいどこへ消えたのか?あり得たかもしれない光秀と信長の「再開」を妄想してみる

続きを見る

 

本能寺の変の特集

 

戦国時代ライターYASHIROの独り言

三国志ライター YASHIRO

 

こうしてみると、明智光秀こそ、ジュリアス・シーザーをよいところで殺したブルータスの如く、「逆説的な意味での、歴史への大貢献者」だったのかもしれません。信長本人としては、「光秀よ、お前もか!」と叫びたくなるような、悲劇的な運命となりますが。

 

こちらもCHECK

oda-nobunaga-Tenkafubu(天下布武を唱える織田信長)
戦国大名が好んだ「官位」弾正忠とは?信長の家系では代々名乗っていた?明治時代にも残っていた官位

続きを見る

 

はじめての戦国時代

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
YASHIRO

YASHIRO

通説では「ダメ人物」とされている人について、史料に則しつつも「こういう事情があったのではないか?」と「弁護」するテーマが、特に好きです。愚将や悪人とされている人物の評価を少しでも覆してみたい!がモチベーションです。日本人の「負けた者に同情しがちな心理」大切にしたいと思っています
【好きな歴史人物】
南朝側の武将全員!

-戦国時代
-