鎌倉時代

承久の乱の目的は鎌倉幕府打倒ではなかった?

軍旗

 

承久(じょうきゅう)の乱は鎌倉時代の中期、朝廷の勢力挽回を図る後鳥羽上皇(ごとばじょうこう)が鎌倉幕府の中心人物である執権北条義時(ほうじょうよしとき)の追討を掲げて挙兵したものの、1ヶ月程度で幕府に敗れ、後鳥羽上皇をはじめとする3人の上皇が島流しになった事件です。

 

承久の乱を契機に東日本の地方政権だった鎌倉幕府の支配が西日本まで拡大するのですが、最近の研究では、挙兵した後鳥羽上皇は幕府を打倒する意図はなく、北条義時個人の追討に過ぎなかったのではないか?とする説が出てきたのです。

 

後鳥羽上皇の院宣に倒幕の文字はない

book-saiyuki(西遊記-書類)

 

承久3年(1221年)5月15日、後鳥羽上皇は「北条義時追討の院宣」を下します。この院宣をもって承久の乱は始まった事になるのですが、この中で後鳥羽上皇は倒幕を掲げているのではなく

 

”京から派遣した公家将軍を蔑ろにし政治を好き放題に操る北条義時は不忠であるから、その権能を差し止めて天皇自らが命令を下す。決定に叛くものは成敗する”

 

このように義時の横暴を非難する内容であり、どこにも倒幕の文字はないのです。

 

鎌倉幕府と呼ばれる政権のトップは当時の言葉では「将軍」ではなく「鎌倉殿(かまくらどの)」であり、承久の乱当時の鎌倉殿はまだ幼齢の藤原三寅(ふじわらのよりつね)でしたが、その名前も追討令には一切出てきません。こう考えると後鳥羽上皇の目的はあくまで北条義時排除で、倒幕ではなかったとも考えられます。

 

関連記事:衝撃!宋銭の価値って?鎌倉の大仏になった宋銭

関連記事:鎌倉時代が始まったのは1192年?それとも1185年?

 

公家と武家は常に対立していたわけではない

京都御所

 

従来の日本史では、公家と武家は絶えず対立していたと考える「公武対立史観」が主流でした。しかし、近年は、こうした考えは見直されつつあり、公武は常に対立しているわけではなく、協調したり時には依存していた関係の時もあったことが分かっています。

 

例えば鎌倉幕府についても、朝廷は幕府が清和天皇(せいわてんのう)の血を引く源氏(げんじ)の将軍が続く間は容認の構えで、日本を二分して共同統治の感覚でした。ところが、源氏将軍が三代目の実朝(さねとも)で途絶え、朝廷から派遣された公家将軍の藤原三寅(ふじわらのみとら)を軽んじて、陪臣の北条義時が政治を主導するようになると朝廷は不満を爆発、義時討伐に舵を切る事になったと考えられています。

 

こうした研究成果を見ると、後鳥羽上皇が幕府を憎んで承久の乱を起こしたのではなく、朝廷の威光を無視した横暴な義時を排除する事が目的だったと考えても違和感はありません。

 

関連記事:意外!平安京は未完成で終った残念な首都だった

関連記事:日本人必見!楠木正成(くすのき・まさしげ)は孔明に並ぶと讃えられた忠義を尽くした武将

 

【蒙古が海からやってきた】
アンゴルモア合戦記の特集

 

後鳥羽上皇の挙兵

蒙古兵に先駆けをする竹崎季長(鎌倉武士)

 

後鳥羽上皇が流鏑馬揃えの名目で集めた軍勢は、当初1700余騎で、上皇が引き立てた武士のほか、有力御家人の尾張守護小野盛綱(おのもりつな)や近江守護佐々木広綱(ささきひろつな)、検非違使判官三浦胤義(みうらたねよし)も含まれていました。

 

また、幕府の出先機関である京都守護の大江親広(おおえのちかひろ)は上皇方に加わっています。上皇挙兵の知らせは親幕派の伊賀光季(いがみつすえ)西園寺公経(さいおんじきんつね)の使者により、5月19日に鎌倉に伝わります。

 

幕府首脳陣は、鎌倉幕府のゴットマザー北条政子(ほうじょうまさこ)邸に集まり、政子は戦う事を決めて、側近の安達景盛(あだちかげもり)を通じて自身の言葉を御家人に伝えました。

 

おんな城主 直虎

 

