昭和時代

満州事変とは?日本を破滅に追いやる切っ掛けだったのか考えてみた

内容に納得がいかないkawauso様

 

日本史の近現代で必ずと言っていいほど触れられるのが満洲事変(まんしゅうじへん)です。

 

1931年に勃発し、いわゆる十五年戦争の発端とされる満州事変ですが、日本が悪かったと教えられるばかりで詳しい内容に触れられる事がありません。そこで今回は公平な視点から満州事変を分かりやすく解説します。

 

満州事変までのポイント

忙しい方にざっくり解答03 kawausoさん

 

では、最初に、ここを押さえれば満州事変までが分かるポイントを解説します。

 

満州には日本が日露戦争で獲得した正当な権益があった
蒋介石(しょうかいせき)は日本に対し清朝が結んだ条約は無効と日本の権益を否定
日本は、親日的な満州軍閥張作霖(ちょうさくりん)に接近して便宜を図り

権益の保護を計るが張は排日運動や外国勢力に迎合。日本と距離を置く

関東軍は張作霖の乗る列車を爆破して張を暗殺する
張作霖軍閥を引き継いだ張学良(ちょうがくりょう)は蒋介石支配下に入り、引き続き

日本の権益を無視した排日行為を続行し日本政府の抗議を無視。

関東軍(かんとうぐん)は満州を中国から切り離し日本統治下に置く事で排日行為を

一気に解決できるとして満州事変を起こした。

 

最初の日露戦争で獲得した正当な権益とはポースマス講和条約で保障されたものです。

 

具体的には、関東洲(遼東半島の付け根部分)と南満州鉄道に付属する土地をレンタルする権利や、東清鉄道の鉄道の敷設権、炭鉱の採掘権などがありロシアから引き継ぎました。

 

鉄道(蒸気機関)に乗るkawausoさん

 

これらの権利は戦争に勝利し条約で承認された権利で当然守られるべきですが、中華民国政府総統(ちゅうかみんこくそうとう)、蒋介石は1919年以後、清朝(しんちょう)と日本が結んだ条約の無効を一方的に通告し、日本の南満州の権益を奪い取ろうとしました。

 

その為、日本政府は条約遵守を求め親日派の満州軍閥、張作霖に接近したり、蒋介石に対し張学良の排日行為を止めさせるように外務省を通じて抗議しましたが、受け入れられず、日本政府は完全に行き詰まります。

 

この状態で日本の満州権益を守るため関東軍は中国の干渉から満州を切り離して、日本の直接支配に置こうと独断で行動したのが満州事変です。

 

はじ三倶楽部 スマホの誤変換でイライラする参加者(はてな)

 

満州事変に至るまでのポイントは、教科書ばかりかTVドラマでも触れられないので、突然、満州に入って来た関東軍が侵略行為を起こしたと錯覚してしまいますが、大事なのは満州には日本の正当な権益があり、関東軍は文民統制を逸脱してまで、それを守ろうとしたという事なのです。

 

関連記事:鶴見中尉のモデルは史実の第七師団にいた!

関連記事:徴兵!近代を背負った成人達の右往左往

 

関東軍とは?

万里の長城

 

満州事変の首謀者となった関東軍とはどんな組織でしょうか?

 

名称の関東とは日本の関東地方の意味ではなく万里の長城の東端、山海関(さんかいかん)の東部、関東洲を守る部隊である事から名付けられました。

 

中華民国から租借していた遼東半島(りょうとうはんとう)先端に位置する関東洲の守備や、南満州鉄道付属地警備の為に設置された関東都督府守備隊(かんとうととくふしゅびたい)が前身で、当初は鉄道周辺と関東洲の租借地を守るだけのごくわずかな規模しかありませんでした。しかし、満州事変から満州国建国と大陸に緊張が高まると共に増員と拡大を繰り返していき、最終的には80万人近い規模にまで膨れ上がりました。

 

関連記事:古今亭志ん生とはどんな人?天才落語家の生涯

関連記事:取り付け騒ぎとは?銀行にお金がないってどういう事

 

【スポーツと共に歩んだ日本近代史】
いだてん

 

 

中華民国の加害行為

みずほ銀行風

 

ここで満州事変の動機となった張学良による日本権益に対する攻撃を見てみます。張学良は南満州鉄道の経営を苦境に陥らせる為に、官民合弁の鉄道会社を興し、満鉄に併設して新しい路線を走らせ安価な輸送単価で経営競争を開始します。

 

すでに世界恐慌のあおりで経営難に陥っていた満道は大赤字を出して深刻な経営難に陥り、3000人もの社員解雇、昇給停止、破損車両の補修中止など支出削減を余儀なくされました。

 

はじ三倶楽部 三国志警察

 

ここまでなら経済競争であり仕方ありませんが、張学良はさらに満鉄の付属地に柵を巡らし通行口には監視所を設けて二重に税金を取ったほか、盗売国土懲罰令を制定して、日本人や朝鮮人に土地を貸したり売却した者を国土を盗んで売る者として処罰しました。

 

また、日清間の善後条約で正当な許可を得て満鉄付属地外で経営していた日本企業の許可を一方的に取り消し、警察力で営業を妨害したので経営不振が相次ぎます。

国会議事堂

 

もちろん日本の外務省は張学良に抗議しましたが、張は、外交権は南京政府にあると黙殺し、南京政府も何の対策も打ちませんでした。この張学良による日本排斥による懸案は満州事変に至るまでに370件に及び、痺れを切らした関東軍は本国政府を無視し独断行動に出たのです。

 

これらのニュースは当然日本にも入っていて、新聞は日本政府の弱腰を非難し国民も若槻礼次郎内閣の協調外交に失望していました。関東軍が独断で起こした満州事変が日本国内で大歓迎された背景には、中華民国や張学良軍閥による執拗な排日行為があったのです。

 

関連記事:華族とは?四民平等から誕生した特権階級を紹介

関連記事:海賊と呼ばれた男のモデル出光佐三とはどんな人?

