山形県の戦国時代はどんな様子?炎立つ!最上と伊達と上杉が支配を争った東北の雄

18/06/2022


戦国時代の合戦シーン(兵士モブ用)

 

youtubeで話題沸騰!なぜかこれまで存在しなかったご当地戦国時代特集。今回は東北、山形県の戦国時代をメインに古代から廃藩置県頃までを解説します。

 

戦国大名伊達政宗(だてまさむね)最上義光(もがみよしあき)上杉景勝(うえすぎかげかつ)が本拠地を置いた時期もある山形県の戦国時代。果たして、どんな様子だったのでしょうか?

 

2分足らずで山形県の歴史がそこそこ分かる動画

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

姉妹メディア「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

yuki tabata(田畑 雄貴)おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、姉妹メディア「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


大型哺乳類を追ってハンターが山形圏域に住み着く

三種の神器(八咫鏡 天叢雲剣 八尺瓊勾)

 

山形県域に人が住み始めたのは3万年前後期旧石器時代にさかのぼります。当時の日本列島は大陸と地続きで、大型哺乳類であるナウマンゾウやオオツノシカ。ヘラジカがいて、これらを狩るハンターが登場しました。

 

この時代の遺跡は、最上川や荒川(あらかわ)赤川(あかがわ)の主要な河川からその支流の河岸段丘上(かがんだんきゅうじょう)に100カ所以上発見され、槍先に使う斜軸尖頭器(しゃじくせんとうき)や木の枝や骨に溝を付けて刃を埋め込んで使いやすくした石刃などの狩猟用道具が発見されています。

 

縄文時代の遺跡も多いですが、三崎山遺跡(みさきやまいせき)からは大陸との交易でもたらされたとみられる3000年前の青銅刀子(せいどうとうす)が出土しています。これは日本国内の出土例としては最も古い部類に入ります。

 

関連記事:香川県の戦国時代特集!戦国大名十河存保を産み出した歴史を解説【ご当地戦国特集】

 

日本古代史を分かりやすく解説「邪馬台国入門はじめての邪馬台国

 

 

寒冷化の影響で弥生文化が後退し続縄文文化が繁栄

 

山形県域には日本海海運の発達により弥生文化の伝播(でんぱ)も早かったのですが、気候の寒冷化で山形県域での稲作は振るわなくなり弥生後期になると、北海道領域から続縄文文化(ぞくじょうもんぶんか)が県内を南下していきました。

 

この傾向は7世紀頃まで続き弥生文化が継続していく関東以南と東北との間に文化の違いを産んでいきます。

 

前方後円墳(古墳)

 

山形県の古墳時代の到来は日本海の海上交通が早くから開けていた影響で4世紀前半には前方後円墳である稲荷山古墳(いなりやまこふん)が造営されています。

 

 

当初、庄内地方は越後国の置賜(おきたま)、村山、最上地方は陸奥国の一部でした。しかし、越後国の要請で和銅元年(708年)に出羽郡(でわぐん)が置かれました。当初、出羽は「いでは」と読み、出端(いでは)の意味で越後から見て北端に出ていた事から命名されたと言われています。翌年には出羽柵(でわさく)が設置されました。

 

関連記事:北海道の戦国時代を徹底解説!すべては道南十二館から始まった【ご当地戦国特集】

 

大和朝廷

 

 

大和朝廷の東北支配の拠点 出羽柵

大和朝廷を建国したカムヤマト

 

出羽柵とは防御陣地であると共に行政府の役割も持っています。つまり、大和朝廷による東北地方の蝦夷(えみし)征服活動の拠点でした。

 

大和朝廷は出羽柵の強化に力を入れ、和銅7年(714年)には尾張、上野(こうずけ)、信濃、越後等から二百戸の住民を出羽柵に移動します。その後も716年には信濃、越前、越後から100戸。717年には信濃、上野、越前、越後から各100戸。719年には東海道、東山道、北陸道から200戸を出羽柵へ編入させ合計では1300戸にもなりました。

