源義経の妻は何人?兄頼朝譲りのスケベだったの?【鎌倉殿の13人】


だまし討ちで無駄に相手を射殺する源義経

 

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」登場時から兎一羽を巡って簡単に人を殺してしまうバーサーカーとして登場した義経ですが、実は兄頼朝に負けない女好きである疑惑が登場してきました。

 

源義経

 

悲劇の英雄として、これまで下半身問題はボカされ、静御前を一途に愛する愛妻家扱いをされてきた義経ですが、実際彼の妻は何人いたのでしょうか?

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

姉妹メディア「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

yuki tabata(田畑 雄貴)おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、姉妹メディア「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


あれだけ義仲に会いたがっていたのにウヒョを取る

藤原秀衡を振り切り密かに館を抜け出す源義経

 

NHK大河ドラマ鎌倉殿の13人、第13話「幼馴染(おさななじ)みの(きずな)」では、これまで純粋なバーサーカーキャラだった義経に新たな一面が浮上しました。

 

比企能員 鎌倉

 

 

合戦がしたくてたまらず、義時に無理を言ってまで信濃の源義仲へ会いに行く随員に選ばれた義経ですが、同じ日の夜に比企能員(ひきのよしかず)の屋敷に招かれ、能員の娘、郷御前(さとごぜん)を紹介されると一目ぼれ、夜の間にウヒョに及び、翌日は寝過ごして義時においてけぼりを食わされたのです。

 

粗暴と純粋が混在したような源義経

 

もっとも、この段階で未婚の義経ですから頼朝と違い浮気ではありません。ただ、純粋なバーサーカー義経がスケベ狂戦士のイメージに変わった人も多いのではないでしょうか?

 

関連記事:義円とはどんな人?本当に義経の発言で死に追いやられたの?【鎌倉殿の13人】

関連記事:源義経は本当にサイコパス?簡単に人を殺してしまう性格はどうして?【鎌倉殿の13人】

 

はじめての平安時代

 

 

 

義経の妻は知られているだけで3人

サイコパスで空気が読めない源義経

 

源義経の妻については、正室郷御前以外にも、有名な静御前(しずかごぜん)や、平家一門の平時忠(たいらのときただ)の娘である蕨姫(わらびひめ)が知られています。もっとも正室は生涯、郷御前であり静御前も蕨姫も(めかけ)として、正室よりは1ランク落ちる扱いをされています。

 

女好きだった源頼朝

 

こうして見ると義経は静御前一途というわけでもなく、頼朝同様の恋多き男という事かも知れません。さて、ここからは義経のそれぞれの妻について解説します。

 

関連記事:平清盛とはどんな人?八方美人はなんで独裁者に変貌した?【鎌倉殿の13人】

関連記事:藤原秀衡とはどんな人?都の公家に野蛮人と嫌われた北の帝王【鎌倉殿の13人】

 

源義経

 

 

実は比企能員の娘ではない郷御前

戦国時代の武家屋敷b

 

最初に正室の郷御前について解説します。ドラマでは比企能員の娘として紹介されていましたが、郷御前は比企能員の娘ではなく、武蔵国の豪族、河越重頼(かわごえのしげより)の娘です。

 

ただ比企氏と無関係かというとそうではなく、河越重頼の妻は頼朝の乳母である比企尼の次女、河越尼なので、郷御前もちゃんと比企氏の血を引いている事になります。

 

比企尼 女性 鎌倉殿の13人

 

また、結婚した時期もドラマとは違い、義経が義仲を破って上洛した後である元暦元年(1184年)9月14日です。ただ、婚儀自体はそれ以前から決まっていたようで、義経が鎌倉にいる時から準備は進んでいたのかも知れません。

 

鎌倉を拠点にした源頼朝

 

京都に上洛した郷御前は、頼朝に疎まれ討伐される義経を見捨てずに最後まで付き従い、娘と共に藤原秀衡が支配する奥州平泉まで逃げのびました。

 

兄と喧嘩して逃げてきた源義経を匿う藤原秀衡

 

しかし、頼みの秀衡はまもなく病死。文治(ぶんじ)5年(1189年)(うるう)4月30日、鎌倉の頼朝の脅迫に耐えかねた藤原秀衡(ふじわらのひでひら)の子、泰衡(やすひら)衣川(ころもがわ)に義経一党を襲撃すると義経は22歳の郷御前と4歳の娘を殺し、その後自害したと伝わります。義経の正室として、一途に夫を支え続け苦楽を共にした見事な最期でした。

 

関連記事:源義経はどんな人?実は名門出でプライドが高い?元祖異世界転生英雄の生涯

関連記事:源義経とはどんな人?平家を滅ぼした英雄はどうして兄に疎まれたのか?

