自らを神だと豪語したのに割と部下になめられていた織田信長

18/07/2022


oda-nobunaga-Tenkafubu(天下布武を唱える織田信長)

 

自らを神だと豪語し、部下にも自分を崇めるように命じた信長ですが、一方で、案外に部下になめられていたような話があります。越前国には、劔神社があり、ここは織田氏発祥の地として代々の織田家が氏子を勤めていました。

 

こちらもCHECK

nobunaga-oda-Honnoji(本能寺の変の織田信長)
信長殺しの真犯人は誰だったのか?あえて本格ミステリー小説のノリで考えてみた

続きを見る

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

姉妹メディア「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

yuki tabata(田畑 雄貴)おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、姉妹メディア「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


劔神社を府中3人衆に監督させていた織田信長

佐々成政

 

越前朝倉氏が滅んだ後、この劔神社は府中3人衆である佐々成政、不破光治、前田利家に監督されていたのですがこの3人が監督してより4年間の間。劔神社の石高も調べずに放置したままで神社の収入が確定しないので神社を修理できず神社内部が荒れ果てていたというのです。

 

こちらもCHECK

黒母衣衆となり頭角を表す佐々成政
信長の親衛隊「黒母衣衆(くろほろしゅう)」で活躍したのはどんな人たち?ビッグネームから「あの一件」で有名になった無骨者まで!

続きを見る

 

三国同盟を潰したあの男

 

 

織田信長激怒

浅井長政が裏切りキレる織田信長

 

その事を知った信長は怒り、近習の菅谷長頼と下石頼重を派遣して「お前達では頼りにならないから、この両名に劔神社の石高の調査を命じる言い訳など聞きたくない」と厳しくりつけていました。この書状は天正7年(1579年)のもので信長の割と晩年の書状です。

 

こちらもCHECK

oda-nobunaga-Tenkafubu(天下布武を唱える織田信長)
戦国大名が好んだ「官位」弾正忠とは?信長の家系では代々名乗っていた?明治時代にも残っていた官位

続きを見る

 

織田信長スペシャル

 

 

戦国時代ライターkawausoの独り言

kawauso

 

なんというか、表面的にはどう見えても信長は案外、部下になめられていたように思えるのは私だけでしょうか?

 

参考文献:信長の親衛隊

 

こちらもCHECK

稲葉一鉄(稲葉良通)
美濃三人衆とは?信長に美濃を取らせた西美濃の実力者が辿る三者三様の運命

続きを見る

 

ほのぼの日本史Youtubeチャンネル

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カワウソ編集長

カワウソ編集長

日本史というと中国史や世界史よりチマチマして敵味方が激しく入れ替わるのでとっつきにくいですが、どうしてそうなったか?ポイントをつかむと驚くほどにスイスイと内容が入ってきます、そんなポイントを皆さんにお伝えしますね。日本史を勉強すると、今の政治まで見えてきますよ。
【好きな歴史人物】
勝海舟、西郷隆盛、織田信長

-織田家(戦国), 雑学(戦国時代)
-