 

移住者は公民の身分で蝦夷地を教化し、出羽国の開発や開拓を担わせ同時に戦争では兵士として戦う事になります。蝦夷は続縄文文化の中で生活しており、弥生文化の基礎に建つ大和朝廷とは激しく対立。8世紀末の坂上田村麻呂(さかのうえ・たむらまろ)の蝦夷討伐まで抗争が続いていく事になります。

 

関連記事:沖縄県の戦国時代を徹底解説!いったい他府県とどう違う?【ご当地戦国特集】

 

はじめての平安時代

 

 

出羽郡の位置は?

元明天皇(女性)

 

出羽郡の範囲は最上より以南の庄内地方を指しているらしいですが、正確な位置については諸説あるようです。和銅5年(712年)に出羽国建国が上奏され、元明天皇(げんめいてんのう)に裁可、陸奥国から最上(もがみ)と置賜の2郡を分けて出羽郡が設置、庄内(しょうない)に国府が置かれました。

 

仁和(にんな)2年(886年)最上郡が2郡に分割され、北が村山郡、南が最上郡となり出羽街道も整備されます。

 

関連記事:岩手県の戦国時代はどんなだった?【ご当地戦国特集】

 

アンゴルモア合戦記の特集

 

 

11世紀、炎立ちまくり

脳筋だが純粋な心を持つ坂東武者 和田義盛

 

平安時代の山形県域には数多くの荘園(しょうえん)が出現、その多くは藤原摂関家(ふじわらせっかんけ)の支配下にありました。11世紀後半、豪族安倍氏と大和朝廷との間に抗争が起こり、前九年の役になりますが、この時、討伐軍の源頼義(みなもとのよりよし)に在地豪族の清原氏が加担して安倍氏を滅ぼし出羽国の支配者になります。

 

次に清原氏の後継者争いでは、藤原清衡(ふじわらのきよひら)が河内源氏で陸奥守の源義家(みなもとのよしいえ)を味方にして後三年の役を戦い勝利。義家が朝廷に許しを得ずに後三年の役に介入した咎で奥州から勢力を後退させると、平泉を拠点に奥州藤原氏が成立。摂関家の荘園を奥州藤原氏が管理します。

 

中村主水のような殺し方を得意とした善児

 

しかし、奥州藤原氏も百年の栄華の末に源頼朝による奥州征伐であえなく滅亡しました。

 

関連記事:宮城県の戦国時代はどんなだった?【ご当地戦国特集】

 

元寇

 

 

山形県域に関東御家人が続々入植

源義経の鵯越の逆落とし.jpg

 

出羽には、奥州討伐の功績があった関東の御家人、武藤氏(むとうし)、大江氏、里見氏、大宝寺(たいほうじ)氏が地頭請(じとうう)けとして入り込んで勢力を拡大していきます。南北朝期には、陸奥国奥州探題(むつのくにおうしゅうたんだい)斯波氏(しばし)が分家して山形に勢力を扶植(ふしょく)し、最上郡の地名にちなんで最上氏を名乗ります。

 

 

伊達稙宗が東北ハプスブルグ王国を築く

自分の息子や娘を各地の戦国大名と縁組し伊達家の勢力を強化する伊達稙宗

 

室町時代初期には、陸奥国伊達郡にいた伊達氏が置賜地方に侵攻し長井氏を支配下に置きます。戦国時代に入ると、山形県域は最上郡に最上氏、置賜郡に伊達氏、庄内には大宝寺氏が割拠して抗争を繰り広げました。

 

その後、戦国のビッグダディこと伊達稙宗(だてたねむね)が勢力を伸ばし羽州探題(うしゅうたんだい)最上義定(もがみよしさだ)長谷堂城(はせどうじょう)の戦いで破り、妹を義定の正室に送り込むなどハプスブルグ外交を展開して東北に勢力を拡大します。

