【鎌倉殿の13人 プチ雑学】義経は2人いた!


義経記 書類

 

鎌倉殿の13人ネタですけど、義経は2人いたという話があります。二人静ならぬ二人義経ですね。もう1人の義経は山本義経という名前で河内源氏ではなく近江源氏でサムライのカリスマである源義家の弟、新羅三郎義光の4代の後裔です。

 

kawauso編集長

 

つまり、こちらも源氏で源義経であるという事ですね。経歴は、なかなか派手で延暦寺の坊主を殺害して佐渡に流され、1180年に罪を許され帰郷。そこから各地の源氏旗上げに呼応して弟の柏木義兼ら近江源氏とともに挙兵。水軍で琵琶湖を抑え熱田に浮橋を浮かべて北陸からの年貢を差し止めます。さらに近江勢は三井寺に討ち入り京都を騒然とさせました。

 

平安の暴れん坊将軍 木曾義仲

 

その後も平家相手に奮戦しますが、頼朝ではなく木曾義仲の入京に呼応したのが運の尽き1184年1月20日に宇治川で義仲と共に源義経、範頼の軍と戦い大敗しその後記録から消えます。奇しくも九郎義経と入れ替わるように歴史から消えた山本義経もし、頼朝方に与していたら「どっちの義経?」とさぞかし面倒な事になったでしょうね。

 

関連記事:源義経が平家討伐の総大将じゃなかった?ってホント

関連記事:源義経の妻は何人?兄頼朝譲りのスケベだったの?

 

源義経

 

ほのぼの日本史Youtubeチャンネル

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カワウソ編集長

カワウソ編集長

日本史というと中国史や世界史よりチマチマして敵味方が激しく入れ替わるのでとっつきにくいですが、どうしてそうなったか?ポイントをつかむと驚くほどにスイスイと内容が入ってきます、そんなポイントを皆さんにお伝えしますね。日本史を勉強すると、今の政治まで見えてきますよ。
【好きな歴史人物】
勝海舟、西郷隆盛、織田信長

-鎌倉殿の13人
-,