内容はよく知られているように、「貴族の番犬として酷使された武士を解放し地頭として暮らしが立つようにしたのは誰であったか?今こそ、亡き頼朝公の御恩に報いる時ぞ!」

 

このように御家人の結束力に呼びかける名演説だったようです。翌日、義時の館で軍議が開かれますが、大勢は箱根の関を固めて後鳥羽院の軍勢を迎え撃とうという意見でした。

 

しかし、幕府の重鎮大江広元(おおえのひろもと)が、息子の大江親広(おおえのちかひろ)が上皇方に付いたにもかかわらず「運を天に任せて京に攻め上るべし」と反論、義時や政子は広元の意見を受け入れます。

 

幕府軍は、東海道、東山道、北陸道と軍を三方に分け進軍しますが、京に近づくにつれて、幕府に味方する武士で兵力は膨れ上がり、吾妻鏡(あずまかがみ)によれば19万騎に達しました。

 

関連記事:平家は一日にして成らず苦労して成りあがった平家ヒストリー

関連記事:日本はどうして経済格差が小さい社会を築けたのか?

 

後鳥羽上皇敗北、承久の乱終わる

公家同士の会議

 

後鳥羽上皇は、幕府軍が19万の大軍で京都に向かっていると知って仰天します。院宣さえ出せば、義時が上皇方についた御家人に殺され決着がつくと楽観的に思い込んでいたのです。

 

上皇は、慌てて藤原秀康(ふじわらのひでやす)を総大将に17500余騎を美濃国に差し向けますが、東山道軍(とうさんどうぐん)武田信光(たけだのぶみつ)小笠原長清(おがさわらながきよ)率いる5万騎に大井戸渡で敗北。秀康は宇治・瀬田で京都を守るとして、早々に退却します。

 

次に6月6日、北条泰時(ほうじょうやすとき)北条時房(ほうじょうときふさ)の率いる主力の東海道軍10万騎が墨俣の陣に攻め掛かるも、敵陣はもぬけの殻で上皇方はすでに総崩れで退却していました。さらに北条朝時(ほうじょうともとき)率いる北陸道軍4万騎も、砺波山(となみやま)で上皇方を撃破し、加賀を経由して京都に進撃、上皇方は袋のネズミになっていきます。

 

当初見込んでいた鎌倉方の離反がなく、鎌倉方の進撃は予想以上に迅速なため、上皇方は動揺し洛中は大混乱、後鳥羽上皇は残る兵力を、宇治・瀬田に布陣させて宇治川で幕府を防ぐ最後の防衛ラインを敷き、6月13日に幕府軍と上皇方は激突しました。

 

上皇方は宇治川の橋を落とし必死の防戦をしますが、幕府軍は豪雨の増水で多数の溺死者を出しながら敵陣を突破、上皇方はここで完全に壊滅します。

 

幕府軍は、6月14日には京都になだれ込み、数日後、後鳥羽上皇は、三浦胤義や山田重忠(やまだしげただ)の徹底抗戦すべしという訴えを門前払いとし、今回の挙兵は側近が勝手にやった事で私は知らないと弁明し義時追討命令を撤回。承久の乱は幕府の完勝で終わりました。

 

関連記事:モンゴルが日本を攻めたのはデマが原因か?意外に知られていない元寇

関連記事:蒙古襲来!鎌倉武士はあまりやる気が無かった?

【次のページに続きます】

 

1

2

関連記事

  1. 京都御所
  2. 攻め寄せる蒙古兵(モンゴル軍)

    元寇

    そうなの?蒙古襲来絵詞はかなり盛られていた!?

    私達が歴史教科書で習う蒙古襲来と言えば、必…

  3. Changan(長安)

    鎌倉時代

    戦国時代の鎌倉はどんな土地?畿内から離れた各地域の状況を解説

    戦国時代の日本の中心畿内から離れた地域を紹…

  4. 鎌倉時代の侍(武士)

    元寇

    文永の役で元軍が敗退した理由は湿地にあった!

    文永11年(1274年)10月5日、蒙古と…

  5. money(お金・宋銭)

    室町時代

    徳政令とは何?借金を合法的に踏み倒せた背景とは?

    借りたお金は返すというのは、子供でも知って…

  6. Changan(長安)

    鎌倉時代

    やられたらやり返す!怖いけどスマートな武士の報復を紹介

    ドラマ半沢直樹(はんざわなおき)で有名にな…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

“ほのぼの日本史Youtube"

 

“ながら日本史

音声コンテンツ(ながら日本史)

PAGE TOP