松平元康最初の大仕事、兵糧運びは重要な任務だった【どうする家康】

20/01/2023


 

コメントできるようになりました 織田信長

 

家臣にどうする?と迫れられる徳川家康

 

2023年のNHK大河ドラマは「どうする家康」です。その第一話は「どうする桶狭間」で、今川義元に兵糧の輸送を命じられた松平元康時代の家康が登場します。兵糧運びなんて地味な仕事のようですが本当は超重要で誰にでも任せられる仕事ではなかったのです。

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

姉妹メディア「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

yuki tabata(田畑 雄貴)おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、姉妹メディア「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 ほのぼの日本史レポート引用について



戦場に兵糧を運ぶ小荷駄隊

兵糧を運ぶ兵士

 

戦国時代の戦場では兵士は2~3日の兵糧を自前で調達する事を義務付けられていました。どうして、2~3日かと言えば、当時の合戦は大体2~3日で終わっていたからです。

 

今川義元

 

 

しかし、時代が進み、戦国大名が強大化すると戦も長期化していき、足軽たちが持ってきた兵糧では足りなくなります。このため戦国大名は小荷駄隊(こにだたい)という補給部隊を組織して、合戦が起きている近くまで兵糧を輸送していました。松平元康が義元に命じられた任務は、まさに小荷駄隊を指揮する小荷駄奉行だったのです。

 

戦国時代の城攻め武器

名古屋城
戦国時代の攻城兵器11選

続きを見る

 

どうする家康

 

 

 

敵ばかりか野盗にも狙われる小荷駄隊

自分の鎧が目立ちすぎて怯える徳川家康

 

桶狭間の戦いで松平元康は、三河勢を率いて前線の大高城に兵糧を運び込みます。今川軍は2万とも4万とも言われる大軍で、運び込む兵糧も膨大でした。ちょっと聞くと、兵糧を運び込むのは大変かも知れないけど、織田軍と戦うわけじゃないし、そこまで命懸けじゃないよなと思ってしまいそうですがとんでもありません。兵糧を運び込む小荷駄隊は真っ先に狙われる存在でした。

 

 

battle-Soldier(合戦に参戦する兵士)

 

 

第一に小荷駄隊は兵糧を運ぶのが仕事なので重い武器を持っていません。そのために小荷駄隊を護衛する部隊がいたくらいです。そのため敵から見れば小荷駄隊は反撃を受ける可能性が小さい上に、全滅させる事ができれば兵糧を奪い取れるボーナスステージみたいなものでした。

 

桓騎

 

 

小荷駄隊は軽装備のせいで、多少規模が大きい野盗にさえ狙われる存在であり、小荷駄隊を指揮する武将は少しも気が抜けませんでした。

 

こちらもCHECK

singen-takeda(武田信玄)
武田信玄と北条氏政、勢力拡大の共通点【ライバルの不幸は蜜の味】

続きを見る

 

47都道府県戦国時代

 

 

 

正規軍の邪魔にならない距離感も大事

もう嫌じゃーと嘆く徳川家康

 

小荷駄奉行は兵糧を城に運び込んで終りではありません。兵糧を奪われないように合戦が終わるか担当を交替するまでは、警戒を絶やす事は出来ませんでした。

 

また、小荷駄隊の位置にも気を配る必要があり、敵と味方が戦っている場所からは、少し離れて合戦の邪魔にならないようにし、だからと言って離れすぎるのもダメでした。このように小荷駄奉行は危険と隣り合わせな上に細心の注意が必要なので、どの陣営でも特に優れた武将にしか任せなかったのです。

 

こちらもCHECK

豊臣秀吉を励ます黒田官兵衛
「戦国最大の軍師」黒田官兵衛が天下取りに向けて仕掛けた最後の「博打」とは?

続きを見る

 

はじめての戦国時代

 

 

 

家康は今川義元に信頼されていた

今川義元

 

以上のことから考えて、松平元康時代の家康は今川義元に信頼されていて、かつ兵糧の運搬を任せられるレベルで有能であった事が分かります。家康が叛けば大量の兵糧が織田方に渡ってしまい、今川軍は飢えに苦しむ事になるので、家康への信頼はかなり厚いと考えても良さそうです。

 

堂々たる甲冑姿で佇む徳川家康

 

 

近年では、家康は義元の人質で松平家は傀儡に過ぎなかったとする従来の説も見直され、義元は家康を今川の一門衆に準じた扱いをし将来的には岡崎城を明け渡すつもりだったのではないかとも言われています。家康としても、そこまで義元に期待されているなら、見事に兵糧を大高城に運び込めば岡崎城に戻って一国一城の主になれるという期待もあったかも知れません。

 

家康レベル1の装備は?

家臣にどうする?と迫れられる徳川家康
徳川家康が人生をスタートさせた時の徳川家の状況は?【どうする家康】

続きを見る

 

武田信玄

 

 

 

義元の死で望みは一度消えるが

今川義元の首を取り名を上げた毛利良勝(毛利新介)

 

無事に大高城に兵糧を運び込んで義元の期待に応えた家康ですが、義元は桶狭間で休憩中に織田信長の奇襲を受けて討ち取られてしまいました。こうして義元に気に入られて岡崎城に帰還する夢が潰えた家康ですが、義元の死後、家督を継いだ今川氏真は家康が織田方につく事を牽制するために、岡崎城への帰還を認めます。以後、家康は弱体化する今川家を見限り、織田信長と同盟を結んで逆に、今川家の領地を侵食していく事になるのです。

 

家康の伯父さんは超有能

armor(鎧を身にまとう武士)
水野信元とはどんな人?石高堂々の24万石!尾張と三河に跨る中堅戦国大名

続きを見る

 

上杉謙信特集

 

 

 

日本史ライターkawausoの独り言

朝まで三国志2017-77 kawauso

 

大河ドラマでは弱虫家康として登場する徳川家康ですが、本当に弱虫なら義元に重要な兵糧運搬の仕事を任せられないでしょう。家康の潜在能力は高く、義元もその将来性を買い、同時に今川家への忠誠をみきわめるために、大事な仕事を家康に任せたのだと思います。

 

家康の正室は高飛車?

築山殿(瀬名姫) 女性
築山殿(瀬名姫)とはどんな人?嫁姑問題が命取りになり家康に殺された悲劇の姫

続きを見る

 

織田信長スペシャル

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カワウソ編集長

カワウソ編集長

日本史というと中国史や世界史よりチマチマして敵味方が激しく入れ替わるのでとっつきにくいですが、どうしてそうなったか?ポイントをつかむと驚くほどにスイスイと内容が入ってきます、そんなポイントを皆さんにお伝えしますね。日本史を勉強すると、今の政治まで見えてきますよ。
【好きな歴史人物】
勝海舟、西郷隆盛、織田信長

-徳川家(戦国)
-,