比企尼とはどんな人?頼朝を救い続けた乳母の生涯【鎌倉殿の13人】


比企尼 女性 鎌倉殿の13人

 

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で草笛光子(くさぶえみつこ)が扮しているのが比企尼(ひきのあま)です。比企尼は源頼朝(みなもとのよりとも)乳母(うば)で、現在、あまり目立たない存在ですが比企尼の存在無くしては、流人の頼朝は満足な生活が出来なかったであろうというほど物心両面で援助しました。

 

そして、比企尼の娘たちなくしては、あの薩摩島津家(さつましまづけ)も生まれなかったのです。今回は頼朝を献身的に救い続けた比企尼について解説します。

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

姉妹メディア「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

yuki tabata(田畑 雄貴)おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、姉妹メディア「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


色々不詳な比企尼

三国志ライター黒田レン

 

比企尼については実名も父母も不明です。夫は藤原秀郷(ふじわらのひでさと)の流れを汲む比企掃部允(ひきのかもんのじゅう)でした。平治の乱(1159年)で源義朝(みなもとのよしとも)が敗死すると14歳の嫡男(ちゃくなん)、頼朝は伊豆国に流罪と決まります。

 

伊豆へ島送りの刑となる源頼朝

 

この時、すでに頼朝の乳母であった比企尼は武蔵国比企郡(むさしのくにひきぐん)の代官となった夫と共に京都から領地の武蔵国に下向すると治承(じしょう)4年(1180年)秋まで20年間、伊豆の頼朝に米の仕送りをし続けた事が鎌倉幕府の歴史書、吾妻鏡(あずまかがみ)に出ています。

 

関連記事:平清盛とはどんな人?八方美人はなんで独裁者に変貌した?【鎌倉殿の13人】

関連記事:伊東祐親とはどんな人?時代が読めなかった義時の冷酷で偉大な祖父【鎌倉殿の13人】

 

 

 

当時の乳母はただのベビーシッターではない

井伊直政、直虎

 

いかに比企尼が情深(なさけふか)い人だったとしても実の子でもない頼朝にここまで尽くすのはちょっと普通ではない感じがします。ましてや、相手は権勢を振るう平家に弓を引いた人物なのです。しかし、平安時代末期、特に院政期の乳母というのは、ただ授乳をして子供の面倒を見るベビーシッターではありませんでした。

 

当時、人に乳母を頼むのはその人と親戚になるのと同じ意味で、乳母を頼まれるというのは、「あなたを身内同様に信じています」という大変な名誉でした。

 

つまり、比企尼は河内源氏の御曹司(おんぞうし)の養育を義朝に直接頼まれたわけで、当時の源氏は貴人ですから比企尼にとっても非常に光栄な事だったのです。

 

直垂を着用する源頼朝

 

乳母になると、子供が成長した祝儀で身内同様に金銭を送るなど、決して簡単な事ではありませんが、比企尼としては、「義朝殿に是非と見込まれたのだから意地でも頼朝殿に尽くして一人前にしないといけない」という使命感があったのです。

 

関連記事:大庭景親とはどんな人?石橋山で頼朝を破った平清盛の忠実な配下の生涯【鎌倉殿の13人】

関連記事:梶原景時とはどんな人?義経と敵対し悪役にされた頼朝の忠実な部下【鎌倉殿の13人】

 

はじめての鎌倉時代

 

日本史に足跡を残す比企尼の娘たち

水滸伝って何? 書類や本

 

比企尼には娘が3人いて、源範頼(みなもとの・のりより)の系譜である「吉見系図(よしみけいず)」によると長女の丹後内侍(たんごのないじ)惟宗広言(これむねのひろのぶ)と密かに通じて島津忠久(しまづただひさ)を産み、その後、関東に下って頼朝の家来となる安達盛長(あだちのもりなが)(とつ)いでいます。

 