 

蘆名盛氏

 

しかし、縁組につぐ縁組で、東北の有力大名を大半息子にした結果、実子(じっし)である伊達晴宗(だてはるむね)との間で相続地を巡り激しい抗争が生じ天文(てんぶん)の乱が勃発。陸奥と出羽の大名を巻き込んで泥仕合を演じた挙句に蘆名氏(あしなし)などが独立、最上氏も伊達氏の影響下から離脱しました。

 

伊達氏内部でも家臣団が二分し、中野氏が勢力を伸ばすなどして伊達氏の勢力は急速に衰退します。

 

関連記事:伊達稙宗とはどんな人?東北ビッグダディ、天文の乱を引き起こす

 

はじめての鎌倉時代

 

 

最上vs伊達の戦いは政宗の反則負け

伊達政宗

 

戦国後期には、最上義光(もがみよしあき)、伊達氏には伊達政宗の名将が登場し一大版図を築きますが、畿内の戦いを制して九州と四国を制圧した豊臣秀吉が小田原攻めにやってくると、秀吉の許可を得ない勢力抗争を全て禁止する惣無事令(そうぶじれい)を敷きます。

 

中国大返し(豊臣秀吉)

 

しかし、まだ若い政宗は言う事を聞かずに反発し戦争を続け窮地に陥りました。なんとか秀吉に謝罪して許された伊達政宗ですが、内心では不満で奥州仕置に反感を持つ東北の大名を扇動し、葛西大一揆(かさいだいいっき)をけしかけるなどコソコソ反発。

 

皆殺しをする伊達政宗

 

今度も秀吉の不信を買い、大崎と葛西の旧領地に移転を命じられ、米沢や伊達郡、信夫郡(しのぶぐん)を取り上げられ山形県域から宮城県域に去る事になりました。ちょい悪政宗は自分のせいで山形県域支配を断念する事になり政宗の反則負けで最上と伊達の勢力争いに終止符が打たれます。

 

関連記事:相馬義胤はどんな人?伊達政宗絶対許さんマンの正々堂々人生

 

はじめての戦国時代

 

 

最上義光が慶長出羽合戦で上杉景勝を破る

名古屋城

 

かわりに広大な政宗の領地を支配したのは、蒲生氏郷(がもううじさと)の家老、蒲生郷安(がもうさとやす)でした。しかし、まもなく病死し息子の蒲生秀行(がもうひでゆき)が継ぎますが90万石もの領地を運営するのは難しく、18万石に減封され代わりに五大老上杉景勝が支配者として入ります。上杉景勝は、最上義光の新たな競争相手になりました。

 

徳川家康vs石田三成(関ヶ原の戦い)

 

秀吉死後、関ケ原の戦いでは最上義光は伊達政宗共々、東軍の徳川家康に味方し、石田三成についた景勝と戦い慶長出羽合戦に勝利します。義光は上杉氏から奪った庄内地方などの領有を認められ、上杉領である置賜郡を除く現在の山形県全土と由利郡計57万石を領有し出羽の支配者となりました。

 

関連記事:豊臣秀吉による惣無事令って何?わかりやすく解説

 

武田信玄

 

 

江戸時代には譜代大名と天領が置かれる

にぎわう市(楽市・楽座)

 

山形県のご当地英雄になった最上氏ですが江戸初期に後継者が絶え最上氏が改易されます。

 

その後、山形藩に譜代大名の鳥居忠政(とりいただまさ)が入り、山形県は庄内藩に酒井忠勝(さかいただかつ)、新庄藩に戸沢政盛(とざわまさもり)上山藩(かみのやまはん)松平重忠(まつだいらしげただ)など譜代大名が多く入る事になりました。これら以外にも、上杉鷹山(うえすぎようざん)で有名な米沢藩、米沢新田藩(よねざわしんでんはん)、松山藩、天童藩(てんどうはん)長瀞藩(ながとろはん)の各藩と、20万石に及ぶ幕府直轄地が置かれて幕府の資金源として機能します。