 

【世界が歩んだ軌跡がまるっと分かる】
まるっと世界史 特集バナー

 

 

リットン調査団の報告書

海上での戦い(地図と本)

 

リットン調査団は満州事変後に中華民国が国際連盟に日本の侵略行為を提訴した結果、国際連盟理事会が実情把握の為に送り込んだイギリスのリットン卿を団長とする調査団です。

 

教科書などでは、リットン調査団は満州事変を関東軍の自作自演の侵略行為であると批難し自衛行為とは認められないと断定。日本政府は憤慨し、国際連盟を脱退して世界の孤児になったと締めくくられる事が多くなっています。

 

しかし、リットン卿の調査報告書を子細(しさい)に見ると満州事変については侵略であると認めつつも、日本が従来満州で保有する権益は保障し中華民国に対しても不買運動で排日を煽る先に平和はないと厳しく排日運動を批判していました。

 

退却する敵軍を全滅させる冷酷なナポレオン

 

それも当たり前で、帝国主義の時代である当時、強国が弱国に不平等条約を押し付けて、権益を得るという事は当たり前に起きている合法行為であり、日本の権益を全否定すれば、当然、西洋列強が中国に保有する権益も否定しなければならなくなります。

 

ところが日本では、リットン報告書の「満州事変は侵略であり容認できない」という部分が強調して伝えられ軍部が憤慨。世論もリットンの報告書を一方的だと受け入れませんでした。

 

小説を執筆するコナン・ドイル

 

満州事変は関東軍自作自演の侵略でしたが、だからと言って中華民国が主張するように日本の満州権益を全て破棄せよという意見が大勢を占めたわけではなく、従来の条約で保障された権益は保護し満州事変はリセット!今後は外交で仲良くやって下さいというのが、リットン卿の報告書の内容です。

 

関連記事:藩閥政治とは?いつ始まりどうして終わったのかを分かりやすく解説

関連記事:国力は軍艦で決まる清 vs 日本の建艦競争の結末は?

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末はじめての幕末

 

満州の魔力

三国志 シルクロード

 

ただ、あまりに満州事変の手際が鮮やかでロクな抵抗もない内に勝利した事で、日本は満洲事変で得た成果を手放す事を惜しんでしまいました。満州は日本の4倍の面積を持ち、石炭、石油、アルミニウム、鉄鉱石が採掘でき、陸地から水平線が見える平坦で豊かな土地、過剰な人口を持つ資源貧国の日本を幻惑させるに十分だったのです。

 

日本は国際連盟を離脱し満州国を建国すると、さらに満州の緩衝地帯を得ようとして熱河作戦を開始し、ついに山海関を越えて中国領内に入り込みます。

 

結果、1933年に塘沽停戦(タンクーていせん)が結ばれ日中の武力緩衝地帯が築かれますが、陸軍の中国国内への干渉は止まらず、とうとう泥沼の日華事変に突入してしまうのです。

 

関連記事:栗本鋤雲はどんな人?医者から官僚、ジャーナリストに転身したマルチ人物

関連記事:国家予算の1%を投入!岩倉使節団の功績って何?【大人の学び直し】

 

日本史ライターkawausoの独り言

朝まで三国志2017-77 kawauso

 

満州事変は一片の疑念の差しはさみようがない自作自演の侵略ですが、一方的な蒋介石による条約破棄、張学良による日本人や朝鮮人居留民、日系企業への不法な嫌がらせ、そして、外交的な紛争解決努力を一切しようとしない中華民国政府に対し日本政府が無力であり、それに失望した関東軍が独断で行動を起こした心情は理解できます。

 

外交交渉は双方の真摯な努力あって結実するもので、中華民国が排日を放置し、けしかける以上は、日本がどんなに交渉しようとしてもどこかで武力紛争になったでしょう。

 

満州事変は関東軍の独断による侵略行為ですが、それが起きた原因には中華民国の排日政策と条約無視のルール違反があった事は疑いありません。この事実を隠して日本だけを批判するのは歴史を正しく後世に活かす事には繋がらないでしょう。

 

関連記事:日露戦争とは?大日本帝国の命運を賭けた大戦争の光と影を解説するよ

関連記事:自由民権運動とは?明治の国民を熱くした日本民主主義の原点について解説

 

【攘夷魂!テロに走ったサムライ達】
俺達尊攘派

 

 

関連記事

  1. 飛行機(プロペラ)に乗るkawausoさん

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2021年 11月 13日

    日中戦争は戦後の教育で全て日本側が悪いと教えられて来ましたが、結局交渉に取り合おうとしなかった中国も悪いっちゃ悪いわけですね

“ほのぼの日本史Youtube"

 

“ながら日本史

音声コンテンツ(ながら日本史)

PAGE TOP