島津忠久は比企能員の家人として手柄を立て、文治元年(1185年)8月17日付で頼朝の推挙で摂関家領島津荘(せっかんけりょう・しまずそう)下司職(げすしょく)に任命され、その後島津荘の惣地頭(そうじとう)に任命されました。ただし、忠久が薩摩に土着したわけではなく、土着が確認されるのは五代目の島津貞久(しまづさだひさ)からですが、その種は忠久が蒔いたと言えるでしょう。

 

伊東祐親 鎌倉

 

比企尼の次女、河越尼(かわごえのあま)は武蔵国の有力豪族河越重頼の正室となり、三女は伊豆の有力豪族、伊東祐親(いとうのすけちか)の子、祐清(すけきよ)に嫁ぎました。祐清は比企尼の三女を妻にした縁で頼朝が祐親の娘の八重姫と関係し祐親に襲撃されそうになった時に、密かにその事を告げて頼朝を逃がし、自分の烏帽子親(えぼしおや)でもある北条時政を頼るように助言したそうです。

 

比企尼の三女は伊東祐清死後には源氏門葉平賀義信(げんじもんよう・ひらがのよしのぶ)の正室になっています。

 

河越重頼は武蔵国の有力な豪族でやはり比企尼の次女との縁で安房で再挙兵した頼朝に味方して従軍しています。また、次女と三女の娘は、それぞれ頼朝の異母兄弟である源範頼や源義経に嫁いでいて、すべてにおいて頼朝の勢力を強化しようと動いている様子が分かります。

 

関連記事:島津斉興の家系図はどこに繋がる?鎌倉から幕末までを網羅

関連記事:源義経とはどんな人?平家を滅ぼした英雄はどうして兄に疎まれたのか?

 

源頼朝

 

 

 

比企尼のお陰で頼家の外戚となった比企能員

京都御所

 

娘には恵まれた比企尼ですが、男子には恵まれず甥の能員(よしかず)猶子(ゆうし)として比企家を継がせました。

 

ここまで比企尼に助けられた頼朝が恩義を返さないわけがなく、能員は比企尼のお陰で、娘を二代将軍頼家に嫁がせる事が出来、一足飛びに将軍家の外戚という鎌倉幕府の有力御家人へと上り詰めます。

 

三国志のモブ 反乱

 

しかし、能員には比企尼のような深慮遠謀はなく頼朝没後の西暦1200年、北条氏と敵対して時政に謀殺され一族は滅ぼされる悲劇に見舞われました。比企尼にとって唯一の救いは一族の滅亡を見なくて済んだ事でしょうか…

 

関連記事:北条時政とはどんな人?執権として幕府を操る人気のない真面目な謀略家

関連記事:北条義時とはどんな人?鎌倉幕府を全国区にした二代執権【鎌倉殿の13人】

 

 

 

日本史ライターkawausoの独り言

朝まで三国志2017-77 kawauso

 

比企尼の生没年は不詳ですが、吉見系図によると、孫が嫁いだ源範頼が謀反の疑いを掛けられて伊豆に流され誅殺された時、尼は頼朝に懇願(こんがん)して曾孫(ひまご)にあたる範頼の男子の範圓(のりかず)源昭(げんしょう)を出家させる代わりに助命を勝ち取ったとの記述があります。

 

それが正しければ1193年頃までは存命という事になりますが、頼朝により粛清される異母兄弟たちの悲劇を見て、どんな思いを抱いたのでしょうか?

 

関連記事:源範頼とはどんな人?義経じゃない方の総大将。真面目で地味な生涯【鎌倉殿の13人】

関連記事:北条政子とはどんな人?鎌倉幕府のゴッドマザーは嫉妬深い女だった?【鎌倉殿の13人】

 

ほのぼの日本史Youtubeチャンネル

 

はじめての平安時代

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カワウソ編集長

カワウソ編集長

日本史というと中国史や世界史よりチマチマして敵味方が激しく入れ替わるのでとっつきにくいですが、どうしてそうなったか?ポイントをつかむと驚くほどにスイスイと内容が入ってきます、そんなポイントを皆さんにお伝えしますね。日本史を勉強すると、今の政治まで見えてきますよ。
【好きな歴史人物】
勝海舟、西郷隆盛、織田信長

-鎌倉時代
-,