 

山形圏域は、河道整備や舟運の発達で最上川が主要な輸送ルートとなり、流域では商業が発展し上方の文化が流入しました。

 

関連記事:伊達吉村とはどんな人?仙台藩中興の祖に人気がない理由

 

はじめての戦国時代

 

 

7県あった県が山形県に統合

国会議事堂

 

戊辰戦争では、多くの譜代大名の藩がある関係で佐幕藩が多く出て薩長軍と交戦します。しかし、戦争は薩長軍の勝利に終わり米沢、上山(かみのやま)、天童、鶴岡(庄内)・松山の各藩が減封されました。

 

その後、米沢新田藩が廃止され米沢藩へ編入、その他の鶴岡と松山藩は存続しますが鶴岡は大泉藩、松山藩は松嶺藩(まつみねはん)と改称されます。

 

紆余曲折を経て廃藩置県後、米沢県、上山(かみのやま)県、天童県、新庄県、大泉県、松嶺県が設置され既存の山形県とともに7県が誕生しますが、多すぎるという事で最初に天童県が廃止され山形県に編入されました。

 

同年11月に、第1次府県統合で山形県(村山郡・最上郡)置賜県、酒田県(田川郡・飽海郡(あくみぐん))の3県に統合。明治9年第2次府県統合で、山形、置賜、鶴岡の3県を統合し現在の山形県が誕生します。

 

関連記事:廃藩置県とは?中央集権国家を目指した改革を分かりやすく解説

 

ほのぼの日本史Youtubeチャンネル

 

 

山形県民の特徴

 

はじ三倶楽部 些細な好きでも肯定しあえれば、より自分の好きなことをさらに深めることができる

 

山形県民は「日本一の貧乏藩」といわれた米沢藩の影響が強く上杉鷹山の藩政改革により「清貧の思想」が根付いたそうです。贅沢をせず、自分を抑えて皆の為に働きお金を貯めていく、その姿はまさに「おしん」であり、男女とも堅実に生きていく傾向が強く冗談や悪ふざけを嫌います。

 

当然、いい加減な怠け者や口先だけの嘘つきが大嫌いという事です。全国平均でも、労働時間、共働き率、納税率数値は軒並み高く、現状に不満を抱いたり、犯罪に走る人も極めて稀な働き者が山形県人と言えるでしょう。

 

あなたがいい加減な大ぼら吹きで、「あーあ、ビル・ゲイツの養子になれねえかな」と鼻をほじりながら日々考えている桁外れの怠け者なら、山形県民には近づかないほうが、お互いに賢明かも知れません。

 

関連記事:天守ってぶっちゃけ何?定義とかあるの?

 

はじめての明治時代

 

 

日本史ライターkawausoの独り言

朝まで三国志2017-77 kawauso

 

今回は山形県の戦国時代を解説してみました。

 

奥州藤原氏や、伊達政宗、最上義光、蒲生氏郷や上杉景勝など、多くの著名な豪族や戦国大名が鎬を削った山形県。しかし、山形県民は真面目で倹約家で働き者が多く、ダイナミックな歴史に比較してギャップがあるのも魅力ですね。

 

関連記事:小田原城とはどんなお城?難攻不落の城の秘密や楽しみ方

 

新選組

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カワウソ編集長

カワウソ編集長

日本史というと中国史や世界史よりチマチマして敵味方が激しく入れ替わるのでとっつきにくいですが、どうしてそうなったか?ポイントをつかむと驚くほどにスイスイと内容が入ってきます、そんなポイントを皆さんにお伝えしますね。日本史を勉強すると、今の政治まで見えてきますよ。
【好きな歴史人物】
勝海舟、西郷隆盛、織田信長

-47都道府県戦国時代