 

源頼朝

 

 

義経を伝説にした静御前

小野小町

 

静御前は平安末から鎌倉初期の白拍子(しらびょうし)です。白拍子は芸能を専業とする遊芸人で権力者の屋敷に招かれては歌い舞を舞い、神社仏閣では芸能を奉納していました。

 

静御前の母は磯禅師(いそのぜんし)と言い、同じく白拍子で静は母と共に暮らして生計を立てていたようです。

 

義経記 書類

 

身分の性質上、静御前が義経に出会った具体的な逸話はありませんが、義経の生涯を描いた「義経記(ぎけいき)」によると、日照りが続いたので後白河法皇が100人の容姿端麗な白拍子に舞を舞わせて雨乞いをさせたところ、99人までは一滴も雨が降りませんでした。

 

権力を失った後白河天皇

 

しかし、100人目の白拍子が舞を披露した途端黒雲が出現し、3日間も大雨が降り続きます。その百人目の雨女が静御前であったそうで、その後、住吉でも静御前が雨乞いをした時に義経が見初めて妾にしたと伝わります。

 

源義経と頼朝を対立させようとした後白河天皇

 

静御前は義経が挙兵に失敗して、九州で再起を図ろうとした時に義経に従う人々としてカウントされていますが、船は暴風雨で難破し、義経が九州行きを断念して平泉に向かう途中、別れ別れとなり、頼朝が出した追手に逮捕され鎌倉に送られ義経の居場所について尋問を受ける事になります。

京都御所

 

鎌倉においても義経の妻である事を誇りにし、毅然(きぜん)とした態度を崩さなかった静御前ですが、すでに義経の子を身ごもっていました。頼朝は女子なら見逃すが男子なら生まれた直後でも取り上げて由比ヶ浜に捨てて殺害すると宣告します。

 

無情にも生まれた子は男子で、安達清常(あだちのきよつね)が赤子を渡すように静御前に厳しく迫りますが、静御前は赤子をしっかり抱きしめて泣き叫び、決して手放そうとしません。そして数時間後、頼朝の怒りを恐れた母の磯禅師が赤子を静の手から取り上げ安達清常に渡しました。

 

こうして静御前と磯禅師は許され、京都に帰ったと伝えられます。義経の愛人として有名な静御前ですがその最後を共にする事はありませんでした。

 

関連記事:梶原景時とはどんな人?義経と敵対し悪役にされた頼朝の忠実な部下【鎌倉殿の13人】

関連記事:和田義盛とはどんな人?脳筋だが純粋な心を持つ坂東武者【鎌倉殿の13人】

 

はじめての鎌倉時代

 

 

詳細が不明な蕨姫

NHK大河ドラマ 平清盛風

 

蕨姫は、権大納言平時忠(ごんだいなごん・たいらのときただ)の娘です。平時忠は平清盛の継室、平時子の弟であり、平治の乱で平清盛が台頭すると時忠も引き立てを受けて権勢を振るいます。

 

 

よく知られている「平家にあらずんば人にあらず」は、この時忠の言葉だと言われています。

 

そんな時忠も平家の都落ちに従って各地を転々とし、壇ノ浦の戦いの後、源氏に捕らえられて捕虜になりました。しかし、老獪(ろうかい)な時忠は平家を滅ぼした功労者である義経に取り入ろうとして、娘の蕨姫を妾として義経に差し出します。その影響もあってか、能登に流罪になる予定の時忠を義経は中々護送せず頼朝の怒りを買っています。

 

平家物語 書類

 

また、平家物語によれば、時忠は平家の重要文書を義経に押収され、それを返してもらおうと娘を妾に差し出そうと考えますが、現在の妻の娘は惜しいので、前妻との間に出来た当時23歳の蕨姫を差し出したと書かれています。

 

蕨姫に泣きつかれた義経は封も切らずに文書を時忠に返却、時忠は急ぎ文書を焼き捨てたとされています。蕨姫は義経が挙兵に失敗して都落ちした後から記録に登場しなくなるそうで、義経と行動を共にせず京都で余生を送ったと考えられているそうです。

 

関連記事:平家は一日にして成らず苦労して成りあがった平家ヒストリー

関連記事:源平合戦は虚構?本当は全面対決してない源氏と平氏

 

はじめての平安時代

 

 

日本史ライターkawausoの独り言

朝まで三国志2017-77 kawauso

 

こうしてみると郷御前も静御前も蕨姫も義経が上洛を果たしてから、義経と同居しだした事が分かります。義経が京都にいたのは3年余りであり、その間に3人の女性と関係を持ったのだとしたら、傍目にはかなり派手な女性関係と映った事でしょう。

 

ただ、源氏の御曹司(おんぞうし)として平家を滅ぼす大功を立てた義経が自分の跡継ぎを早く作って、一家を立てようと考えても当時としては不自然ではなく、スケベだったというよりも、早めに跡継ぎを産んで家を存続させたいとする考えが先だったかも知れませんね。

 

関連記事:河内源氏が東国武士の棟梁になった切っ掛けは?

関連記事:源頼朝と武田信義はどうして仲が悪い?七十年前の殺人事件が関係【鎌倉殿の13人】

 

ほのぼの日本史Youtubeチャンネル

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カワウソ編集長

カワウソ編集長

日本史というと中国史や世界史よりチマチマして敵味方が激しく入れ替わるのでとっつきにくいですが、どうしてそうなったか?ポイントをつかむと驚くほどにスイスイと内容が入ってきます、そんなポイントを皆さんにお伝えしますね。日本史を勉強すると、今の政治まで見えてきますよ。
【好きな歴史人物】
勝海舟、西郷隆盛、織田信長

-鎌倉時代
-,